April 26, 2007

花まつり・千僧法要in東大寺

花まつり・千僧法要in東大寺
今日は青年仏教徒の日として、全日本仏教青年会による『花まつり・千僧法要』が東大寺で執り行われた。
私は金峯山青年僧の会の法螺師して出仕させていただいた。
昼に集合して大仏殿右横の『アショカピラー像』のお掃除。
その後、衣体に着替えて『千僧法要』。
法螺を先頭に全日仏青はじめ沢山の僧侶が大仏殿に入堂。大仏様の蓮台下に登らせていただき、大般若転読法要を行った。
退堂して次は『アショカピラー像』前で法要。今年は釈迦誕生仏が設けられたので、甘茶をお釈迦様に掛けさせていただく。

今年も沢山の青年僧が全国各地から宗派を超えて集結し、世界平和を願った。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

February 25, 2007

山口県・湯田温泉『湯別当・野原』

金曜日,出張から足を伸ばして山口県に.
行ったのは山口の温泉地『湯田温泉』.
新山口駅から車で20分くらいの温泉地である.
ここは以前に訪れ,いい温泉だったので,このところのお疲れを癒すために宿を取った.

今回のお宿は『湯別当・野原』
別当なんて名を聞くとこころが惹かれるもので,名前だけで予約を決めた.

由緒書きは以下である.
***********************************
時は室町時代、この地に真言宗「竜泉寺」というお寺があり、境内に小さな池がありました。
あるとき、足を痛めた年老いた狐が、痛めた方の足をその池につけているのを住職が見つけました。狐は、七日七晩その池に足をつけにきましたが、足の傷が治ったためか姿を見せなくなりました。
狐が来なくなったことを残念に思った住職が、狐の巣穴をさがしてみると、そこは大内広世が熊野三所権現を祀った権現山でした。
これはただ事ではないと考えた住職が、年老いた狐が足をつけていた池を掘ると、なんとそこからは温泉が湧き出ていたのです。
さらにその池からは、金色の薬師瑠璃光如来像が現れたので、住職は薬師堂を建立し、温泉の湧く池を屋根で覆いました。
 その噂を聞き付けた多くの人がこの池を訪れて、薬師瑠璃光如来を拝んで温泉に入ると、病が癒され、健康を取り戻したと伝えられています。
***********************************
この野原家は薬師如来をお祀りし,末代まで温泉を守るようにとのお達しから湯を守る別当『湯別当』と言われるようになったとか.

なんとも不思議な話.
熊野権現様といい,宿泊したのがお薬師さんの日にお薬師さんのお宿.
お湯もヌルスベのアルカリ性(かな?).源泉からの一番湯.掛け流し.と”温泉は”いいことずくめ.
お宿はちょっと一昔の温泉旅館です.

近くに『だんだん茶屋』なるお店があり,この居酒屋は結構おいしい.店長さんの人柄もよくてオススメです.
今年は九州・岡山の仕事が入ってきたので,ちょくちょく行くことになりそうです.

このところのハードワークに疲れた身体にはいいお湯でした.
玄関のエントランスに祀ってあった『薬師如来』を拝んで,宿を後にした.
昨日の晩に自宅に戻って,朝まで仕事.
今日は合奏練習にも行けずまだまだ仕事は続きます....
また寝るのは朝日を見てからかなぁ~♪

| | Comments (4) | TrackBack (1)