« 納めのご縁日 | Main | 荒神さんにお稲荷さん。 »

December 26, 2012

大掃除

今日は自室(拝み部屋)の大掃除。

ぜーんぶ移動して、拭き掃除。

新たな年を迎えるにあたり張り切ってます。

明日は明日で相談者が来られるとのこと。

ということで、明日までには完了せねば。

|

« 納めのご縁日 | Main | 荒神さんにお稲荷さん。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

袈裟を調べていてここにたどり着きました。教えていただければ幸いです。小さな町でやっているお祭りの花嫁行列に、今年、初めて加わった方がいまして、麻ひもをきものの上にかけている人がいたのです。町の年配の人たちは不審がって、何人もの人が、あれはなんだという話をしていました。私は不思議なアジアンノットだと思ったのですが、よくよくみれば、羽黒山の注連と同じ組み方でした。これは結婚式の行列にはまずいでしょうか?

Posted by: kuroneko | December 29, 2012 03:30 PM

kuronekoさま。

はじめまして。書き込みありがとうございます。
その方は恐らく羽黒の修行に行かれた方なのでしょう。
正装にと羽黒で授与された袈裟を付けられて花嫁行列に参加されたのだと思います。
袈裟であることについては、現在ほとんど理解されていないのが現状でしょう。
『まずい』とは思いませんが、稀有なものを見ると誰でも不審に思われますので、その方は皆さんへの説明をなさる必要はあると思います。

Posted by: 真成 | December 31, 2012 02:05 PM

今年もあと数時間、この一年をかみしめて過ごしております。
回答に感謝します。まずくはないけど、何か説明が必要なのですね。私は見物人でしたが、公民館には何人も質問に来て対応に苦慮されたそうです。ご本人は、悪気はなかったと思います。花嫁行列が正装なのに、ひとりだけそうでないきもので、袈裟をかけて正体不明、と思われたようです。得度や修行についてはご本人の回答がないので不明ですが、正装のおつもりなんですね、機会があれば擁護に回ろううとおもいます。新しいお祭りというのは町おこしをかねて若い人たちが一生懸命に作っているものです。でも、地域のさまざまな年齢層の視線が、そのお祭りを注視しているので
自分だけの正当性を主張されると、その地域の人たちに波紋を起こすと、学ばせていただきました。ありがとうございました。
ところで
真成という親戚の元看護師で尼さんがいました。このひとは従軍看護婦で、みとった兵士の方を弔いたいと出家した人でしたが、この名前はやはり宗教的な名前なのでしょうか。何も知らずにお頼りしましたが、実はお名前にひかれたのでした。来年が、ドアの外にいるような時間に失礼しました。被災地より、感謝申し上げます。

Posted by: kuroneko | December 31, 2012 08:33 PM

年末に書き込みいただきながら返信が遅くなりました。

袈裟をつけてこられた方が説明くださらなければどうしようもありませんよね。近しくなられたら、説明責任とでもいいましょうか、教えてあげてくださいませ。

真成という名前ですが、他にもおられると思います。
この名前は仏弟子になる儀式・得度のときにいただいた僧としての名前です。
親戚におられたとのこと、何かのご縁でしょうね。
本年もどうぞよろしくお願いします。

Posted by: 真成 | January 24, 2013 04:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大掃除:

« 納めのご縁日 | Main | 荒神さんにお稲荷さん。 »