« June 2011 | Main | August 2011 »

July 29, 2011

さてさて、今から拝むとします

お約束していたもの。


ようやく納得いくものが、お求めの数に到達。
お不動さんを拝んでから、ラストスパートして作り上げました。


さてさて、今から毎日行っている祈願のため拝むとします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2011

さてさて、今から

今からお不動さんのご縁日の南無南無をするとします。


先ほど、とあるお寺の若さんから電話をいただいた。


連絡がないのでどうしてるのかとメールしようかと気にしていたところ、通ずるものなんでしょうね。
電話がかかってきました。


元気そうで、何よりでした。


さてさて、拝みます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2011

脱皮不全・羽化不全

仕事の話。


仕事としては実家の会社で建築関係の設計をしておりますが、もう一つに害虫駆除の会社にも顔を出しているのです。
たまにしか会社に行きませんが、なんやかんやと対外的な仕事が任されています。


害虫・害鳥・害獣といっても、『人間にとって』害虫名だけで、虫さんハトさんたちにとっては。。。
とはいえ、菌を運んだり、噛み付いたりと、人間の生活にとって『害』を及ぼすわけです。


先のネタで、セミが羽化不全であると書きましたが、『シロアリ』『ゴキブリ』という虫もこの成長不全を起こさせて駆除するのです。


シロアリは、口と口で、もしくは肛門と口でえさを渡して、巣の中にエサを運び込みます。
この生態を利用して薬を巣の中に運び込み、巣内に住んでいるシロアリの成長を阻害して成長不全を引き起こし、巣ごと壊滅させるのであります。


ちょっと補足。
一般的な薬剤散布で目の前にいるシロアリを駆除できたと思っても、土中には直径1メートルくらいの巣がしっかりとありますので、再びシロアリは発生します。
根本的な対策をせずに、カモのようにたかる業者はいますので、お気をつけアレ!


ゴキブリの場合は、一般的な除去剤ではなくプロ使用のものはゴキブリの移動経路を想定して薬剤を散布します。この散布剤の上を通過したゴキブリ。
意外にきれい好きなゴキブリは自らの身づくろいをするのです。
この身づくろいの際に、薬剤を自ら口に運び摂取。
この薬剤は、脱皮を阻害するもので、脱皮を繰り返して大きくなるゴキブリにとっては、脱皮しようとしても脱皮できずに。。。


脱皮や羽化の不全を利用して駆除する。
うまく考えたものだと思う反面。。。気持ちは複雑であります。


薬剤は人体には影響は。。。あります。


〇余談で。
使用する薬剤の濃度は、うろ覚えながら以下に
『365日毎日薬剤をマスクをせずに散布して施工したとして、健康に被害の出るであろう濃度』の


『 1000分の1 』


今の放射能汚染の食物の話と似ていますね。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

羽化不全?

ほんわかプーさんの記事から、気になってたことを書くとします。


毎年この暑い時期が来ると、我が家の庭木にはセミがとまり、思いっきり鳴いてくれます。


今年はまーったくその声が聞こえないのです。


とはいえ、枝にはセミの抜け殻が沢山引っかかっているのを見ると、今年も沢山羽化しているようです。


それと同時に気になることが。。。


羽化できず、そのまま地面に落下してアリに囲まれている固体の数の多いこと。


実際、落下してもがいているセミを樹に捕まらせたことが、今年は何回かありますし、
背中に割れ目があるにもかかわらず、羽化できず中にとどまったままで死んでしまっているのも。


セミの羽化不全はよくあることとネットでは書かれてますが、今までこんなに沢山の羽化不全はなかったので、
自然の変化によるものなのか。。。なんて考えたりしてます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 25, 2011

ぽた詣り 住吉周辺

ぽた詣り 住吉周辺
ぽた詣り 住吉周辺
ぽた詣り 住吉周辺
ぽた詣り 住吉周辺
トレーニングを兼ねて、久々にポタリングを再開することにした。


相棒は最近購入したミニベロ。
20インチの自転車である。


今回の目的は住吉大社。
土曜日の松尾と梅宮に続いて二十二社に名を連ねる神社である。


10時に家を出て三十分で四天王寺前を通過。住吉大社前の和菓子屋さんに到着したのが十分後。
11時には住吉大社に到着。お詣りしてご朱印を頂き、次の目的地。


次は住吉大社の神宮寺であった三つの寺のうち、現存している『荘厳浄土寺』。
四天王寺と同格であったとお寺の掲示にあったが、宇佐八幡や岩清水八幡の神宮寺本尊のような丈六の仏さまは存在しなかった。
本堂と護摩堂をお詣りして次の目的地。


次は、阿倍野神社。
あべさんの野やから、阿倍野なんですよね。
とはいえ、北畠氏を祀った神社ということですが、神仏霊場会に入っているとのこと。。。


時間がなかったので、そのまま帰路に。
途中、天満橋で天神祭の渡御船に出合う。
帰宅は昼2時。
次はどこに行こっかなぁ〜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2011

京都西山 松尾大社 梅宮大社 善峰寺

京都西山 松尾大社 梅宮大社 善峰寺
京都西山 松尾大社 梅宮大社 善峰寺
京都西山 松尾大社 梅宮大社 善峰寺
今日は朝から病院にお世話になったために、少々遅めの出発。


高速は使わず、地道で本日の目的地 松尾大社に向かう。
目的は禁足地のお山に鎮座する磐座を登拝するため。


松尾大社に着いたらまずは本殿に参拝。
次いで、磐座登拝入り口で受付。
禁足地内での心得、火気厳禁やカメラ撮影禁止などの説明を受ける。


ですので、禁足地内の画像はありません。
よかった場所は、滝場の天狗岩、亀の水場、水元さん、磐座。
かなり大きく威厳のある磐座でした。
磐座の前で南無南無…


下って、川を渡ってすぐの『梅宮大社』。こじんまりした神社ながら、二十二社に名を連ねるところ。
しっかり拝んできました。


つぎは、善峰寺。
言わずと知れた西国札所。
本堂内で観音経一巻読誦。
このお寺の松は樹齢600年の五葉松『遊龍の松』。こんな立派な松は初めて見ました。必見です。
境内は桂昌院の寄進でかなり整備されたようで、立派な伽藍であります。


帰りに、二十二社の1つ、大原野神社にお詣りしようとしましたがタイムアウト。帰路につきました。


さてさて、明日は大阪を廻ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2011

訃報

先日郵便が届いた。


名前も聞いたことない人から。


内容は、高校時代の文化祭運営委員のメンバーに宛てたもの。
先輩の訃報であった。


さてさて、かなり前の話。
亡くなった先輩の顔が思い出せない。
文化祭運営委員以外に体育祭運営委員が主だったとはいえ、片足突っ込んでたしななんて言い訳しながら。


昨日、久々に台所に立った。
夕飯の支度をしていると、頭に先輩の顔が浮かんだ。


すると、涌き出るようにどんな人だったか思い出してきた。


お盆にみんなで喫茶店に集まって、先輩の思出話を話すそうだ。
すでに予定があり参加はできないが、うちで南無南無するとします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 19, 2011

抹茶茶碗と…

抹茶茶碗と…
陶芸教室に参加することがあり、作品が完成してきました。


抹茶茶碗と五輪塔。


茶碗作りであまった粘土。
何を作るともなく、手は五輪塔を。
もちろん、底にはお経を納める孔も。


このお茶碗を持参して、てるてるさんにお茶をごちそうしていただこうかな〜♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

西国札所 紀三井寺と粉河寺

西国札所 紀三井寺と粉河寺
西国札所 紀三井寺と粉河寺
西国札所 紀三井寺と粉河寺
昨日は和歌山県立博物館で行われていた中津川行者堂の展覧会を観に、さらに近辺の西国巡礼をしてきた。


台風接近の和歌山県。
かなりの雨でしたが、いいお詣りをしてきました。


夕方には戻って自室の観音さまのご縁日をつとめた。
晩にはお一人様が初めてお詣りに来られた。
いろいろ話を聞いていて切なくなってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2011

体がふやけました。


半身浴しながらサッカー観戦。


いや〜うれしいですね。
ちょっとほろっとしてしまいました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 11, 2011

怪奇現象…

怪奇現象…
夕方5時。
うちのお大黒から内線が入る。


話している後ろではかなり大きな声が聞こえる。


先日、我が家に遊びにきた亡き母の姉。おばさんから頂いたものがある。


『般若心経ローソク』


火をつけると般若心経が流れるよ。
じぶんちにあってもどうしようもないから、うちの壇にお供えするわ〜


どでかいローソクで、亡き母の写真前に置いていた…


ここまで書けばお分かりでしょう。
火もつけてないのに般若心経が流れ出しました。
しかも、他の場所に移動すると鳴り止み、母の写真前でだけ鳴る…


まぁ、わたしの南無南無スペースはこんな感じであります。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 10, 2011

お山の後は

お山の後は
お片付け。


山袴に手甲、脚半、白衣、頭陀袋。
さらには、貝緒に法螺の網。


クンクン匂って臭いものはぜーんぶ洗濯機に。
袈裟と引敷はこのあとナノイー洗浄だ!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

蓮華入峰

蓮華入峰、正式には蓮華奉献入峰。
金峯山寺の正式行事であります。


7月7日、金峯山寺では蓮華会があり、その夕方に東南院集合。
8日、深夜に起床。夜が明けていない中、大峰山山上ヶ岳に向けて出発。十数時間の後、大峰山寺に到着。山上において、金峯山修験本宗五條覚尭管長猊下お導師のもと採灯大護摩供を厳修。
9日、下山。金峯山寺に昼に到着。
東南院で精進落とし、解散。


今回はいい弟弟子三人と一緒に入峰できたことがうれしかった。


自身は今回の入峰の直前に山で靭帯を伸ばしてしまい、いたみを持ったままの入行となった。
片足をかばえば、もう一方を痛める。お決まりの状態にもなりながら、隊の最後を歩かせて頂いた。


ところどころ一人になることがあった。


『耳元に きこえるお経 ハエの羽おと』


山川草木、すべてが神仏である。とは感じて修行しているが、今回はよくお経がきこえた。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 06, 2011

大黒はんの日、前倒し。

大黒さんのご縁日が『甲子』。


今度の甲子はちょうど峯中。
よって、今から用意して深夜に執り行います。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

収穫間近

収穫間近
我が家のトマト。


収穫間近。


今年はゴーヤも収穫できそうやし、楽しみです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 05, 2011

行者さんからのプレゼント

行者さんからのプレゼント
山伏よりも沢山の霊山を巡っておられる不動行者さん。


さて、この行者さんからプレゼントが届いた。


放射性物質も除去してしまう優れたフィルター付きの水筒。


さすが、目の付け所が違います。
ありがとうございます。大事に使わせて頂きます。

m(__)m

| | Comments (4) | TrackBack (0)

蓮華入峰と雅楽講習会、金峯山青年僧の会総会

7日から9日は蓮華会と蓮華入峰。
金峯山の夏の峰。


さらに、雅楽講習会が9日、10日とあります。
今年の演奏会でも催馬楽の主管を言われてますので必ず出席しなければならないのですが、一日はダメで…
この講習会は、宮内庁の元楽長先生を講師にお迎えしてですので、かなり大事なのです。


さらに、日曜日は金峯山青年僧の会の総会…
総長先生の講演は一般の方も会費は必要ですが聴講していただけます。


ただ、私は身動き取れずであります。(>_<)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2011

平成OSAKA天の川伝説 2011

平成OSAKA天の川伝説 2011
7月7日、七夕の夜。


大阪の天満橋界隈。
大川が『天の川』になります。


人々の願いを込めた光の珠『いのり星』が大川を流れて、まさに天の川が目の前に現れます。


時間は夜の7時から9時まで。
このイベントに賛同頂ける方は、京橋シティーモール前一階の特設販売所にて『天の川短冊セット』(税込1000円)を購入くださいな。


うちは縁あってサポーターになってまして、何部かはありますので先着数名の方は私から差し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2011

夏越祓

夏越祓
水無月の夏越しの祓いする人は
千歳の命のぶというなり。


拾遺和歌集に載る歌だとか。


6月30日。一年の半分が過ぎました。
この半期につくった罪や穢れを祓うのが『夏越祓』。
とある神社で茅の輪をくぐって来ました。
変なスピリチュアル系の人が増えていました。。


それはいいとして、帰りに茅草を頂いて来て、ミニ茅の輪を作りました。
故事により、これを身に付けると無病息災だと。
数個しかありませんので、我が家にお越しの順に渡すとします。


1日。
新たな半年をがんばりませう。歧


画像は『自祓幣』とミニ茅の輪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »