« September 2010 | Main | November 2010 »

October 31, 2010

日曜日お昼

日曜日お昼
日曜日お昼
夕方から合奏があり、それまで南無南無三昧。


朝から我が家の神様方に感謝して今日は釜をボォ〜ンと。


昼ご飯にとそば打ち。
かなり上手にできました。


昼からは笛の自主練習。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 30, 2010

昨晩は雅楽鑑賞

昨晩は、とある雅楽団体の演奏会のチケットをいただいたので観に行ってきた。


演出すごくよかった。
パンフレットもよかった。
(うちでは私が編集。ちょうど昨日再入稿完了で、印刷に入ったので余計に気になって)
楽については自分も吹いている人なので、特にコメントはなしです。


それにしても、やっぱりネームバリューすごいね。
バックアップの資金力もなぁ。


という点で、自分ところの団体についてはどうしていくのがいいのかと自分で問題提起。


帰りはかっぱ横町のおいしいところでなんやかんや話して帰ってきました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 28, 2010

教会

今日、叔母がうちに。
なんやかんや話しているうちに、先日あった夢告の内容と合致した。


さらに話を聞くと、昔の神道系の先生の話になった。


先生が亡くなって20年、息子さんが跡を継いだと聞いていたその教会は今年の半ばに閉じたそうな。


手を合わせることの楽しさ、厳しさを教えてくれたこの先生。


幼稚園の頃に大寒の瀧行。御嶽山登拝。
神さん参りに、伏見の野施行。


思い出いっぱいの先生であります。
先生が亡くなる以前に解散を告げられて以来足も遠のいていたとはいえ、少しセンチになった昼下がりであります。


さて、今は11月から来年まで続く仕事の打合せからの帰り。
戻ってお不動さんのご縁日を始めます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

蔵王堂 二日目

昨日は一日蔵王堂に。


朝からさぶかった。


ヒートテックを身にまとい一日堂内に。
やはり体がさぶさに慣れていないため、皆さん口々にでる言葉はさぶい。


二百人近い団体さんやグループでお越しの方々、平日でしたが沢山おみえでありました。


夕方には帰宅。
ゆっくりお風呂に浸かって体を温め、一日を終えました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 26, 2010

蔵王堂 一日目

今回は青年僧の会での上堂で蔵王堂に。


一泊2日の予定であります。


お役は今回も堂内説明。


今日は握手を求められたりしました。
中でも、二百数十名で修学旅行で来られた神奈川?の女子高生。


蔵王さんをみて目を潤ませている子がいました。
彼女の心に何かが響いたのでしょうね。


明日も朝から堂内説明。
がんばりまっす!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

パンフレット完成

雅楽の演奏会のパンフレットがようやくできました。


こんな時間に。


明日、明後日は吉野でありますが、入稿まで時間がなくて、こんな時間までかかってました。


少し調子は芳しくないですが、2日間蔵王堂に上がる予定であります。


おやすみなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

このところのうまいもの〜麺〜

このところのうまいもの〜麺〜
このところのうまいもの〜麺〜
一つは大阪・中津駅下車のうどん屋さん。


注文の品は、『鳥天ぶっかけ・大盛』。


もう一つは、天神橋筋六丁目駅下車。
『くそったれ・パスタ小僧』というお店。


注文の品は、『えび・ベーコンのクリーム』
これまた大盛。


いずれもおいしいかったであります。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

October 25, 2010

悲しいなぁ…

週末は合奏練習や仕事で費やしました。


そうそう、先日ちらっと見かけた行者はん。


変わりましたね。


なんとも悲しいなぁ…

| | Comments (6) | TrackBack (0)

October 24, 2010

11月7日は演奏会

11月7日は、日本雅友会の定期演奏会。

場所は、上六の大阪国際交流センター。
時間は2時開場。2時半開演。


観てみたいという方は
dr_gan@hotmail.com
までご連絡くださいな。
ご招待させていただきます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 22, 2010

いただきもの

いただきもの
いただきもの
行者さまが立ち寄られた。


いつもながらにスッキリされていた。


打合せ中であったため、表で色々立ち話。


お土産に立山山頂の一本歯の下駄守を頂いた。
健脚守りだそうな。
さて、どこに付けようかなぁ〜


もう一枚の画像は、本山でわたしに会うと毎度喜んでくださる先生からのいただきもの。


『コーヒーゼリー』


まさしく、コーヒーゼリーである。
初めて食べましたが、おいしいです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

おうかがい

朝から神仏に『おうかがい』を立てた。


いわゆるご神託、ご託宣である。


暦から運気をみてお答えしたが、どうしても進めたい話とのことで。


その結果は暦からの内容と寸分違わないものであった。


ちなみに、行ったのは霊感でもな〜んでもない方法であります。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 21, 2010

夕方まで半拘束

ただいまバスの中。


大阪ガスの見本市とコージェネ現場の見学に夕方まで拘束されます。


といっても新製品の知識を深め、さらには見学会は温泉付きだとか。
拘束されるとはいえ、楽しい1日になりそうです。


なお、湯垢離のあと夕方自宅に戻りお大師さんのご縁日であります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 19, 2010

秋祭り

秋祭り
秋祭り
昨晩は近所の鎮守さんの秋祭り。
我が家もうどんや行者をお迎えして秋祭りを行った。


夕方から拝んで、秋祭りに行って、戻って直会。


お酒は、お供えいただいた『蔵王権現』。


よく回りました。
ですので、昨晩はそのままダウン。
うどんやさんにはお泊まり頂き、朝から南無南無。
楽しい2日間でした。


今遊びに(お参りに)お越しの方には何やかんやのお下がりがありますので、どうぞ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 17, 2010

too much

過ぎたるは及ばざるがごとし:故事成語の意味と由来
引用しました。以下に。


過ぎたるは及ばざるがごとし(すぎたるはおよばざるがごとし)
(意味)行き過ぎているのは道理の上からはかえって及ばないのと同じ。
出典:論語(先進編)


あるとき、弟子の子貢が、孔子に聞きました。
「師(弟子の1人、子張のこと)と商(同じく子夏)のどちらが賢なのでしょうか。」


孔子が、
「師は過ぎるし、商は及ばない。」
と答えたので、子貢が、
「では、師の方がまさりますか。」
と尋ねると、
「過ぎたるは、なお、及ばざるがごとし。」
と答えました。とさ〜


……………………………………………
『too muchは、なお、及ばざるが如し。さらに苦情を招く。』


あれではあきませんわなぁ…

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 16, 2010

蔵王堂 御開帳 堂内解説

今日は1日だけですが蔵王堂に。


わたしのお役目は堂内解説。


御開帳中の蔵王権現さまのご宝前で拝観説明を朝から夕方まで。


夕座勤行には小さい子供4人を連れたご家族と研修中のバスガイドさんたち、東京からお詣りの方とご一緒に。
なんやかんやで子供たちと仲良くなりました。


また、バスガイドさんたちは両備バスの大阪支社の方たち。
夕座勤行に参加して、回廊をまわり、時間も押してましたので最後に数分間で蔵王さんのお話をした。
みなさんしっかりメモしておられました。


ひさびさの堂内解説。1日中してました。
やはり参拝に来られた方々との交流が楽しく、また蔵王さんを理解くださるお手伝いをさせていただける有り難さを感じていました。


次回蔵王堂へのお手伝いは青僧の会で行う上堂奉仕と托鉢修行です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 12, 2010

鉄人28号

鉄人28号
南無南無タイム終了。
滞りを解消してくれるように願いました。


今日は昼前から新規事業の打合せで、神戸・新長田へ。


会社に向かう途中、広場で鉄人28号に出会った。
なんでも作者の方が出身なんだとか。


ん〜強そう。


ほんまにおったら、体当たりしてくる漁船もひとひねりしてくれるでしょうね〜

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 10, 2010

なにわ神楽

秋祭り。


今からお神楽。
晩の九時までの長丁場。


なにわ神楽。


剣に鉾、扇におろち。


神様に喜んでいただけるよう頑張ってきます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

たかのの山と金の峯

たかのの山と金の峯
昨日は朝から高野山と吉野山をお詣りしてきました。


あまりの疲れのため、帰宅早々体の電池がエンプティーになり、いつのまにかうたた寝。
起きて、これを書きながら携帯片手に再び寝てしまった次第。


ということで、以下に走り書き。
朝七時に出発。
向かうは高野山の奥・立里荒神。
母の生前は毎月月参りに行ってましたが、最近はおさぼりしてまして。。
このところは先月も皆で行きましたし、荒神さんづいてます。


奥の院にも向かい、塔婆供養。
最近亡くなった方や信者さんち、弟子んちの塔婆も勝手に書いてご回向。


高野山から吉野山。
雨の中、山の中、楽しいドライブとなりました。


吉野到着してもなお雨。ご開帳中の蔵王権現さまにご挨拶して、蔵王堂内をご案内。
師僧にご挨拶して帰宅。


今回のお詣りは、もう一軒ある会社の社長ご夫妻のリクエスト。荒神さんだけのはなしでしたが、ご開帳中ということもあり、吉野にお連れしました。
社長ご夫妻は信仰の篤いご家族だけに私のお詣り三昧には喜んで頂けました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2010

目を閉じると

目を閉じると
お経と木魚の音が聞こえます。


昨日の昼一時に開闢法要を行った『法華経不断修行会』。
交代で一昼夜法華経を不断に読じゅ。
一時に結願法要を行い、終了。


いつもは本地堂で行っていますが、今回のご開帳にあわせて拝観終了の後は秘仏本尊さまの真ん前でのほんまにありがたい修行となりました。


許可くださった管長猊下、また携わった皆様に感謝であります。


途中、休憩も仮眠もOKですが、やはり完全には体は休まっていないため、帰宅しましたがうつらうつら。


今はようやく布団の上に。
おやすみなさい。


写真は指の写り込んでしまった蔵王堂。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2010

明日は吉野で不断経

明日明後日はご開帳中の蔵王権現さまに法華経を読じゅしに行ってきます。


昼前から一昼夜。金峯山青年僧の会による不断読じゅ会。


久々の本山帰山であります。


先ほど法華経二十八品八巻を出してきました。
日頃は勤行集に掲載されている分だけですが、一昼夜ともなると二十八品を三回半くらい。


お近くの方はお時間ごさいましたらお詣りくださいませ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2010

高層タワーマンションから

高層タワーマンションから
の夜景。


見えるかなぁ〜大阪城を下に見てます。


ただいま、打合せの合間。休憩中です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

頭陀がズタボロ

得度してから手に入れた頭陀袋。
大学院の頃はほぼ毎日通学に使っていた。


卒業して実家に戻り、この数年前もほぼ毎日私の肩に掛かっている。
修行やお詣りにも。


このところ、体と擦れる箇所が少し薄くなってきたなと感じていた。


先日、財布を探して手を突っ込んだところ、いつもはないポケットが存在した。。。

中を見ると、内張りが破けている。
まぁいいかとそのまま使用していると、今日違う箇所も裂けていた。


まさしく、ズタズタであります。


さてさて、ハードユースに耐えられるいいものはないかの〜

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 03, 2010

今朝は

兄はきちんと出かけてました。


ただ、トイレの電気が点いていて扉も半開きだったり、風呂の蛇口の閉めが緩めやったりと兄には有り得ない急いで出掛けた形跡があちこちに見られ。。。
どうにか間に合っていればいいのですが。

昨晩も兄の帰宅は遅く、わたしも二時まで持ちましたがあえなく撃沈。


私のほうは今から用意して、仕事の打合せに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2010

今日は

今日は朝から、毎月頂いているお仕事に向かう。
それにしても体が重い。


出かける用意をしていると、兄が自室にいる!
えぇっ!


そう、兄もお疲れで、いつも土曜日は毎週朝から仕事に出かけるはずが、寝坊していた。
そんな兄を起こして出かけた。


今晩は夕方から子供雅楽講習会でしたが、変更して帰宅しました。


このブログを書いている尻から意識の電源が落ちる次第。少し仮眠して体を休めて仕事に戻るとします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2010

このところ

このところ実家のお仕事が忙しい上に、気になるところがあり、合間に南無南無。


毎日四時に就寝。七時に起床。
夕ご飯を食べて、拝んで、再び仕事にもどる生活。


今日も四時に就寝。起きてすぐに出発。
別の会社の1日拝み。
昼まで打合せなどをして、次なる地・京都。営業と誘致交渉。会社の売り込みなどなど。


仕事終わりに、先日の修験道ご開祖・役尊の厨子の修理を仏師に依頼。
修復プランをあれやこれやと話すうちに晩の8時に。


先ほどようやく自宅に戻り、今からうちの『おついたち』を勤めます。


眠たくなってきましたが、眠たい目はほっぺたに塗ったムヒのおかげで冴えてきました。


さてさて、南無南無タイムです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« September 2010 | Main | November 2010 »