« June 2010 | Main | August 2010 »

July 31, 2010

こども雅楽講習会

明日はこども雅楽講習会。


『雅楽に興味がある』とはっきり言えるこどもは皆無ですが、育った環境によって身近に感じる子はいるものです。
また、ご縁のものといえるのでしょう、ご紹介でお越しになる方も。


すでに先週、第1回目が教室が開かれ、20人の子供が参加。


昨年行った状況からも、数ヶ月の講習会でかなりの腕前に。


明日は朝から出たり入ったりの1日ですが、夕方から子供たちと楽しく雅楽を演奏してきます。


子供雅楽教室にご興味のある方はメールくださいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2010

む・とんちゃく

しゅうちゃくがなくなれば一番いいのですが。


今回は、『とんちゃく』


いわゆる『無頓着』ってやつです。


昼間に台所に行ったところ、流しに兄が食べ終えた食器が放置してある。


おいおい、自分のぐらい洗えよっと思いながら、スポンジに洗剤をつけてキュッキュ。shine


お箸に差し掛かったときにビックリ。


2本のお箸。一本ずつのフォルムが違う。。。


えぇっ!
ようこんな左右違う箸でご飯食べたなぁ。。。


と関心しながら、自分であれば絶対それはないな。


しょうもないところながら、『ものさし』は人それぞれやなぁと。


その『ものさし』。自分だけにであればいいのですが、ときに他人に対してころころ変化する人がいる。


先日まではミリ単位で話していたのに、今日は『尺』やったり。。。


そういってる自分もたまにインチになってたりするかも。
気をつけなければいけませんね。


**********

今日は朝から仏さんの魂抜きと護摩。
終わって、煙まみれの体を水浴びして外出。
仕事の打ち合わせ&現場調査。
戻って、たまった仕事を片付けてます。


妹よ。ちょっときつかったけど無事お帰りいただきました。
大丈夫です。あんがと。happy01

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 26, 2010

遍路

遍路
朝七時に出て、先ほど帰宅。
本日の無事満行を報告し、衣体を解いてホッとしたところ。


参加の皆さま、お疲れさまでした。
予報のにわか雨にも遭わず、今回も拝みまくりの至福の1日でしたね。


次回は一泊2日の行程です。


画像は納経帳と今回出動の頭陀袋。西国霊場の先達登録時に頂いたもの。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 21, 2010

納経

昨日の南無南無は、


以前に納経くださった般若心経のお写経を前に一巻一巻読誦して、願意を申し上げた。


その数、50巻


ほんとにありがたいですね。


うちみたいな南無南無部屋に納経下さるなんてね。


神仏の灯す光明は必ず人を導いてくれます。


こころ静かに神仏を信じて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2010

土用の入り とちょっと思うこと

暑い土用の入りですね。
昼ご飯に入った店で真っ黒に日焼けした庭師が庭木の手入れをしていました。


週末はとある場所に一晩籠もらせていただき、昨日は先達に導かれ大明神さまに初めてお詣りした。


たった一晩だけのお籠もりだが、何か明らかなご啓示があるかと厚かましくおもったが、やはり夢にはお立ちにならなかった。


そして、自宅に戻って昨晩は夢を見た。
その内容は書きませんが符合する出来事もあり、いろいろと考えさせられるものであった。


今晩は風が部屋を通る気持ちのいい夜。
南無南無するとします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 15, 2010

日曜日は 己巳

己巳の日は弁天様のご縁日。


庚申、甲子と続く六十日ごとのご縁日ウィークのラスト。


週末は夏安居にと寝袋を持ってお籠もり修行をしますので、今日は前倒しで南無南無です。


みなさま、体調はボチボチですのでご心配なく。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 12, 2010

甲子 大黒天ご縁日

明日は甲子。


ということで、今晩拝みます。


おさがりの大豆は明日以降お越しの方にお持ち帰り頂きますので、どうぞ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 11, 2010

習字の時間 と今日のご案内

習字の時間 と今日のご案内
昨日は朝から奈良県宗教者フォーラムに。


春日大社の拝殿で公式参拝。そんな場所で法螺を立てるというありがたいお役を頂きました。


自宅に戻って寝る前に、習字の時間。


以前に書いた護摩次第の汚いこと。
さらには、新たな護摩炉が届いたのにあわせて次第を書き直しました。


近々、我が家で修法しますので。


今日は金峯山青年僧の会総会。
天王寺の都ホテルで一時から。
正木晃先生・五條良知東南院ご住職・師僧田中利典執行長のお三方による講演会があります。


参加費は必要ですが、一般参加OKの講演会ですので是非ともどうぞお越しくださいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2010

アメリカンチェリー

アメリカの姉さんから届いた。


アメリカンチェリー


大好きなんだなぁ〜これが。


姉さん、ありがとね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

体調不良により

蓮華奉献入峯に参加しておりましたが、体調不良により下山しました。


医者からはしばらく安静とのこととでしたが、思いのほか悪く、少し無理をしたようです。


蔵王堂に戻って前日の蓮華会・蛙飛び行事の片付け・堂内説明・受付。
平日なのに色々な方がお詣りに来られて対応。いい1日でした。


それにしても、途中下山は悔しいですね。
しばらく体を休めるとします。大丈夫ですのでご心配無く斝


○奉献入峯にご参加の方々へ
お疲れさまでした。ご一緒できず、残念です。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。


追伸
こういうときに人のいろいろなところが見えるもの。いろんな意味で勉強になりました。粠

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2010

南無南無

車に乗っていると横を通り過ぎる自転車を見て目を疑った。


亡き母上さまかと思いきや、よくみると背格好のよく似た人であった。


目を閉じると今でも自転車で走る母の姿が浮かんでくる。


今、人の幸せを願うありがたいお役をさせて貰っているのは亡き母上の礎あってのこと。もちろん家族の理解なくしてはダメですが。


実の母はこの世を離れたが、息子と呼んでくれる『お母さん』がいる。


今日はそのお母さんのために手を合わせた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2010

蓮華会・蓮華奉献入峯について

七月7日。
吉野・金峯山寺で行われる『蓮華会』。
さらに8日早朝に出発して、吉野から金峯山山上本堂(現・大峯山寺)までの各所に蓮の花をお供していく『蓮華奉献入峯』が行われる。


醍醐寺三宝院さんの行う『花供入峯』と同様、夏の安居修行・夏安居(げあんご)として行われる夏花(げばな)である。
これは夏安居の期間中に花(樒・ツツジ・蓮・石楠花)などの花を山中の拝所や諸堂にお供えしていく修行のこと。


その昔は各山で行われていたようであるが、今に残す山は多くはない。


同時に行われる『蛙飛び行事』。
これは入峯修行後の験比べであり、蔵王堂正面左右に禮盤を設け、左右の行者が蛙を人間に戻すのを競いあうストーリーである。
今では入峯修行の後、すなわち出峯時に行われていないので、験比べであることを認識する人は少ないであろう。


今年もその7日が2日後に迫る。
私の山伏修行としての原点であるこの蓮華会に今年も参加である。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 04, 2010

奥の院

奥の院
今からお大師さんにお詣りしてきます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 01, 2010

夏越の祓と大峯

夏越の祓と大峯
とうとう七月。
昨日は夏越祓でしたね。


そんな6月30日。
とある団体のみなさんを先達して大峯に。


鯛も来ると聞き、期待してたが現れず、なんでおれへんねんとボヤきながらの入峯。


ありがたいことに『雨には一切あわず斝』、各表の行場・裏の行場もできて皆で無事山上詣りを終えました。


戻って、夏越し。
ヘロヘロながら、お山で頂いたお力を注ぎ行いました。
後半もいい半年になりますように綠


終わって、行者2人で酒盛り。
狭い部屋で神仏と宴会。
そして雑魚寝でありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2010 | Main | August 2010 »