« March 2010 | Main | May 2010 »

April 25, 2010

うれしいお知らせを頂いた。

土日の一泊2日。吉野山で上堂奉仕に入らせて頂き、先ほど上堂から戻りました。


戻って駐車場に車を停めようとしたとき、電話がありました。


子宮にできた筋腫が肥大して、胎児を圧迫。母体も痛みがひどかった。
決定打のクスリも胎児への影響も考え使えない。


ということでしたが、祈り始めて痛みが和らぎ、そして今日無事安産の知らせがありました。


よかった。よかった。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

April 21, 2010

喉元すぎれば。。。

なんやかんやとご相談を受けることがある。


喉元すぎれば、なんとやら。


そんな方がたまにいる。


人間への不義理は百歩譲ってまだしも、神さん仏さんへの不義理はあきまへんなぁ〜


そんな人の居るなか、まだまだ乗り越えねばならないとがあるとはいえ、今日はお礼詣りにお越しになった。
そんなあなたを神仏はちゃんと見ておられます絓


また、今日の私はいいものを頂き、なんともうれしい1日でした。
神仏とみなさまに感謝です。


さてさて、御大師さんのご縁日。
仕事終わりに雅楽のお稽古。戻って9時からナムナム予定。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 17, 2010

いちごまつり

いちごまつり
連日いちご。まさに、いちごまつり。


今日は朝からお出かけ。


いろんな方に会った。


戦死した兄にそっくりだとか、このぱっつんぱっつんに丸くなった笑い顔が好きだとか。


ありがたいなぁ〜

なにせ、元気いっぱい。
年はかなり離れているが、元気をもらった。


さてさて、明日もでかけるので前倒しで今から18日の観音様のご縁日を。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 10, 2010

桜の奈良・吉野

桜の奈良・吉野
桜の奈良・吉野
桜の奈良・吉野
今日は吉野山に。


三大行事の一つ、『花供懺法会』が明日と明後日の11日・12日に行われ、今日10日はそれに先立ち、花供会式でお供えする餅をつく『千本つき』と女人採灯大護摩供が行われた。


朝、吉野に到着するなりお役を頂く。
『托鉢』


托鉢は金峯山青年僧の会による毎年恒例の災害義援。山伏装束はやはり珍しいのか、托鉢前で記念撮影をなさる方がいて毎度戸惑う。


そのあとは、以前一年間させていただいた堂内説明ですので、新しいトピックスを交えながらさせていただいた。


今日は天気もよく、桜も満開の最高の1日。一旦山を下り、明日はご近所付き合い。
12日は再び吉野に上がり、お手伝いであります。


昼間のいい天気に撮影すればよかったんですが、何分外に出ることもなく蔵王堂内で堂内説明していたもので、夕方の撮影となりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2010

久々の心斎橋

久しぶりに心斎橋に。半年以上ぶりであります。


日頃は全く飲みませんので、南にも行くこともなく。
今日はおいしい割烹でご馳走になりました。
夕方の6時から11時まで。
長居しました。


ご馳走さまでした。ありがたや。


明日は朝から吉野に向かい、蔵王さんのお供をします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2010

お誕生日にかこつけて

お誕生日にかこつけて
今日はお釈迦様のバースデー。


一年間しまい込んだ甘茶を朝から探し出し、甘茶を作りお供えし、ひと拝みの後に外出。


夕方に帰宅して、うちの大黒さんにバースデーケーキを買って来てと頼んだ。


しばらくして戻ってきた大黒さん。
なんともうなだれている。(ToT)
『ご注文はバースデーケーキですね。お名前入れられますが、如何いたしましょう?』の問いに、


『お釈迦様』と言えなかったそうな。


さらに、『ロウソク何本いたしましょう?』の問いに、


何歳になったかわからず、必要な本数が言えなかったそうな。


『来年はちゃんと言うよ!』
との力強い決意表明を頂きました。


お釈迦様、ありがとう。
バースデーケーキ、おいしかったです。綠

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 07, 2010

天8・壱岐の家 久々

我が家近くの天神橋筋8丁目交差点にあるお店『壱岐の家』。


先月のオープン間もない頃に行って以来久々に行ってきました。
店内は立ち飲みです。


晩御飯を食べてからテクテク歩いてお店に。
昨日は、柚子小町と昭和仕込なる焼酎と、いつものイカの一夜干し、鶏のモモの炙り。いずれも300円くらいです。
ふんわり一夜干しとしっかり歯ごたえの地鶏。最高です。


晩にうちにお詣りに来て下さればお連れしますよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 05, 2010

たましずめとたまふり

たましずめとたまふり
昨日の勉強会での話。


鎮魂 と書いて2つ読み方がある。


『たましずめ』と『たまふり』


亡くなった後に行うものが『たましずめ』、生きている人が行うものが『たまふり』である。


研究者によっては死者の蘇生を願って『たまふり』を行うと捉えているひともいるようだ。(十種宝の一つのまかるかえしのたまが含まれているからだろう)


あと、今でもよくテレビで韓国などで葬儀が報道された折にでてくる『なきめ(なき女)』について。日本にも居て、三合や五合といったお米の多さによって鳴き声や泣き方が違うのだと。


この『なきめ』や『なき婆』が行う『みね』という泣く行為は、亡者の魂を鎮めとどまらせる働きをもつ。『るい』もまた亡者の生前の行いを述べることで魂を鎮めるのである。


ああかなしいかな。


葬儀の中で導師がこう述べて始める文。これもまた鎮魂のための『みね』や『るい』であろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2010

護摩助法と旨い蕎麦

護摩助法と旨い蕎麦
今日は3日。
弟子っこと綾部の護摩に助法。
お役は経頭。
声の出も良く、快調でした。
たくさんお土産を頂き、ありがとうございました。


帰りに旨い蕎麦を食べに向かう。
おっちゃんとの掛け合いの楽しいお店。
いろんな食べ方をさせてくれます。
なかでも、こだわりのワサビがかなりgood汴


楽しい1日となりました。
明日は京都で勉強会です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 01, 2010

4月

昨年末かなり悩まされた仕事。
後味はあまり良くなかった。


とはいえ、またまた電話があり、お仕事のご依頼。
前回は何やかんやと延ばされること数ヶ月。今回のは緊急とのことで週末挟んで3日間。えらくあっさりと終わった。


いつもこんな仕事でありますが、いまどきお仕事を頂けることに感謝であります。


そして今日。会議の予定を入れるため、四月の予定を聞かれ空いてる日をみると、週末あわせてたったの4日。
ほぼ出ていますので机に座る日が4日ということに。


ちと忙しい月になりそうであります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

姫路城と徳島・霊山寺・渦潮

姫路城と徳島・霊山寺・渦潮
姫路城と徳島・霊山寺・渦潮
姫路城と徳島・霊山寺・渦潮
姫路城と徳島・霊山寺・渦潮
平日なのに朝から姫路に向かう。
うちの大黒さんの両親リクエストで世界遺産・姫路城が見たいと。
11年大学に通いながら、一度も登ったことのなかった姫路城。今回、リクエストに応じたおかげで初めて登らせてもらいました。


技術に驚いた以外に、天守閣の中に地主神を祀ってあることにも驚いた。元々の小高い丘(山)に建てたお城。地主神を大事にすることは忘れてない。


お城を下ってくると入場制限がかかっていた。一時間の差である。


次に淡路島へ。
ランチは淡路島のハイウェイオアシスで。メニューにあった丸ごと玉ねぎのカレーを注文。甘くて柔らかい玉ねぎが一個丸ごと。三日坊主で使えそうなメニュー、と感じた。


そのまま淡路島をスルーして一番札所の霊山寺にお詣り。お遍路のさわりだけを体験してもらう。


ラストは鳴門の渦潮。
鳴門大橋の下にある施設。橋の真下に通路と展望室を設けて、海の上を歩くもの。高所恐怖症の方には厳しいですが、渦潮が真下に見えることもあるそうで、かなり好きな場所。今回は大潮ということで期待して行きましたが、閉館時間となり鳴門の潮の激しさだけを堪能。帰路についた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »