« September 2009 | Main | November 2009 »

October 31, 2009

高野山と山岳修験学会

高野山と山岳修験学会
今日は朝から高野山奥の院にお詣りさせて頂いた。
御大師さんにいろいろと聞いて欲しいことがありましてね。


その後、いつものお土産物屋さんに行ってお香を調達。ウダウダ話をしていると、おばちゃんから質問が。


いろいろお答えさせていただいてるとかなりの時間を費やした。帰り際に、富有柿を一箱お供えに頂いた。
ありがたや。 祈・商売繁盛


次に、親戚と合流してお昼を食べて、いざ高野山大学での『山岳修験学会』に。


いろんな方がお越しで、ご挨拶まわりを少々。
はじめは、御大師さんに九年間お食事を出されていた日野西先生の基調講演。


内容は、高野山は修験的な要素が濃く、特に、見つかった手文(資料)から高野山−大峯−熊野−葛城−高野山とめぐる山岳修行を行っていたとのこと。
また、行人方と呼ばれる高野山の修験集団が入峰修行していたと考えられていたが、学侶方のナンバー2が大先達として入峰していたことから入峰修行は高野山全体の行事であった。
さらには、西行法師はこの三山を巡る修行をしていたと考えられると。


先生の講演を拝聴し、皆様にご挨拶の後、すぐに紅葉で渋滞の山道を下りた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2009

新しい葉

新しい葉
写真は、枯れたと思っていた牡丹の鉢。
いつの間にか新しい芽というか葉が出てきました。


この鉢は牡丹の咲く頃、長谷寺の門のところで応募するボタンの鉢プレゼントでいただいたもの。


毎年ボタンの時期にお詣りしてました。
鉢を購入して帰ったり、懐かしい思い出です。
そんなボタンは毎年数鉢庭にあり、花を咲かせていました。今はもうどの鉢も枯れてしまっていました。


特にこの鉢は、うちの大黒さんが当選していただいたもの。愛着あるだけに枯れてしまい残念でした。


処分しようかと思っていると、いつの間にか小さな葉が出できており、しばらく観察しておりました。


枯れたと思っていても、どこかに新しい葉や芽は出てくるもんですね。
希望を捨てずってことなんでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2009

金峯山寺 体験修行

金峯山寺 体験修行
金峯山寺体験修行の先達を終えて無事帰ってきました。

今回の参加者は約三十名。
ほとんどの方が新客(初入峰の人をいいます)であった。


行程は、
朝10時吉野駅前集合。
受付を済ませてバスで五番関下まで移動。
隊列を整えて、入峰開始。
『六根清浄』の掛け念仏を唱えながら、急坂を登ること、20分。五番関到着。
ここから各拝所では般若心経やご真言をお唱えして勤行。
次は、大天井岳・小天井岳と吉野に向けて進む。


今日は天候がよくなくて雲に覆われていた。風も強く、かなり寒く感じた。


小天井岳で弁当休憩。あまりの風に早々に移動。二蔵宿(百丁茶屋)を目指す。
風が強く、隊の速度もゆっくりのため二蔵宿での護摩を中止して下山。九十丁でバスにピックアップしてもらい蔵王堂に。


蔵王堂で勤行の後、満行式。金峯山寺副住職・柳澤師から遂行書を頂き、解散となった。


今回、隊の先頭を仰せつかった。峰中、そう話す機会もなかったが、満行式の後、数人の方と立ち話ではあるがお話を伺った。

内容は書きませんが、皆さんにいいご縁がありますようにと祈るばかりである。


参加者の皆さん、バックアップくださった方々、いい修行の1日となりました。ありがとうございました。 拝

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 24, 2009

明日は久々吉野山

明日は久々に吉野山に向かいます。


金峯山寺の体験入峰のお手伝い。


五番関から九十丁までのルート。
行ってきまーす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2009

おだいしさん

『おだいしさん』と『おたいしさん』


『お大師さん』と『お太子さん』
それぞれ、弘法大師と聖徳太子。


ちなみに、今日21日は『お大師のご縁日』。
明日、22日は『お太子さんのご縁日』。

今日は夕方から打合せ予定でしたが、頭が痛くて中止に。
ご縁日のお勤めして、早めに休むとします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2009

青蓮院と曼殊院

青蓮院と曼殊院
今日は京都にお参り。


ご開帳されている曼殊院の『黄不動』と青蓮院の『青不動』を拝観してきました。


曼殊院は人も少なくお詣りしやすかった。筋肉隆々のお不動。お腹ぽっこりの童子形。かっこよかったです。


さて、青蓮院。青不動さんにたどり着くまで、襖絵みたり庭見たり。いつも複製が祀られているお堂と熾盛光さんを通過してようやく到着。
かなりの人のため、隅っこで微音で心経一巻、慈救呪を唱えた。


秘仏ではじめてのご開帳とあってお詣りできたことに、感謝であります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2009

母の味

母の味
ミルキーはママのあじぃ〜♪


ではなく、私には『チキンピカタ』。


思い起こせばいろいろあるが、何故かチキンピカタなんですよね。私にとっての母の味は。。


今日は久々に台所にたちました。
この料理は試行錯誤の上、亡き母よりもうまく作れているように思います。


今日は昼間は地鎮祭の助法。戻って、気になる方のために南無南無。引き続き、明日の18日、観音様のご縁日の前倒し。
併せて、観音様に伺いたいことがいくつか有りたずねてみた。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

大三輪

大三輪
大三輪
お大黒を連れてお山へ。


大和國一ノ宮『三輪明神・大神神社』
御神体の山(神体山)である三輪山。


いつもお水を頂いてますが、お山の登拝ははじめて。
狭井神社で入山の手続きを行う。山中の写真撮影は禁止。飲食禁止。等々入山心得を頂き、お山に入らせていただく。


風の抜ける木立の中を片道一時間ほどで登らせて頂いた。


また、スピリチュアルの方々が多いのは予想してましたが、あれほど多いとは。。。目のうつろな女人もいるし。


それは置いといて、いいお山でした。
次回は誰かお連れしてあげたいなと思うくらいでした。


追記。
三輪には当山三十六先達にも名を連ねたお寺がありました。今では全く関係性のない宗派が入り護持しておられます。
本尊・十一面観世音菩薩は近くの『聖林寺』にお祀りされています。
護摩堂に入れていただきましたところ、中央に不動尊。脇に、役尊・聖宝理源大師をお祀りしてありました。当時の行者堂にあった仏のようです。
修験者が入ったと言われている滝場もありましたが、砂防のためかコンクリートで固められ、悲しいくらいのものでした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 16, 2009

墓参りドライブ

墓参りドライブ
墓参りドライブ
墓参りドライブ
お墓参りのため、1日だけドライブ。


福山のサービスエリアでは尾道ラーメン。宮島のサービスエリアではスターバックスでお茶。


着いて、お昼に『南蛮漬定食』を頂く。
小鯛の南蛮漬け(丸ごと一匹)ははじめてでした。
師にお土産のとあるものを購入。


お墓参り数基。
夜は食べに出た。


今日は打ち合わせのため、新幹線で昼には戻ります。
調べものとかお詣りとかしたかったのに。
はぁ〜(-.-;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2009

たおいずむ

たおいずむ
行ってきました『道教の美術』展。


仕事の合間に天王寺へ立ちより、しっかり観てきました。
お目当ては北辰の天帝さま。


特に、昔、伊勢に祀られていて、今は読売ランドにある『妙見菩薩立像』。
東京の読売ランドまで会いに行こうかと考えていたほどのお方。この度、お出ましとのことで、ようやくお姿を拝することができました。ありがたや。


また、全く同じお軸がうちにもあり、展示されてました。珍しい品物なんかな?
作例としていいものなのでしょうか?


四天王寺の七星剣。閻魔天曼荼羅。常念寺の十王坐像。奈良国の走り大黒。
小さいお厨子の正明寺『閻魔王坐像(厨子入)』はなかなかかわいくていいものでした。星曼荼羅や九曜の絵像も。


興味の対象は展示の半分くらいで、あとは軽く流して回りました。もっとがっつりと興味の対象があると期待していったので、ちと拍子抜けしました。


トータルとしては道教の成立と発展、日本での道教と仏教・神道などとの融合、という面ではわかりやすかったかと思います。最後の第三会場は青面金剛と大将軍以外はお茶を濁した感じに思いました。


そうそう、正月にマカオでお詣りした『女へんに馬(マ)祖』もいらした。


二回目行くなら、もう一度、妙見菩薩立像と走り大黒さんに会うためでしょうか。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

October 11, 2009

なにわ神楽

なにわ神楽
なにわ神楽
今日は朝からひと拝み。月参りしている神社に向かう。


戻って小休止。横になって15分うたた寝。
しばらくして出発。


昼の二時から晩御飯を挟み、九時まで神楽。正しくは、『なにわ神楽』といいます。


今日は『吾妻』や『剣の舞』以外に『おろち(大蛇)』も行った。
写真はおろち。どうみてもニョロニョロである。剣とおろちで出雲の神楽と一緒なのである。


神社はというと、氏子である地域住民が祭りに積極的であるなと感じた。いい神社でした。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 10, 2009

お伊勢参り

お伊勢参り
お伊勢参り
昨晩メールが来ました。
お伊勢さんにお参り行きませんかと。しかも、伊勢神宮の奥の院『朝熊山・金剛証寺』も併せて。


今まで伊勢神宮にはお詣りしていましたが、なかなか朝熊山までは足をのばしておりませんでした。


朝から近鉄に乗って最寄り駅『朝熊』へ。衣体をつけてそのまま乗りました。
10時に駅を出発。
いつもの行者友達以外に参加の方々がおられ、どうもその方が今回の先達と知る。


出発前に親戚の男の子に当山派の山袈裟を授与。得度前に真言行者であったおばさんから私が頂いたもの。
私は金峯山にご縁を頂き、着用することがないため、いつか息子が大きくなってと考えていた。
最近、真言僧となり、さらに私の法友と山に入っていると聞いたので、彼の山の師にお伺いを立て、十年間床の間に保管されていた山袈裟を晴れて渡すことができた。


話を戻して、この『朝熊山・金剛証寺』。
伊勢神宮の奥の院として、
『お伊勢参らば朝熊をかけよ。朝熊かけねば片まいり』といわれたほどのお山。
欽明天皇の時代に草庵を結び、後に弘法大師が真言の一大道場して整備したと。また、求聞持法をここで修されたとか。さらには、伊勢神宮の鬼門に位置する大事なところ。


内陣を参拝させて頂いたところ、本尊・虚空蔵さんの脇には『雨宝童子』『明星天子』が配置され他にはない並び。
雨宝童子と明星天子が好きな私には垂涎のお寺でした。


しばらくして山を下り、伊勢神宮(内宮)をお詣りして赤福買って、伊勢うどん食べて帰って来ました。


さてさて明日は神社で秋祭り。神楽の1日です。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

そこの少年

久々に電車に乗ったら目についた。


一句!
『そこの君・知っているのか?・右ピアス』


キャンプリーダーをしていた時、引率したなかに右ピアスの中学男子がいました。


『わかってしてるんやね?』というと。


『なんのことです?』と返答。


理由をいってあげると、すぐにはずしてました。
わかってされていればいいのだが、知らずではいろいろあるでしょうから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2009

えらいこっちゃ

朝からヒヤッとしました。
毎朝浴びてある水が冷たくなったから?


いやいや、そやなくて。


朝の支度をしたり、シャワーを浴びたりしている間、デンターリンス・ガムなんてお口の洗浄剤を口に入れております。
今日は何故かいつもより長く。


シャワーから出て、しばらくして朝ご飯に卵かけごはんをして食べ始めました。


ん?味薄い。


さらに醤油をいれても薄い。


醤油を直接舐めても味がない。


どうも下の先がしびれて麻痺しており、塩辛さを感じないみたいです。


今はちと戻りましたが、びっくりな朝でした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 07, 2009

この雨の中

この雨の中、今から神楽の練習です。

週末に吹田のとある神社の秋祭での神楽依頼のため。
巫女さんの舞との音合わせです。

ひら〜♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 06, 2009

ニューアイテム

ニューアイテム
ずっと講演などの録音には、MDやMP3レコーダーなどを使用してきました。最近、どれも古くなり、使えなくなってしまいました。


以前からマイクロレコーダーに注目していましたが、変換が手間だという点で買い控えてました。


最近ICレコーダーはパソコンとの連携が簡単で、かつ録音がMP3データですので、これは便利になったと購入に踏み切りました。


これから大活躍してくれるはずのニューアイテムであります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »