« August 2009 | Main | October 2009 »

September 30, 2009

白んできました

空が白んできました。
徹夜であります。


提出書類がまだできてない。
昼からは打ち合わせ。
居眠りしないように、気をつけないと。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 29, 2009

新たな指令

昨日はお不動さんのご縁日。
仕事を終えてから南無南無。


ご飯を食べて、くつろいで。


しているうちに恐怖の電話。
社長から。


内容は、次の資格を取得せよ。
次回のテストは11月です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 26, 2009

夢にお出まし

先日のこと。
夢に女の神さまがお出ましになり、何やら私におっしゃっている。


『もう時間なんやけど、大丈夫なんかな?間に合わんよ』と。


『はい…』と答えて、ここで目を覚ます。
時計は5時57分。私の目覚ましの設定は6時。
ん?何やろ?


そういえば、うちの大黒が所用で早朝から出かけねばならないはず。いつもは起きて支度しているはずやのに、寝ている。。。


お〜お知らせはこっちのことかいな〜
ということで、危うく遅刻しかけた朝の出来事でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2009

山にしば刈りに

山にしば刈りに
朝から兵庫県の東条まで、山にしば刈りに。


なんと、人生初のゴルフ(コース)に。


雨予報でしたが、『雨男』ではないようで雨に降られることなく済みました。


ほんと贅沢な遊びですわ。
広大な敷地。芝生。車やバイクの音もなく、ゆったりとした時間。


成績は、お初の割にはまあまあよかったと言われ楽しかったのですが、私にはこの時間とお金があれば南無南無に費やしたいなぁと感じている次第。


と、このブログを書いている今は大渋滞の助手席であります。
さてさて。明日は回向に回りま〜す。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

役尊のお墓参りとご縁日

役尊のお墓参りとご縁日
役尊のお墓参りとご縁日
一昨日の晩に思い立って、ご開祖・役行者さんのお墓参りに行ってきました。
正式には、『天上に旅立たれた聖地』であります。


朝起きて、先ずは我が壇の掃除。支度をして、天満市場に。仏花とお供え物を購入。
後は新御堂を北上。箕面にある『天上ヶ岳』を目指す。
うちから車で30分ほどで到着。あとは、登ること3・40分。はるかに、大峯熊野・葛城を見通せる天上ヶ岳に役尊はいらっしゃいます。


『大峯に関する法を修するには大峯に登ってなくてはダメだ』と言葉は異なりますが、大好きな行者さんがこのようなニュアンスのことをおっしゃっていた。
わたしも大峯秘法の採灯護摩を修法しているから、よ〜くわかります。うんうん。


同じく、役尊の修験道を歩ませて頂いているからには、役尊のお墓はお詣りせねばと、たまに行っております。


今日は朝早かったお陰か、人は少なく、獣臭のする山道をチリンチリンと鈴を鳴らして歩いておりました。


時間が早かったので、帰りに西国札所『穴太寺』。
27年ぶりのご開帳とありましたが、中尊ではなくて、厨子の3つある左の扉でありました。


昼越えに帰宅して、己巳・弁財天さんのご縁日。遠路のお詣り、ありがとうございました。今回は巳成金と重なってのご縁日。御利益倍増やね。


さらに、夕方からは21日のお大師さんのご縁日。
これまた横でお詣りくださる方があるのはありがたいこと。一緒に南無南無。


狭いお部屋にお詣りくださり、ありがとうございました。またどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 20, 2009

演奏会終了

今日は日本雅友会の演奏会でした。


で、無事終了。
来て下さった皆様、ありがとうございました。


今年は日取りが悪かったこともあり、観客数はちと少なめでした。


私は東遊の主管を任され、一応任務を完了。
解き放たれて、直会では沢山いただきました。
明日は朝からご開祖・役行者さんのお墓参りして、戻ってご縁日の南無南無予定であります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 16, 2009

甲子

甲子
甲子のご縁日。

大黒天さんを拝ませて頂きました。
お下がりのきな粉が欲しい方はお詣りくださった時にでも言って下さいな。


さて、18日の観音さんのご縁日の次は、21日が『己巳(つちのとのみ)』。
お大師さんのご縁日に弁天さんのご縁日が重なります。
多分夕方から拝みはじめますので、お詣りの方はご連絡くださいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2009

ニアミスの行者さんへ。

ニアミスの行者さんへ。
先日、ある行者さんととニアミスしました。


それをお知りになってメール頂きましたが、何故か返信できないのでここに返信します。多分ご覧になってるだろうと。


……………………………

いつも電話とメールばかりで、すいません。
しかしまぁ、ニアミスとはこんなことを言うのですね。
なかなかお会いできませんが、いつかどこかできっとお会いできることを楽しみにしております。

真成 拝

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 14, 2009

昨日は

合奏練習が終わったのが夕方5時半。
すぐに帰ってきました。


昨日、吉野山に帰山していた三人が帰りに我が家に立ち寄ってくれるとのこと。
先に着いて光明真言を唱えてくれてました。帰宅して、4人で習礼。


一泊2日の本山でのお勉強会。たくさんのことを学んでくれたようです。


お世話になった皆様に感謝であります。綠

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 13, 2009

遍路と鳴門のうずしお

遍路と鳴門のうずしお
遍路と鳴門のうずしお
昨日は家族サービス日。リクエストにあがった『鳴門のうずしお』を見に出かけました。


高速千円はありがたい。
車の台数も心なしか多く感じました。ここぞとばかりに出掛ける私みたいなのがほとんどでしょうね。


さてさて、鳴門となると四国。
四国といえば、『お遍路』。
ということで、しっかりお遍路にも行ってきました。久しぶりのお四国遍路。茶店が個人用の納経所になっていたり。なんか、雰囲気が変わって。。。


中でも、先達に導かれてのバス遍路さんが多いことにビックリ!
流行りなんでしょうね。
公認先達の質の悪さにもビックリ!
僧侶が先達している団体は、旅行社主催の遍路に同行とはいえ、しっかりしたはりました。ただ、以外の先達は。。。ダメでした。睢
知人の不動行者さんが物申した気持ちがわかりました。ありゃ〜ダメですね。


とはいいながら、久しぶりの遍路を満喫。七番までお詣りしてきました。道中、讃岐うどんの店にも。


帰りに鳴門にある『渦の道』へ。
この『渦の道』。大鳴戸橋の下に造られた展望デッキから渦を真下に見れる場所であります。ちょうどいい時間帯に着いたようで、小さいながら鳴門のうずしおを見学。

楽しい1日でした。


今日は来週の演奏会の最終リハーサルであります。五時間練習してきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2009

日本雅友会 定期演奏会

私の所属しております雅楽会・日本雅友会の定期演奏会を来る9月20日に行います。


興味のおありの方は下記にメール下さいませ。
ご招待させていただきます。
dr_gan@hotmail.com


【詳細】
日時 : 9月20日(日)開場14時.開演14時30分.
場所 :ドーンセンター 七階ホール
地下鉄谷町線・京阪線 天満橋下車

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2009

今日1日

今日は一日拝みまくり。
朝から8日の分の八大龍王さんへ。
昼頃戻ってきて、預かっている五月人形と山袈裟等々の撥遣(魂抜き)を。
昼ごはんを食べてから、信者さんのおじいさんの祥月命日とのことで阿弥陀さんに南無南無。
夕方19時から2時間、雅楽の合奏練習。演奏会も近づきましたし。


で、今からは今週行われる資格試験の勉強です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

昨日のお大黒

昼前から塔婆を供養しに出かけて、家に戻ると何やら騒がしい。


聞くと、お大黒。
『携帯電話がないっ瘀』


思い当たる節は?の問に、『多分、夕方父さんと行ったホームセンター・コーナンの駐車場なはず』と。


すぐにコーナンに向かう。
すでに営業時間は過ぎており、いくつか入り口のあるうちの一つだけ開いており、そこから入って駐車場の目指す場所へ。


探せどもどこにもなく、店員さんにお礼を言って、次の目的地・警察署へ。
確認してもらったが届いておらず、届けを出しただけで帰宅。もう一度、家の中を探すことにした。


『ない。。』


とりあえず、晩ご飯を食べ、あきらめながらも再度コールしてみた。


二階で何やら聞こえる。。。


二階に干した洗濯物に紛れて、ピンクの携帯電話も洗濯棹に吊されてたとさ。


m(_ _)m

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 05, 2009

岩根山へ

岩根山へ
先月、施餓鬼法要の後にご一緒させていただいた『岩根山』。


岩根山の山上にある行者堂本尊の修理が終わり、御披露目を兼ねて役行者さんのお話をとのご依頼が、講の方から師のもとにあり、私も同行させて頂いた。


前回掲載の勤行中の写真は多方面からお言葉を頂くほどのものであった。
法雨が注がれたり、勤行中の雰囲気は正に喜んでいただけていると感じるものであった。


江戸期に藩主谷家の懇請により吉野・角之坊が勧請した役行者さん。
吉野・金峯山の山伏の勤行を久々に耳にされたかと


師がお導師となり、勤行。私は法螺。
終わって、お山のいわれや、役行者さんについてを話された。一番盛り上がったのは最後の最後、質問大会!
たくさんの質問がでるあたり、関心が深い証拠なのかもしれない。
日曜日は秋の大祭だそうな。この地域の方々によって、この先も長く守り続けて欲しいものである。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2009 | Main | October 2009 »