« June 2009 | Main | August 2009 »

July 30, 2009

高野槇とその住人

高野槇とその住人
高野槇とその住人
うちには毎月末、1日に合わせて高野槇が届きます。


そんな高野槇。


拝んでいると、どこからともなく聞こえきます。


『パラパラ〜♪』


お舎利が増える音かと喜びそうですが、否!


よく見ると、パラパラと粒が。。。


そう、高野槇の住人が落としたフンであります。粒は高野槇の緑色なんですね〜


今日は華瓶に生ける際にチェック!
すると、写真のような箇所がいくつかありました。
自分の吐き出した粘膜で高野槇の葉をくっつけて、その中で蛹を過ぎて羽化するようです。


今日はそんなお家を丸裸にさせていただきました。こんな感じです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

行者はん来阪!

今日昼間、行者はんが来阪。


梅田に迎えにいくと、いつもの待ち合わせ場所に遍路姿の僧侶が。。。
長い錫杖に網代笠。地下足袋。
うちの真っ赤な車に乗り込む行者。


二週間の断食と不動明王さんの慈救の呪を唱え続けていたそうな。


久々に会った行者はなんともスッキリ、よくよく拝んでいる行者の目をしていた。
さぞかしいい修行だったことがよくわかった。


そんな行者さんに登壇していただき、一緒にお経を唱えさせてもらった。
ありがたや。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 28, 2009

ビールが進むこの逸品

ビールが進むこの逸品
昨日、お供え物を買いに立ち寄った業務用スーパー。
そこで手にしたこれ。


明治製菓『謹製カール・海苔味』


ビールが進む逸品です。


箱買いしたいくらいのかなりオススメ。
一袋で生中三杯いけます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 26, 2009

ロールケーキ

ロールケーキ
先日、雅楽のお師匠さまからお供えに頂いたロールケーキ。


住吉フローレンス『手巻・和三盆醇乎(じゅんこ)』


ネーミングが微妙ですが、和三盆糖を使っているだけにバタークリームのわりにあっさりとおいしかったです。


ところで、今朝のこと。
うちの大黒さんから『お茶を出しっぱなしにして外出してしまったので、冷蔵庫にいれといてね』とメールがありました。


『お〜、そうかそうか』
と水筒を冷蔵庫に仕舞い、横のテーブルに目をやると、ロールケーキらしき物が乗っている。。。
触ると、なんだか冷たい。。。。


『お〜これも出しっぱなしにしてたんやな』と、急いで冷蔵庫へ。


夕方、帰ってきた大黒さんが、
『なんか冷蔵庫に山用の雨具(ポンチョ)が冷やされてたんよ!』と。


ふと気付く朝の出来事。


ロールケーキだとばかり思っていたのがポンチョだったとは。。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2009

読書会

昨日は某O谷大学名誉教授の先生の『読書会』に参加。
この読書会。五来 重先生の著作『葬と供養』なる本を読んではいろいろな情報などを交換するもので、毎月行われている。


以前、大学時代に研究室ごとにあった『読書会』・『輪読会』なるものは経験してはいたが、どうも同じ研究室の中で行っていたこともあり面白いと感じたことはなかった。


しかしながら、この読書会は違った。
異なる分野・研究テーマを持つメンバーが集まり、著作を読み進めていく。
元々歴史や仏教・神道が好きであるが理系に進み研究していた私には毎回勉強になることばかり。民俗学などの分野の方には知ってて当たり前のことかもしれないが、楽しくてしょうがない。


メンバーはたったの数名。大学の名誉教授の先生お二人。民俗学研究者の先生。先生の教え子。そして、私。
何故、この場に私が?と感じることがしばしばあるが、楽しく民俗学を学ばせて頂いている。


いつもは京都で行われる読書会が昨日は高野山でありました。
先生とのお話の中で、我が金峯山修験本宗のフィールドである金峯山(吉野山〜大峰・山上ヶ岳)の話が上がり、またまた目から鱗の興味深い内容でありました。


日も暮れて遅くなったが、誰もいない奥の院を独りでお詣りして帰路についた。


今日は21日『お大師さん』のご縁日である。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 18, 2009

甲子大黒天・観音ご縁日

昨日はちょっとハードな1日。

昼から打ち合わせで東大阪。
打ち合わせの途中に連絡があり、一足先に会社に戻る。

早々に仕事を片付けて、ご縁日の準備。
お供え物を盛ったり、六器に華を飾ったり。
ごはんを食べて、白衣に着替えて外出。三時間ほど修行に出掛ける。


戻ったのが、23時。用意してるとお詣りにお越しになった。
2時間ほど一緒に南無南無して、少しお話をして終了。


気づけば、礼盤に寄りかかるように寝てました。いかんなぁ〜今日は雅楽の講習会だというのに。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2009

18日は

18日は観音様のご縁日。


とはいえ、明後日の18日は宮内庁式部職楽師(人間国宝)の先生方をお迎えしての『雅楽講習会』。
車でお迎えに行くため、晩は飲まずに帰宅しますが懇親会があり遅くなりそう。
ですので、明日17日の深夜に観音さんと大黒天さんのご縁日として拝むとします。

更に19日は神社の夏祭り。一日中、獅子舞の管方(笛)で町内を練り歩きます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 15, 2009

庚申・甲子・己巳

庚申・甲子・己巳
庚申でしたね。
久々に八坂の庚申さんにお詣りしたかったのですが、仕事の片付けのため断念。大阪から遙拝に。


庚申が済むと次は18日の甲子。
さらには、23日は己巳。
それぞれ、大黒天と弁財天のご縁日。
間の21日は弘法大師のご縁日。
28日の不動明王ご縁日。
と隔月ながら今月はご縁日ラッシュであります。


なお、このご縁日以後にお越しの方には、数に限りはありますがお下がりとして『古代米』をお持ち帰り頂けますよ〜

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 11, 2009

八大龍王

今月8日はお山に上がっていたため、八大龍王さんをお詣りできずであった。


その代わりに、今日は朝から仕事をして、昼に会社を出て八大龍王さんに向かった。

到着して、壇を設え拝み始める。
ブォ〜と法螺の音が境内と町に響く。すると、近くで遊んでいた子どもたちがぞろぞろと集まってきた。


週末にお詣りしたときには、この子どもたちが時々参列者になる。


蚊に刺されながらも、私の横で静かに手を合わせてくれている。彼らの目的の一つ(大半?)はお供え物に上がっているお菓子。
まぁ、それはそれとして、境内の末社巡拝にも着いて来てくれる。


最後に、彼らの一人一人の名前と願意を読み上げて、今月の八大龍王さんのお祭りが終了。お目当てのお下がりであるお菓子をあげると帰って行った。


来月はいつ来るの?と子どもに言われ、うれしさでいっぱいのお詣りとなった。


さて、来週は宮内庁から雅楽の先生がお越しになる講習会。今から練習に向かいます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 10, 2009

蓮華入峰 満行

金峯山修験の蓮華入峰を無事満行してまいりました。
神さま仏さま・管長猊下・大先達、皆々様ありがとうございました。


この蓮華入峰、正確には『蓮華奉献入峰』といい、七月七日に蓮の花を採取。蔵王堂に供えたあと、8日早朝から吉野−大峰山上岳の各拝所に花を供えていく修行であります。


今回は直前の体調不良がありましたが、道中奉行を仰せつかり頑張ってまいりました。ちなみに、私のお役は救護。
調子の悪い方を救護するんです。エスケープルートまで連れて行って、本隊に再合流したり。
今回は脱落者の付き添いからの本隊合流。さらには、各行場での指導といいお行をさせていただきました。


山上では、管長猊下ご親修による大護摩供が厳修され、これまた宝剣持ちのお役をさせていただいた。ありがたやありがたや。


今回も天台真盛宗、高野山真言宗、関東の○○不動尊、三徳山三仏寺など他宗の方々が参加された。


なんでも、『山と渓谷』に霊山特集があり、掲載されるとのこと。発売が楽しみであります。写ってるかなぁ〜

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 06, 2009

お山へ。

お山へ。
蓮華入峰に向かいます。

今晩は身支度で部屋は店開きであります。

で、只今『斑蓋』修理中!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »