« July 2008 | Main | September 2008 »

August 30, 2008

水が段々

頭頂のアンテナがこのところ徐々に大きくなってきてるように思うこの頃。


この2週間徐々に水が冷たくなってきました。
朝の水行にこたえます。


暑さ寒さも彼岸まで。


そんな言葉もどこへやら、天候が不順ですね。


水害にみまわれる地域があれば、渇水が伝えられる地域があり、領土の狭い日本の中だけでこんなにも。。


風雨順時 萬民豊楽 を祈ります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 28, 2008

不動明王ご縁日

不動明王ご縁日
蒸しますね〜
外にいるだけで汗がにじみます。


さて、今日は28日。
不動明王ご縁日であります。

朝から用意して南無南無。
仕事して、昼からかっし〜が来て再び南無南無。
かっし〜念持のお不動さんを開眼。家内の安全・事業繁栄をお願いしました。
その間、かっし〜は喉をからしながらも般若心経を唱え続けておりました。

至心に読じゅしている姿は神仏がちゃ〜んと見てくださってますよ〜


さて、今から京都でお食事会。
この湿度のなか、向かいます。
蒸しあつぅ〜

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 26, 2008

大黒天セット

大黒天セット
今日東京からお客さんが来た。


この春大学を出て就職して社会人になり、久々の休みに関西のお詣りどころを回ったそうな。


奈良国立博物館に行ってきたようで、お土産に写真の大黒天さんのセットを買ってきてくれた。
この大黒天さんは奈良国立博物館に所蔵されている私の大好きな『走り大黒天』。
中身は『ぽすとかーど』になんと『スタンプ』


この『スタンプ』。これからいろんなところで出番がありそうだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 24, 2008

うどん屋さんから『苺そうめん』

うどん屋さんから『苺そうめん』
うどん屋さんから『苺そうめん』
イチゴ好きの私にうどん屋さんから


『とちおとめ・苺そうめん』


を頂きました。
タイトルには『できたて栃木』とあり、なかなか期待できそうな感じ。
ということで、昨日のお昼はこの苺そうめんを茹でました。


袋を開けると台所に広がる苺の香り。
お湯に投入すると香りが更に広がる。
出来上がりをめんつゆにつけずに一口。
そうめんよりもしっかりした歯ごたえながら、噛むと口に広がる苺の香り。
三度目の幸せ。

めんつゆをつけて食べると幾分香りは弱くなるが、たまにガツンとくるのにビックリ。
楽しいお昼ご飯となりました。


うどん屋さん、ごちそうさま。
ありがとね〜


ハンドルネームをえちご屋、うどん屋ならぬ『いちご屋』に変えようかなぁ〜

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 22, 2008

今日は何だか飲みたい気分

と言うことで、飲んじゃいました。


お気に入りの梅酒。『萬歳楽・加賀梅酒』


日頃一滴も飲みませんが、うれしいときにはちびっと飲みたくなるもので。


今日は朝からの一仕事を終えて昼からは会計をしていたら、亡き母の信者さんが久々にお越しになった。


いろいろと話を伺い、我が家にも入って祭壇の前で般若心経を一巻一緒にお唱えさせて頂いた。


集中力を分散している暇はなく、信じてついてきて下さる方のために頑張らねばと思った今日でありました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 21, 2008

歯 戻りました

歯。戻りました。

快調です。
これでお経も祝詞もモグモグ・フガフガ唱えなくて済みます。
法螺も気兼ねなく吹けます。

歯のクリーニングもちょっとして頂き、まだまだ白く美しい歯にはもう少しかかりますが気持ちいいツルツルの歯に。

ありがたや~

今日はお大師さんのご縁日。今から南無南無させていただきま~す。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

前歯がっ!

ケンカして殴られたた訳でなく、顔面からどこかにぶつけた訳でなく、歯磨きしていて。。。


むか〜し、前歯の一部が虫歯になり、削り取って修復していた箇所。


数年に一度は劣化からか外れてましたので大して驚きはしませんでしたが、プチショックくらい。
なんとも違和感が…


さてさて、ようやく歯医者さんのお世話になるときが来たようであります。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

August 19, 2008

青龍寺・昇龍ペンダント

青龍寺・昇龍ペンダント
青龍寺・昇龍ペンダント
朝我が家の庭木に蝉がとまり、ぎーぎーいっておりました。


昼には、四国三六番・青龍寺の八角本水晶ペンダントが届き、午後から早速つけて仕事に出かけました。
ありがとね〜


週末は家祈祷のため、今日から4つ足等々控えて。
いい機会なので、この期間になんやかんやと固めて拝みま〜す。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

箕面天上ヶ岳

箕面天上ヶ岳
箕面天上ヶ岳
箕面天上ヶ岳
休み中に東京からの友人を連れて、『箕面天上ヶ岳』にお詣りしてきました。


ここは我らが修験道の祖と呼ばれている『役行者神変大菩薩』さまが母上を鉢に乗せて天上に昇天なされたという聖蹟。


修験道、特に役行者さんの後を歩むものにはかなり大切なところ、是非とも一度は行者さんのお墓参りに行かれてはいかがでしょうか!


今回はお花とお菓子をお供えしてきました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

August 18, 2008

エリンギ茸とハムのひやむぎ

今日のお昼ご飯。

ひやむぎをゆでている間に、エリンギとタマネギを薄く切って、めんつゆで煮込む。

ある程度エリンギにめんつゆが染みこみ、タマネギがしんなりしたらハムを少々入れてから火を止める。

ひやむぎはお湯を切り、エリンギ等々を上に盛りつける。

以上!

これ、簡単でかなりおいしかった。
めんつゆに茸とハムの味が染み出して、なんだか深いお味に。
是非ともオススメです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高野山詣でと湯垢離

このお盆休みは毎日どなたかがお越しになり、バタバタの毎日でした。


一昨年の晩には『たいくん』がお越しになり、我が家全員とともに『さくら水産』という魚専門の居酒屋に行き、たらふく魚を頂いて帰った。


そうそう、盆前から塔婆を造り開眼し、家にいる日は毎日『阿弥陀経』か『自我げ』を上げ、中日は施餓鬼供養を。
昨日は朝から阿弥陀経を唱えて、回向壇を片付けてから高野山に向かった。


出発準備中にK師のことを思いつく。
『そうや、今日なにしてんかな〜』
ということで電話したところ、なんと1日フリーだとか。一時間後、駅でピックアップして一路高野山へ。


パラパラきそうな空の下、奥の院へ。
塔婆に水をかけてお経を唱えてお盆期間の締めくくりを致しました。
ご入定所前でご法楽を済ませて山をおりました。


帰りに、ちょっと走って『野半の里・蔵の湯』に。いつもはなんとかの行水といわれるぐらいの高速入浴ですが、このところの半身浴でなれたのか、一時間も入っておりました。


なんだかお盆が済んだとたん、朝夕の風が涼しく感じて、秋の訪れを感じます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2008

大峯修行

大峯修行
大峯修行
大峯修行
大峯修行
今日は急遽大峯山上に。


祈願事をお持ちの知人をお連れして。
子供の体を心配してのことだけに、予定を調整しての大峯修行となった。


朝早くに我が家を出発。吉野で脚半などを購入して蔵王堂で勤行の後に五番関に向かう。


暑すぎず気持ちいいなかでの修行。
空もいい加減に曇って。


同行者の願いを山上権現さんにお伝えして山を下った。


山上蔵王堂で壇上に『○○講』と祈願札が置いてあった。
この○○講は金峯山寺主催の大峯奥駈の下見で第0回と言われている際に同行してくださっていた講であった。
初めての奥駈けで緊張していた私に色々と声をかけてくださり、その時のことを思い出していた。


洞川に下る途中、見知った方が下から上がって来られた。
なんとその方!


その奥駈け以来お会いする機会がなく、お礼を申し上げることもできなかったが、ほんの一時間前にお札をみて思い出していただけに、キチンとその折のお礼をいうことができた。
不思議なご縁である。


初めての大峯修行であった新客のパパ、急な召集に付き合いしてくれた真澄くん、お疲れさまでした。


あと、山の上で思わぬ方に遭遇。
ね〜てんてんさ〜ん♪

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 11, 2008

今年のお盆

今年のお盆
今年のお盆
昨年までは小さく施餓鬼を行っておりました。


今年はなんと、『お檀家さん』なる方々が数件できまして、お盆はうちにお詣りにお越しになったり、棚経に伺ったりとお盆に回向と施餓鬼供養をさせていただくことに。


『お寺?』と聞かれても自宅の一部屋。
ちっさな壇で南無南無しとりますので大したところではありませんが、回向依頼された方々の気持ちを込めてねんごろにさせていただきま〜す。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2008

金峯山青年僧の会・三日坊主修行

金峯山青年僧の会・三日坊主修行
金峯山青年僧の会・三日坊主修行
金峯山青年僧の会・三日坊主修行
金峯山青年僧の会・三日坊主修行
金峯山青年僧の会・三日坊主修行
暑かった瘀

この3日間は恒例の金峯山青年僧の会主催・青少年研修『三日坊主修行』でした。


文字通り、子供たち対象の3日間のお寺での修行。
座禅(止観)や写仏、毎朝夕の勤行や吉野山の寺院を巡拝するオリエンテーリング・蔵王堂と東南院での作務などなど。


また、毎年記念になるものを作るプログラムがある。今までは法螺貝作り・念珠組み(イラタカ)などなど。今年は仏画であった。
てるてるさんの仏画を拝見する度に一度やってみたいと思っていたものの、未だ仏画に触れる機会がなかったので今回は特に楽しみにしていた。
いくつかの仏画見本があったなか、蔵王権現さんもありましたが、あえて『お地蔵さん』を選びました。


彩色まではできませんでしたが、我ながらうまく描けましたので、早速施餓鬼で活躍して頂くことにしました。


今年は千葉や横浜から参加くださった子供もいました。キャンプファイヤでの合いの手を入れてくれるかわいい小学生二年生の女の子もいて、なかなか楽しい三日坊主修行となりました。
また来年吉野山で会えるのを楽しみにしている。


追伸。良寛さん、遠方からのお手伝いありがとう。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

August 06, 2008

ちょっと伏見に

ちょっと伏見に
ちょっと伏見に
仕事で急遽京都に。


時間がありましたのでチラッとだけ伏見稲荷にお詣り。
ちょっと立ち寄りました程度のご挨拶。


帰りに火打ち石の鎌を購入。


仕事を終えてウダ話。
すると、お外は雷雨。


早々に引き上げましたが名神は事故渋滞。二次的な事故もあり、更に渋滞。


ちと疲れました。といってもいられず、今から御幣を切りま〜す。


写真の『らくらく火打鎌』。かなり優れもの。使用されているのは永久マッチに使われる金属でしょうね。なかなかよく火花がでます。火花がでると、ちゃんと清まる上になんとなく景気よくなりそうですよね〜

| | Comments (6) | TrackBack (0)

August 05, 2008

川崎大師の『久寿餅』

川崎大師の『久寿餅』
なんと、川崎大師門前からお供えにと送って下さいました。


川崎大師・山門前『住吉の久寿餅』


きな粉に黒蜜、弾力性のある餅。
かなりお気に入りの一品であります。


いつも関西で食べている葛餅をイメージして食べたところ、ま〜たく異なるものでした。同梱の説明書をみると、小麦粉を水でこねて発酵した良質の澱粉を蒸したものだそうであります。
また、名前の由来は作り出した『久兵衛の久』と『長寿の寿』をとり、『久寿餅』と名付けたそうであります。


晩御飯のあとの更に至福のひとときをありがとうございました。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

August 02, 2008

墓参とおだん

墓参とおだん
墓参とおだん
『ぼさん』と『おだん』
ちょっと踏んでみました。


今日は朝から墓参り。
盆参りで忙しい。。と言ってみたいとこですが、檀家坊主ではありませんので特にこの期間忙しいわけでないのです。
が、しかし。今年は老夫婦が盆参りにうちにお越しになるという。檀家第一号なのだろうか。
毎年小さいながらうちでもお施餓鬼をさせていただいているので、一緒に南無南無していただこうかと考えている。


話を戻して、何かと盆は忙しそうなので、みんな集まれる今日に合同墓参りをすることになった。


京都に向かい、墓参りの前におだんを購入しに八坂の前の有名店に立ち寄る。
思わず、定期購入を申し込んでしまった。


墓参り終わって、こちらに帰ってきてとあるお店で昼ご飯。
このマグロ丼、うどん付きで650円。
おいしいんですよね〜


食べ終わって近くの仏壇屋へ。
以前、線香を購入していたお店。陳列棚の上でネコがうだっておりました。


今から吉野へ『三日坊主修行』の打合せに向かいます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 01, 2008

お祓いで愛宕には詣れず。。

昨日は御祓いをしに。
急遽依頼があり、昼から行って来ました。なんちゅ〜ことなく、ささっと祓ってきました。

『何かにとり憑かれたからとってくれ』という話はよくしてこられます。しかしながら取り払っても同じこと、その当事者が変わらないと。。。こんな方が多い。
また、神仏にそのサイクルから脱しさせてもらっても『喉元すぎれば…』。

改善策をさせずに繰り返すことで食べる方々も多いしね〜


で、結局昨日はそのままお宅のお祓いもしてご飯を頂いて日を跨いで帰ってきました。


ということで〜
残念ながら愛宕の千日詣には行けませんでした。
またあらためてお昼間にでもお詣りさせて頂こうかと思ってます。


さて、今から1日のお勤めとそのまま外回りのお詣りです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »