« 宮内庁楽師 雅楽講習会 | Main | 三日坊主修行 »

August 01, 2007

愛宕千日詣

Atago1_4

Atago2_2

7月31日 京都・愛宕の千日詣に行ってきました。

メンバーは、k師。蓮華入峯にも参加したカナダ人 マークとその友人。
そんでもって、k師のご友人とその仲間たち。合計9人。

夕方、梅田ヨドバシカメラ前でマークとその友人をピックアップ。難波にk師をお迎えに。
途中、2メートル10センチの大巨人マークとその友人とともにコンビ~ニエンスストアァ~に入る。
これが大正解。彼らにはコンビニの品揃えが大層お気に召したみたいで、特にスィーツの棚に釘付けとなる。
難波でk師をピックアップして一路京都に。
桂のサービスエリアで土用と言うこともあり、『うな玉定食』を食べる。後にこれがえらいことに。。。
外国人の二人は、天ぷらうどんにご満悦。

京阪三条でk師の友人と待ち合わせて、その間に山の装束(修験装束)にお着替え。
やっぱ初の愛宕詣りだけに失礼があってはいけませんので、山伏としてのフル装備に。

○22時半。
登山口前で交通渋滞。聞くと、登山口まで到着するのは40分はかかるとのこと。あきらめて、愛宕念仏寺前の駐車場で車を止め、シャトルバス(ここからは100円)に乗り換え、登山口に。
登山口からは一度川を渡る橋まで下り。橋を渡ったところで、恐らく結界の地蔵であろうと思われる地蔵堂があり、k師と道中の無事を願う。

はい、あとはダラダラの登り。。。。。。。。。。。。。。。。。。

k師と私は今回もとあるぶつを鞄に潜ませていたために、えらく体が重い。
先のうな玉重もあるかとも考えたが、今年の奥駈での状態と同様であるためこれが原因だと。。。

k師とうだうだしながらダラダラの登りをダラダラ登って、途中から『ここは京都の愛宕』であると分かりながらもいつもの山念仏『懺悔懺悔・六根清浄』を唱え出す。毎度のことだが、この山念仏は優れもの。体が元に戻り、登ることが出来た。

○1時
愛宕山上到着。本殿前でk師とお勤め。
ご祭神は。。。。なんか書いていたが、覚えてない。私たちはただ『南無愛宕大権現』と唱えた。
私たちのお勤め途中、他の参拝者も一緒に般若心経、ご真言、ご宝号もお唱えくださり、気持ちよくお詣りさせて頂いた。
因みに、私たちのお勤めが終わるのを待って神職の方が拝殿に登られた。そのお気遣いにブログではありますがお礼を言いたい。ありがとうございます。

お詣りを済ませ、境内でウダウダ。

○2時
22時の山伏による護摩と対をなす祭式が執り行われる。雅楽の演奏が入っていた。はじめは一瞬こけたが、あとは気持ちのよい音色を聞かせて頂いた。あまりの人だかりに拝殿内での祭式はあきらめ、境内でウダウダ。

○3時
昨日は京都にしては涼しい一日であった。逆にお山では涼しすぎて、汗の気化で冷えてきたため、下山を決める。
下山前にかわいい売り子さんたちがいる授与品売り場で『火迺要慎』の護符を頂く。
そして、社務所で例のぶつに例のものを頂く。。。ありがたや。

あとは、ひたすら下山。k師とはいいペースでお山を下山。タッタッッタと山道を駆け下りた。

○4時半
登山口に到着。結局、5時半まで他のメンバーの到着を待つ。
帰りに車でちょっと重めのモーニング?を食べに『餃子の王将』まで。

今日はその後、一日のお詣りをしている会社に向かい『お一日のお祭』を催行。あまりにも眠たくて、拝む前に会社でシャワーを借りて、20分ほど仮眠。拝んでから再び1時間ほど仮道場で寝て帰ってきました。

*****************************

愛宕の感想。。。。

ん~ダラダラ登りの坂をずっと。。。寝不足で登ったためか、例のぶつを持っていたからか。。。
なにせ、予想外に体にダメージのあるお山でした。
途中の『大杉さん』『本殿・愛宕大権現さま』のご威光のありがたさを考えれば、結構しんどかっとはいえ、またお詣りさせて頂きたいお山でした。

|

« 宮内庁楽師 雅楽講習会 | Main | 三日坊主修行 »

「お詣り」カテゴリの記事

Comments

おつかれさまです~。

愛宕さんは高山と言うわけでもないのにしんどいですよねぇ。何でもヒマラヤに上る人も練習に使うとかで。

私も行く予定でしたが、いろいろあって中止でした(泣)
代わりに秋口ぐらいに参ろうかと思ってます。

Posted by: 日照院 | August 02, 2007 at 08:15 AM

 いや~、お疲れさまでございました。ありがとございました。
 あれから歸って風呂はいってから、1日寝てました…日頃の運動不足がたたって、體の痛いこと痛いこと…。例のブツのお陰かわかりませんが、ほんまに、えらかったです。だってほんまに足があがらへんのやもん(泣)
 でも、友人もその子分達も喜んでくれてよかったです~。異業種交流もかねて、京都に上洛の際は彼の店に一緒にいきませう
 

Posted by: k師 | August 02, 2007 at 10:16 AM

お疲れ様でございました。
しんどそうですね~。
私の寺友達が仕事で京都に滞在していまして、仕事のあと愛宕山に登って、朝8時に家に帰って来たとメールしてきました。
自分のパワーに驚いていましたが、うなずけますね~。

Posted by: 圓眞 | August 02, 2007 at 10:34 AM

○日照院さん
今年はダメだったんですね。
日照院さんのことやから、上であうかと思ってたんですよ。

○k師どの。
お疲れやんした。
あれから月参りして、会社の7階の風吹く部屋で気持ちよく寝ましたよ。
やっぱ例のものは重いよねぇ~
といいながら、またまたどこかに同行して頂こうかと画策しております。

○圓眞さま。
ご友人もタフですなぁ~
って、圓眞さんも日帰り京都お詣りツアーなんてざらですやんか。あなたも相当タフです。

Posted by: 真成 | August 02, 2007 at 11:20 AM

素晴らしい『行』っぷりですね~。それにしても関西は神仏に関する行事がたくさんあって、信仰が身近で羨ましいです。でもそれだけでなく真成さんのブログ読んでると、生のエネルギーや実際行動することの大事さを感じます。これからもひとつ生しぼりでよろしく。

Posted by: keishun | August 02, 2007 at 09:45 PM

○keishunさま。
楽しいですよ。
重力に逆らい、ふぅふぅ言いながら重い体を山頂まで持ち上げるのもね。好きなことを同じ志の仲間としているからかもね。
いいご縁をくださる神仏に感謝です。

Posted by: 真成 | August 02, 2007 at 11:39 PM

お疲れ様でした!
私は三年前にお参りさせてもらったきりです。
ありがたいっ

Posted by: 鯛 | August 03, 2007 at 09:50 AM

鯛だけに、ありが”たいっ”なのか。。。

千日なので、有効期限は今年限り?

Posted by: 真成 | August 03, 2007 at 09:54 AM

 是非、お誘いくださいませ^^

Posted by: k師 | August 03, 2007 at 12:00 PM

さてさて、どこいこか。

Posted by: 真成 | August 03, 2007 at 07:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71834/15975426

Listed below are links to weblogs that reference 愛宕千日詣:

« 宮内庁楽師 雅楽講習会 | Main | 三日坊主修行 »