« May 2007 | Main | July 2007 »

June 30, 2007

ご縁日

ご縁日
28日。お不動さんのご縁日はいつも仕事終わりに1人で晩に修法させていただくのですが、今月は遠く北海道からレナさんがお参りくださいました。
ということで、仮の道場で護摩を修法。ビルの七階の4畳半間。日中その中での護摩の修法はほんまに暑かった。随喜のレナさんは隣で心経を唱えてくださっていた。
ちょうど奥駈から戻った後だけに、その力のまま香合仏や御守りの開眼をさせていただいた。
写真は、レナさんから頂いたお供え物のバウムクーヘン『柳月ね三方六』。護摩の熱ではバウムクーヘンのコーティングは溶けず、無事でした。おいしく頂きました。ありがとう。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 26, 2007

奥駈修行 無事満行

奥駈修行 無事満行
奥駈修行 無事満行
奥駈修行 無事満行
20日から入っていた金峯山寺奥駈修行を無事満行してまいりました。
今年は初日出発早々から体調も思わしくなく、足にも不安を持ったまま始まりました。
両足とも足裏に水疱が出来たり、爪が死んだりと歩く度に痛みが走る始末。
道中奉行というお役を頂きながら反省点は数々あれど、いろいろと学ぶこともあり、今回の奥駈けもいいお行になりました。
大先達のお師僧さま、兄弟子、大先達付で頑張った弟弟子、えちごやさん、同行の皆さんお疲れさまでした。

********************************

一昨年前の東南院奥駈けには、真秀ちゃんへのお地蔵さんと、ある行者のもとにいらっしゃる観音さんが一緒でした。今回のザックの中には、自分の修験三尊香合仏と、某教典が入っておりました。
それにしても物理的な意味だけやなくて、これが重かった。
さて、今回この二方にも大峯峰中、さらには熊野権現三社のお力が加わって、これからのご祈祷に力を発揮くださるはずでございます。
ふふふ。。。

| | Comments (13) | TrackBack (1)

June 18, 2007

週末は吉野・東南院多宝塔大祭

週末日曜日は東南院さんの多宝塔大祭であった。

久しぶりに東南院さんの大祭にお詣りに朝から吉野に向かった。
到着してしばらくすると一番鐘で衣体を付け始めた。
随喜か写真係と思って用意しておりましたが、急遽素絹五条に衣を変えて式衆に。

多宝塔内に入らせて頂き、東南院さんお導師のもと、まずは法華懺法。
引き続き、護摩堂において採燈護摩供。
ありがたいことに護摩の承仕までさせていただきました。
いやぁ~勉強になりました。
拙いってもんじゃない承仕でしたが、ほんといい勉強させていただきました。

明後日からは金峯山寺奥駈修行です。
がんばるぞっ!

| | Comments (12) | TrackBack (0)

June 15, 2007

実は理系です。

いつもうまいもんと拝むことばかりを書いてるだけに私が理系だってことを忘れている方はいるはず。
自分自身も忘れてるくらいですから仕方ないかも。。。

昨日今日と二日に渡って講習会に行ってました。内容は今後の我が社にも役立つ資格について。

昨日は法令と専門。今日の昼からは電気について。
インピーダンス。リアクタンス。コサインにフレミングの法則。

この受験資格は大学で電気や建築などを学んだ人とのこと。
どちらかと言えば化学系だっただけに久々に聞いた電気の基礎。
内容は高校物理くらいやったので、聞いただけですんなり思い出した。
よかった。昔ちゃんと勉強しといて。と感じた1日でした。

しっかぁ〜し、合格までの道のりは遙かに遠そうです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 14, 2007

むか~しの行者さん。

母の実家での話。

今は行政の区画整理で無くなってしまったが、兵庫県のとある場所に母の実家があった。私が小学生くらいに取り壊されたのだが、未だに鮮明に覚えている。

その家の玄関土間にはお稲荷さんが祀ってあった。
母が小さい頃というから戦後すぐくらい。兵庫県の六甲山に行者さんが居て、月に一度そのお稲荷さんをお迎えにあがり、拝みに山から下りて来て頂いていたそうな。

その行者さんのお昼ご飯として用意していたものは、『リンゴ一個と小麦粉と水』だったと。
うまく口に小麦粉を運び、水を含み食べていたことなど話してくれた。
木喰戒では五穀断ちなので、母は小麦粉だったと言ってたことを思うと、木喰行者では無かったのか。。。

更には、肘にかなりひどい火傷をしており、聞くと『合掌して肘をはり、そこにロウソクを灯す修行をしていた』とか。。。

手のひらで護摩を修する『手護摩』も聞いたことがある。
てるてる坊主さんが以前に書かれていた日本刀の梯子を登る御嶽行者さんの修行もかなりすごい。

ナマクラ行者なのでそんな域には到底及ばないが、遠いとぉ〜い目標として出来ることからコツコツと。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

June 12, 2007

名前の大事

最近、出産ラッシュである。

生まれましたとの報告を受けるが、名前を聞いてちょっと。。。
以前にも書いたが、k師からの話ではご祈祷に来た子供の中に『姫輝』と書いて『ティアラ』なる名前の子供がいたそうな。
おばあちゃんになったらどうすんねん。とも思う。

私は姓名判断もするのでいつも思うのは、よくよく考えて付けてあげなくては行けないと言うこと。
つけては行けない画数は明らかにある。
ここで、その画数は何画なんですかと問われても、これは『飯の種』ですからお答えしませんが、皆さんのよく見られる本とほぼ一緒である。ほぼです。。。
画数以外には『納音(なっちん)』とかね。

テレビで容疑者が出てくるとその画数を見たりする。
確かに、ふむふむと思い当たる節があります。

あれま、その名前、大丈夫?と思っても、すんなりいってたりする人がいる。
このあたり、先祖さんや神仏のご加護の大小が関与しているようだ。

いい画数で言うと、よくいう『名前負け』なんてものもある。あまりにいい画数の名前を付けすぎて。。。というもの。
女性に頭領格の名前を付けたりもその一つかも。よすぎてあかんってこともあるしね。

これは統計学の一つともいうし、上に述べたように万事とも言えないが、子の将来を思って両親が考えてあげること、それが一番大事。

| | Comments (7) | TrackBack (1)

June 11, 2007

北浜から自宅

北浜から自宅
急遽晩七時から北浜で打合せの連絡が入る。
この時間から始まるとなるとご飯を食べながらである。もちろん飲みもついて。

いつもはうれしいところだが、毎晩体を動かして脂肪を燃焼させようと頑張っている最近はあまりうれしくないのであ〜る。

社長さんと北浜の駅で別れて地下鉄で帰ろうかとおもったが、ジムで運動するはずだった時間を歩こうと決めた。

写真はライオン橋から見た風景。橋の欄干に灯るランプの色がノスタルジック。
あとは日本一長い商店街である天神橋筋商店街をひたすら北へ。

昨日も歩いたのに今日もかいな。
といわれそうですが、北浜から天神橋筋8丁目までを30分。いい運動になりました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

箕面・天上ヶ岳と最勝ヶ峰

箕面・天上ヶ岳と最勝ヶ峰
箕面・天上ヶ岳と最勝ヶ峰
箕面・天上ヶ岳と最勝ヶ峰
行ってきました天上ヶ岳。メンバーはrunoさんと2人。

朝、迎えに来てくださり一路箕面に。
箕面のビジターセンターに駐車。ビジターセンターで地図をもらい、再び駐車場に戻り、駐車場掲示板左横の道を登る。分岐をいくつか過ぎ、天上ヶ岳に。
行者さんが天に上られたこの場所はメイン道から少し外れた尾根から突起した場所。奥駈け途中の『宝冠の森』に似ていた。天上ヶ岳では箕面の瀧安寺の若さんとおぼしき若い僧侶に出会った。ここは瀧安寺の奥の院であり、ご住職がお越しになり、毎年法要をされており、ちょうど今日がその日であった。
また、彼に教えていただいたのは『ここからお生まれになられ修行した葛城、大峯を見渡すことができる』のだと。
ここを最後の場所に選ばれた理由がわかるような気がした。
お山を下る際に30人くらいの一団を作ってご住職が登って来られた。ご住職にはご挨拶だけさせて頂いた。

下って駐車場から箕面園地に移動。次なる目的地は『最勝ヶ峰』。ビジターセンターの地図に『最勝ヶ峰』の周りに『四天王と四大明王』を埋納したとあった。
また、この『最勝ヶ峰』は地図上の名を『開成王子墓』といい、箕面の勝尾寺の前身・弥勒寺の建立に尽力した光仁天皇の王子のお墓。
また、この名は先日手に入れた『金光明最勝王経』の『最勝』と関係するように思う。

調べてみると、『開成王子墓』を取り囲むようにというより、『勝尾寺』境内『八天要石』を中心に寺域の境界標として『八天石蔵』なる埋納塚があり、各方位に当たる『四天王』と『四大明王』の青銅製の尊像を納めたようである。寛喜二年(1230年)の『太政官符』にもその記述がある。
また、八天(四大明王・四天王)の尊像は発掘されたが不動明王の像はなく、この『八天要石』の下であろうと推測されているようだ。
*************************
『勝尾寺から文を転載しますと。』
 六代座主の行巡上人は、清和天皇の玉体安隠を祈って効験があったことから、「王に勝った寺」の意で「勝王寺」の寺号を帝より賜ったが、本寺では「王」を「尾」にひかえ、勝尾寺と号し、勝運の寺として信仰されて来た。
*************************
ん~なんともわかったようなわからんような話である。

runoさん、お疲れ様でした。

今回は縦走はしなかったが、大阪から近く、歩く環境としても抜群であり、今後もお詣り兼トレーニングに登らせて頂こうと思った。
次回は瀧安寺も含めた縦走。八天石蔵回りを考えている。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 08, 2007

箕面・天上ヶ岳

役行者さんが6月7日に天に昇られた地・天上ヶ岳。

箕面にあります。前に調べたことがありました。
以下、詳しいサイトです。http://www.h6.dion.ne.jp/~yabu56/18-1126minoo.htm

ということで、お山用の体に慣らすためにも日曜日大雨でなければ向かおうかと思っております。
NOBUさん、ご一緒します?

【タイムスケジュール(予定)】
09:30 :政の茶屋集合
10:00 :出発 ? 天上ヶ岳 ? 政の茶屋 ?最勝ヶ峯 ? 勝尾寺
13:00 :勝尾寺参拝と昼食(各自)
14:00 :政の茶屋 解散

どっちにしろ一人でも行きますので、行きたいなと言う方はメールください。
dr_gan@hotmail.com

箕面のお瀧はトンネル開通に伴い水源が変わったのか水量が激減し、今ではポンプアップの瀧になってしまいましたね。残念なことです。

そうそう、所在がわからないのは、役行者さんが龍樹菩薩に出会われたという『瀧窟』
こっちを探してみようかと思います。
水量が減ってきたらモーゼの十戒みたいに姿を現したりして。。。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 07, 2007

高祖会

南無神変大菩薩

070209_17360001


今日は『高祖会』。
我らが神変大菩薩さまが摂津国箕面天井ヶ岳より昇天されたと伝承されるご縁日。
蔵王堂でも高祖忌が営まれている。

本宗ではこの六月七日に役行者報恩感謝のための教信徒千衣法要・高祖会大法要を執り行っている。前日には蔵王堂ご宝前において大護摩供を厳修。

今年も行けなんだ。
大阪の空の下でお仕事してます。
一応、朝から自分の壇でプチ高祖会はしました。
いつものお勤めプラスαで。

仕事の請求も要求通り通ったみたいなので、ちょっと気分のいい我が社です。

| | Comments (8) | TrackBack (2)

June 04, 2007

双林寺・大黒天

双林寺・大黒天
今日はパンチ和尚の双林寺に伺った。
目的は、伝教大師作と伝えられている大黒天さんを拝むため。

今年の正月に墓参りの帰りに立ち寄った際にそんな話になったのだ。
甲子の日は仕事があり、大黒天さんのご縁日をすることは出来なかったが、少し遅れて本日お詣りさせていただいた。
尊像は伝教大師作と伝えられているだけあり、すばらしいお方でした。六十日後の再会を願って。

拝み終わってお食事を頂き、パンチ和尚と奥さまと楽しく時間を過ごさせて頂いた。
ごちそうさまでした。

帰りは唐招提寺に間に合いそうにないので大阪に戻り、いつもの新大阪駅東口徒歩三分のインド料理店『パリワール』に行き、ご飯を食べた。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

June 01, 2007

ダイエット?

ダイエット。

とタイトルを付けましたが、おやつに食べてるものは先日圓眞さんから頂いたロッテの『リッチフルーツチョコレート(贅沢ストロベリー)』
これ、ほんまにおいしいです。
もう一つもらった明治のはちょっと私の好きなイチゴイチゴ感が無かったので、ロッテ勝利!ってことで。

さてさて、今月末の奥駈修行に向けて減量に入ろうかと動き始めました。
低炭水化物ダイエットで肉食onlyに浸るも良し、一気に精進に入るも良し?
とりあえず、運動で体の鈍ったのを動かし始めてます。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

« May 2007 | Main | July 2007 »