« April 2007 | Main | June 2007 »

May 29, 2007

甲子大黒天

明日は甲子。

ということで、今晩11時から子の刻に修法します。
子の日・子の刻。

さてさて、仕事を切り上げて黒大豆を煎る作業に入らねば。
打ち合わせの外回りにあわせてお供え物も買ったし、後は急いで1キロの大豆を用意するのみ。

まは~か~ら。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

May 28, 2007

イチゴずくしとあるお方

イチゴずくしとあるお方
昨日、圓眞さんに頂いたお供えもの。

ロッテの『リッチフルーツチョコレート・贅沢ストロベリー』。さらに、明治の『リッチストロベリーチョコレート』。
いずれもイチゴ果実70%使用と、ほんまに贅沢リッチなストロベリーチョコレート。
明日のお不動さんの縁日。大黒天さんの甲子。おついたちと分割お供えにさせていただきま〜す。
そのあとはもちろんお腹の中に。。

……………………

お経にこんな一文がある。
『………今より已後、この諸の神鬼、妄りに恐動をなすことを得ざれ……勅すらく、日遊月殺、土府将軍、青龍、白虎、朱雀、…妄りに東西することなかれ、もし動静することあらば、焼香啓聞せよ、某甲の宅舎はこれ佛金剛の地なり、面二百歩、佛、約言あり、諸疫鬼神、妄りにたごうことを得ざれ、たがえば頭を破って七分となし、身、全きことを得ず…』
頭を七つに割るなど、なかなか激しい内容ですが、お守りくださるお力は絶大どす。
小さい頃から困った時にはこの方を念じよと言われてたなぁ。
パンチ和尚さま、昨日の話での一文はこんなんで〜

| | Comments (5) | TrackBack (1)

May 27, 2007

怒濤の一日

夜行バスに乗り、朝の8時に大阪着。
家に着いたのが8時半。
ちょっと寝て仕事。
夕方に京都に向かい、墓参り。
次に修復依頼をしていた仏さんを引き取りに仏師さんを訪ねる。
んでもって、すぐにパンチ和尚さんの双林寺さんへ。
お寺についてチャイムを押さず、法螺貝で奥様に出てきて頂く。
すぐさま修理依頼のロウソク立ての分解にかかる。
分解したのを車に積み込み終わったところにパンチ和尚さんのお帰り。
晩ご飯を頂き、そのまま八坂の庚申さんに。

八時からのお護摩ににお詣り。圓眞さんもいらっしゃった。
ありがとうございます。贅沢イチゴチョコセット。
今度の28日・不動さんのご縁日。子の日・大黒さんのご縁日。と分けてお供えさせて頂きますね。

日が変わるまでに帰宅。でもって、今から仕事して明日は里の行(エクセルにデータの入力)に専念の予定です。

あぁ~近所の山上講が峯入り後の蔵王堂参拝。それと東京の知人も山上参りの後、吉野下りで蔵王堂に来るとのこと。行きたいけど、里の行はもちろん大事だけに今回はごめんちゃいということで。。。

*************************

追記。
さてさて、夜も明けてきたことですし。庚申待ち終了。
お仕事もだいぶと進みました。
そろそろ寝ます。おやすみなさい。。。 (04:50)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 26, 2007

東京で

東京で
2日間の東京行き。いつものように交通機関は節約重視。
特に今回は神戸空港発のスカイマークが安いと聞き、乗ってみることにした。写真はその搭乗口でのもの。
もちろん、帰りは夜行バスで。

今回の仕事は、いつもお世話になっている異業種交流会の関連企業の出展とその他を見学すること。
それと、数名の方にお話する機会を頂いた。

あとは、どこにも行かず、流行り病で休学中のとある大学で先生と内職にはげんだ。
前回見つけておいた劇レアな次第書。図像もあまり残ってないお方で劇レアですが、学会発表になるかは今のところ未定。
あと、今回は我が家に昔からいらっしゃるお方の江戸期以前の祭祀法がいくつか見つかった。
内容は明かせませんが地鎮祭にも使えるもので、いいもの見つけました。

今回一番印象に残ったのは、この大学附属小学校の子供のかわいくて大人なこと。
持って来た法螺貝に興味を示した子供たち。自然と会話に。そこに親御さんも参加して、さらに。
小学校一年生くらいの子達。かわいいながらもその返答ぶりは大人そのものでした。
『吹いてみる?』の言葉に口金をパクッとかぶったところは全国共通でした。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 22, 2007

木・金は東京

木・金は東京出張です。

木曜日は、仕事。
時間があれば、研究室にも顔を出そうかと思っております。
また、おもしろそうな資料が見つかりますように。。。

特に金曜日は東京ビッグサイトなる大きなところで実家の仕事関係の見本市があるようで、東京出張のついでに向かってみようかと。

土曜日は『庚申』。
早いですね。
といっているうちに来週には『甲子』。
大黒天様のご縁日。申し込まれる方はメールください。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

May 21, 2007

奉納御礼

奉納御礼
『御礼①』
写真は先日山上で撮ってくださったものです。なんかカメラマンさんの腕で実際のうん十倍に写ってますよね〜
バンリさま、ありがとうございます。
………………………

『御礼②』
とある方に護国三部経の一つ『金光明最勝王経』の曼陀羅をご奉納いただきました。大事に掲げて拝ませて頂きます。ありがとうございます。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 20, 2007

神仏習合

昨日は奈良国立博物館に行ってきました。
『神仏習合〜かみとほとけが織りなす信仰と美』

神仏習合に関する品がい〜っぱい。廃仏毀釈前まで神社の横に存在していた神宮寺の本尊やご神像。伊勢の内下宮を曼陀羅や鏡で現した御正体の厨子。
あまりにもたくさんあって、1日かけて回りました。
同時に公開講座『中世神道と神道潅頂』にも参加。講師は茨城大学の伊藤聡先生。
『吉田兼倶の唯一神道名法要集』の記述『両部習合』から『神仏習合』なることばが使われるようになった。
また、神仏習合とは。伊勢における仏教の位置。両部神道(三輪流・御流)。神道潅頂などなど、興味深い内容の講演でした。

今回の講演では初めて耳にすることが多々あり、神仏習合や廃仏毀釈についてお話しする際に役立つに違いなく、感心しまくりの1日でした。

さてさて、今から金峯山青年僧の会総会と公開講演会に向かいます。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

May 18, 2007

観音様の日 『なむか~ん』

今日は18日。
観音様のご縁日でしたね。
朝から拝ませて頂きました。
うちの中尊は正観音さま。そして、昔から我が家で祀られていたとあるお方。
その方は観音と同体ということもあり、観音様のご縁日はちょいと念入りなんです。
そのお方はよっぽどのことがないと御開扉しませんけど。。。。

お供え物は、杏のお酒。Daisyさんからのアメリカ土産。こないだ久々に蔵王堂に来てくれた大学からの友人から頂いた名張のお酒等々。
みなさま、ありがとうございます。
さて、今からもういっちょ拝んでから久々に梅田に飲みに行きます。

*************************

明日は奈良国に『神仏習合』を見に行きます。

で、日曜日は昼から『金峯山青年僧の会・総会』
昼から難波のスイスホテルで。
総会の後、一般の方にも無料で講演を聴いて頂けます。
講演は、師僧・田中利典先生、加門七海さん、正木晃先生。
その後懇親会がありますが、これは急に参加は無理ですので。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 17, 2007

遠方からのお越し

遠方からのお越し
今日は朝からお〜忙し。
開眼依頼の香合仏を拝んでいると先日の地鎮祭宅から電話。すぐに飛んでいき対処。気を使っていただきお昼までいただいた。
社長と話すこと1時間。次の予定のため失礼させていただく。

実は今日遠くアメリカからミクシ繋がりでDaisyさんが来阪くださった。
梅田まで迎えにあがりそのまま祭壇を置いてあるとあるビルへ。
到着し、すぐに用意して拝み始める。しばらくして一緒に『金峯山勤行儀』を唱えた。Daisyさんは毎日拝まれていて、しっかりお唱えくださった。
海の向こうで一人でお唱えされているにもかかわらず、すばらしいお経でした。いろいろとお話もさせて頂いた。
まだまだお話したかったが、駅までお送した。

海の向こうから見知らぬ行者に会いに来てくださり、ありがとうございました。いいご縁を頂いたと感じてます。また来阪の際はお立ち寄りくださいな。

写真はDaisyさんがお土産にくださった『イカしゅうまい』と私自作の鯛のアラ炊き。共においしかった〜
頂いた美味しそうなお土産は多数あり、まだまだおいしい毎日が続きます。ありがとですぅ〜

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 15, 2007

週末

週末土曜日は兄弟子の自坊の開山3周年大祭でした。
第一部は、法華懺法。
第二部は、採灯護摩。
お導師は、法華懺法がお師匠様。護摩が東南院さん。
私は共に出仕させて頂きました。
いつもながら、法華懺法は気持ちいいです。はい。
お護摩は。。。熱かった。
承仕につきましたが、熱かった。
汁餅菓の餅が膨らむくらい。。。

*************************

日曜日。
以前からお世話になっている社長さんの別宅の地鎮祭。
風の強い一日で、御幣等々を固定するのに大変だった。
法螺と共に始まった地鎮祭。
皆さん共に般若心経などをお唱え頂いた。
地鎮祭の大切さをお話しして式を終わらせた。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

May 10, 2007

六十六部 廻国行者

あぁ~杖の練習にも行けなかった。今晩もお仕事です。
*************************

六十六部あるいは六部と呼ばれた廻国行者がいた。

法華経を納経するため日本国六十余州を廻国した修行者。その身なりや米や銭を請う姿から乞食とも。

このところ、御幣を切ったり、次第を書くためにいろいろな本を見ていると、廻国行者は以下の勧請文を唱えていたことが記されていた。
……………………
南無帰命頂礼 懺悔懺悔 六根清浄
法の華を日本六十余州の高神に捧げ奉らんと
この座に御招き奉る神々のご尊名は
南無羽黒山大権現・南無月山大権現・南無湯殿山大権現は羽黒三山におわすなり。
南無三峯三所大権現は岩木山におわすなり。

南無武州蔵王大権現は御岳山におわすなり。

南無王御嶽座王大権現は御嶽山におわすなり。

南無蔵王大権現は金峯山におわすなり。:
南無金峯四所権現は金峯山におわすなり。(山口県)

南無石鉄山大悲蔵王権現は石鎚山におわすなり。

云々
……………………
今挙げたのは蔵王権現に関するものを主に、その一部である。
ここで注目は山口県に金峯四所権現なる権現さまが坐ます(坐ました)という点。山口県の蔵王権現さまが祀ってある山は既知だが、四所ってとこが気になる。探して見ようかな。。

他に列記されているのは名だたる霊峰霊山の権現さま方。
この六十六部廻国にもいつかは行きたい。。。

| | Comments (7) | TrackBack (1)

May 08, 2007

8の日

8の日

今日は8の日。いつもながらの月詣りで知り合いの神社の八大龍王さんに。

この龍王さんは夢にお出ましになったお方。
毎月8の日にはこの『八大龍王社』に月参りさせて頂いております。
神仏習合万歳。
神社で堂々と前具をしつらえて、時には護摩、時にはだ~いはんにゃなどなど好きに拝んでおります。
今までの参加者は吉野桜さんと真澄くんくらいかな。機会が有れば、ご同行くださいませ。

あまり、先の話はネットで書くと思わぬ反響が来るので記事を改訂しました。期間限定ということで。

*************************
○追記
お詣りに行こうと高速に乗ったところ、扇町の入り口から見かけた車が合流してくる。その車は東大阪に向かって走っていく。まさかと思いながら後ろにつけると、運転しているのはなんだか丸い頭のお方。
むむ!同じ臭いがする。。。
と車を横につけたところ、お師僧様のご友人であるT先生。奥様、みよちゃん、一門の皆様のご一行でした。
びっくりしたねぇ~

8の日

これは今日のお供え物。亀田製菓のちぎれもち。これ黒豆が入って、おいしいよ~

| | Comments (9) | TrackBack (1)

May 05, 2007

ドトール・キャラメルプリンラテと太融寺お詣り

ドトール・キャラメルプリンラテと太融寺お詣り
ドトール・キャラメルプリンラテと太融寺お詣り
昨日今日明日はお仕事。
としながらも、腹ごなしにお散歩。
コースは自宅のある天六から梅田・太融寺にお詣りして天満経由で帰宅。
太融寺ではなにやら法事が営まれており、お不動さんにだけご挨拶。
帰宅途中にはつつじの咲く関テレ横の扇町公園を通過し、JR環状線高架近く商店街内のドトールコーヒーに。
ドトールコーヒーでは、『キャラメルプリンラテ』なる新製品があり、プリン好きとしては気になっていたもの。
感想としては、おいしかった。始めのうちは間違いなく『プリン』。キャラメルが上手くプリンを醸し出してました。
作務衣の上着に頭陀袋。昼の日中にプリンラテ。なんとも贅沢な時間です。
商店街の賑やかさが折角のまったり感を消し去ってくれてます。

さて、家に戻って仕事と週末の地鎮祭の用意と次第のチェックで〜す。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 04, 2007

大峯 戸開式

母なるお山・大峯 戸開式
母なるお山・大峯 戸開式
大峯・山上ヶ岳にある大峯山寺の戸開け式が5月3日早朝3時に行われた。
今回同行のメンバーは、急遽行けるようになったk師と毎年一緒に戸開式に登らせていただいている本宗の行者さんと3人。
なんやかんやで出発が遅くなり、東南院山上山籠所に到着したのが晩の6時。風呂と夕食を頂いた.夕食では大峯山寺の役講の一つ岩組桜宮の講元さんにおいしい湯葉をごちそうになる。
3時からの戸開け式に備えて就寝。一時間前には起床して身支度をし、山上本堂(大峯山寺)に向かう。
山上では阪堺役講の提灯が本堂前の広場に続々と集まり,しばらくして山上本堂の鍵を持った御輿が広場を練り歩く。
その後、待ちに待った本堂の扉が開き、行者たちは次々に本堂になだれ込む。内陣参拝し、山上の蔵王権現さま、高祖・神変大菩薩さまに『今年もよろしくお願いします』とご挨拶。

夜が明けて、もう一度本堂にお詣りの後、下山した。

本堂横ではカメラマンの方に出会い、なかなかかっこよく撮していただく。行者大集合の方に近日アップできるかと思います。

k師は今回新客でしたので,快晴の西の覗きで行場修行を堪能して頂きました.次回は裏行場にね!

『懺悔懺悔六根清浄』の山念仏と共に母なるお山に入り修行することで一年の積もり積もったものをそぎ落としていただける.今回の登り初めの辛さは,よっぽど積もってたンかと思いながらの登拝でした.

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 01, 2007

おついたち

おついたち
一日ですので、この一ヶ月をよき月にとご挨拶。

今日のお供え物の一番は昨日お参りにきてくれた友人からのお酒。
その名も『真秀』。『まほ』と読むそうで、我が一番弟子の名前と一緒。蔵元を見ると、昨年お祭りに雅楽で呼んでもらった三重県伊賀の『若戎』でした。

お供え物、ありがと。うちの仏様方にお願いしとからね〜

そういえば、真澄くんのお酒もあったな。『真澄(ますみ)』

| | Comments (3) | TrackBack (0)

青年僧の会 法華経不断行

29日10時から30日にかけて、金峯山青年僧の会により蔵王堂奥・本地堂において『法華経不断行』を行いました。
蔵王堂にお詣り頂いた方々には春の観桜期に本地堂を特別拝観していただけますので、不断行に随喜いただけました。

一昼夜、交代して法華経二十八品を読誦。陀羅尼品など日頃読みなれない部分もありましたが頑張って読ませて頂きました.
弟弟子さんは始めだけでしたが参加されました。

結願法要には私の大学時代からの友人家族もお詣りくださった。久しぶりに合って元気な顔を見れてうれしかった。またおいでね〜

自分の反省点としては,毎年のことですが読み込んでおけばよかったと...そうしておればもっとしっかり読むことができたはず.
来年こそは!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »