« November 2006 | Main | January 2007 »

December 31, 2006

御礼

今年もいい出会いをいただきました。一年ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大晦日に竹生島・宝厳寺

大晦日に竹生島・宝厳寺

大晦日に竹生島・宝厳寺

大晦日に竹生島・宝厳寺

大晦日に竹生島・宝厳寺

東京からお客様がお越しになると連絡が入ったのは一昨日。
滋賀県琵琶湖に浮かぶ西国観音霊場・宝厳寺に行かれるとのことで、先達にとのお誘いを受けた。
大掃除を済ませて家を10時に出発。長浜着が12時半。長浜港1時前着。長浜港から船に30分のり目指す竹生島に。
この宝厳寺は聖武天皇が天照大神から
『江州湖中に小島あり、弁才天降臨の聖地なり。堂塔伽藍を建立して祭供すれば、国家泰平五穀豊熟万民利益おおからん。云々』
との神託を受け、勅使に行基を遣わしてこの島に堂塔伽藍を建立。行基は自ら『弁才天女』を刻んだ。
次に弁才天女が行基に
『この島は八角水精輪南方補陀洛山観音の浄土に同じ、大悲の像を安置すべし』
と告げた。行基は『千手千眼観音』を刻み安置した。

弁才天ご宝前で勤行を始めたところ、幼稚園くらいの子供が私の脇に立ち、かわいい顔をして覗き込んできた。
そのあと観音堂、帰りの船内でもその子はニコニコしながら近くで遊んでいた。
観音霊場というより、弁才天の坐ます島と感じた。
小さい頃から約二十年ぶりに訪れた竹生島であったが、また弁才天に会いに行きたく思った。

あの島は長居できないのか?
次回はじっくり宝前で拝みたい。

写真は、竹生島と真宗長浜別院門前で食べた琵琶湖名物『鮒ずし』。おいしかった〜

| | Comments (2) | TrackBack (1)

December 28, 2006

mochitsuki

mochitsuki

mochitsuki

金峯山寺の大餅つき大会でした。
朝八時から餅つきスタート。
皆さん粉まみれになりながら蔵王権現さまや他の神仏にお供えするお餅をせっせと丸めていきました。
今年一年の感謝と来年一年の幸せを願いながら。

今回は知人もお手伝いくださり、笑い声の絶えない餅つきでした。

ここで『鏡餅』について。
鏡はご神体ともされることから、年神様が宿る鏡を丸い餅に見立てたもの。
上に乗せる『橙(だいだい)』は『代々』に通じている。
『うらじろ』は昔『穂長』といわれ、穂は稲、白色が米に通じているめでたい植物と考えられていた。

今日の鏡餅は光ってました。まさに鏡。
10年放置しても腐らないプラスチック容器に入った防腐剤いっぱいのお鏡餅。小さくても、すぐに下げてもいい。お正月くらいはいいお餅をお供えしませう。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 27, 2006

作戦会議

先ほど、後輩のこたつ君と作戦会議を終えました。

大層に言っとりますが、ただのご飯に行っただけです。
内容はもちろん作製中の作品と今後の展開について。

またまたアイデアを出し合ったので、来年早々には御披露目できるかと思います。乞うご期待!

こんなん言い過ぎると、ハードル自分で上げてますよね〜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2006

ごちそうさまでした

おいしかった...

こないだの庚申さんの前掛けのお礼にと干物を頂いた.
これがまた絶品.
まずはさんま.脂の量も塩加減も,さらには味も絶品.
調子に乗って,引き続きアジ.
これまたおいしいの何のって.

はい,いつもながらに食い気に走って写真撮るの忘れてました.

いつもこのブログチェックしてくれてるお父ちゃん,お母ちゃん.
この場を借りて御礼申し上げます.

これから連日,うまうま魚でご機嫌な夕食で~す.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 24, 2006

1日掃除

1日掃除

1日掃除

世の中はクリスマスイブ。ですが、朝からじっくり我が壇の神仏にお勤めしてからトイレ掃除。まずはウスサマさんにお礼を込めて。
年末ですので大掃除。私のパートである庭の植木の剪定をしとりました。イブだけにラブラブな二人が通りを歩くのを横目にパチパチとやってました。今年の出来はまあまあかな。
続いて部屋の中を掃除。このところ片づいてないので、気合い入れて頑張ってます。
写真はお庭の植木。こんなもの。
2枚目は頂きものの『イチゴわいん』。おいしかった〜♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

前掛け

前掛け

前掛け

知り合いのお方から仏様の前掛けの話を聞き、購入の話しになりましたがいいのがない。。。
んでもって、手芸屋さんに立ち寄り生地を買い、早速作りました。
ミシンという文明の利器がありながら、全部手縫いで。
なかなかいいものができたかと今回も自画自賛。
見えないところにちょっと工夫を込めました。仏様、喜んでくださるかなぁ〜♪

| | Comments (4) | TrackBack (3)

December 22, 2006

冬至によりナンキンを頂く

冬至によりナンキンを頂く

今日は冬至。
冬至のお題で書かれているブログがかなり沢山ありました。

冬至に南瓜を食べると風邪にならないなどという話があります。
ということで、仕事を終えて自宅に戻り炊事。本日のメニューは、『なんきん(南瓜)の炊いたの』、『ぶりの照り焼き』、『具だくさん味噌汁』。


我ながら今日のメニューはおいしく作ることができましたよ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 21, 2006

今日はなんだかいいお酒をいただきました.

お昼,後輩のこたつ君から電話.
いろいろあって今の仕事場を離れることになったと.
そう思っていると,K師との忘年会のことを思い出した.
梅田付近で探したがどこも満席.近くの天満駅周辺で居酒屋で鍋コースを注文.チゲ鍋の魚バージョンをリクエストした.
今回はコタツ以外にk師,饂飩屋さんと私で4人.
これからのコタツの動きなどを楽しく話し合った.
八時から約三時間.なんやかんやと盛り上がり,お開きして自転車で帰ってきた.

困った時に電話くれたこと.
大学時代の後輩とはいえ,自らの転機に私を思い出してくれたこと.
それに応じて助け船のように今日という日にk師や饂飩屋どんと鍋をつつく約束をしていたことを神仏に感謝しながら帰ってきた.

はてさて,どこまで彼の力になれるかは疑問だが,できる限り応援してあげたく思っている.

皆さん,この後輩『こたつ』君は,仏具の飾り金具全般を手彫りで行います.
華籠や華曼,いろいろな仏具も本手彫りで作ります.
我が『日本雅友会』の舞楽装束の束帯の飾りには彼の作品が使われており,宮内庁式部職楽師の先生方にもその飾りをお褒め頂きました.
こんなもの作って欲しいなどと思われる方々はお知らせ下さいませ.

今日の場で1ついいアイデアが出ましたので,近々『権現堂』でご紹介します.

| | Comments (8) | TrackBack (0)

December 20, 2006

昨晩というか今朝の夢は新しい夢でした.
***********************************
わたしは行者装束で山には入っている.
行場をいくつも修行し,たどり着いたのは山寺.
何故かそのお堂の前ではなく,空を見渡せるくらいの距離で,お堂を遠くに見ながら何かの作法をしたところ,1つ1つの動作に空が反応し,木々がざわめき,雨・雷,そして快晴になった.
そして,お堂に入る.
堂内・庫裡であろうか,各部屋を周った.昔ながらの建て方のお寺.
間は覚えてないが,本堂に入って目が覚めた.
***********************************
なんとも,うろ覚えであるが,なんとも気持ちのいい行場とお寺だったように覚えている.
最近お疲れモードだった身体も,短い睡眠でしたが,なんだかすっきりした感じ.

大学時代に読んだ岩波新書の本に著者は忘れたが,『夢』についての本があった.
そこには寝ている間にみる『夢』には寝ている間の環境や,もしくは寝る前に見たり聞いたりしたものの影響が多分にあると.
例えば,寝ている時に『バン・バン!』と耳元で音を鳴らしたならば,夢の中では銃で撃たれた夢をみる.
また,耳元でささやいたいくつかの言葉を連想する夢をみるのだと.

今回の夢はこの場合には当てはまらないが,ただの夢か,何かの潜在意識の中にあるものの顕れなのか,はたまたご啓示であろうか...
今晩もアンテナを研ぎ澄まして寝るとします.

| | Comments (5) | TrackBack (0)

眠い...

先ほど食事から帰ってきて,再び仕事に就いております.

なんせ眠い.
仕事がんばるぞ~い.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 18, 2006

高野豆腐

家に貯まっているお下がりの『高野豆腐』.
この量が半端でない.

高野豆腐の炊いたものや,卵とじなどはメジャーであるが,私の食事作りに費やす時間は30分.
それ以上は時間をかけてられない.
なので,なかなか炊き合わせなんぞも作っていない.

となると,貯まる一方の『高野豆腐』....

そこで,考えた.
具だくさんみそ汁の具としての役割.
はじめは大きいままみそ汁に投入していたが,食感がよくない.
そこで,一度お湯で戻して柔らかくして小さくしてから入れると,食感も柔らかくおいしい.

元々,みそ汁に入れようと冷蔵庫から出してきた豆腐が傷んでおり,高野豆腐で代用できるかとやってみたのが始まり.

味は味噌汁だけにみそ味ですが,ちょとした具として飾り麩と同じと考えて見ては如何でしょうか?

次回はちゃっちゃと『カレーライス』を紹介します!

| | Comments (3) | TrackBack (1)

December 14, 2006

学んだ

今日はいろいろと学ぶことあり.

細かいことは書かないけどね.

ちょっとお疲れモードです.

さてさて,明日も昼から外回りですので,今のうちに仕事を片づけねば....

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 13, 2006

卵とじそば

お昼のメニューは『卵とじそば』.

作り方は,
①そばをゆがく.湯がきすぎに注意.
②そばを鉢に盛る.
③市販のめんつゆ :水 を 1:3 の割合にして,火にかける.
④沸いてきたら,溶き卵とネギ・ごま油少々を混ぜたものを投入.
⑤つゆを鉢に入れて出来上がり.

注)めんつゆを作る間,麺を放置しますので湯がきすぎにはご注意です.

最近,外食が多いので,お昼くらいは軽めにと最近このメニューが多いです.
製作時間10分くらい.
結構早くておいしくできるので,是非お試しあれ!

今回,写真はありません. 
最近食欲が勝ってしまい,写真を撮るのを忘れることが多々あり.
写真なしのブログってあきませんよね.

| | Comments (4) | TrackBack (1)

December 12, 2006

京都墓参りと生身の釈迦。

京都墓参りと生身の釈迦。

京都墓参りと生身の釈迦。

週末、京都へ墓参りに向かう。さすがにさぶいためもあってか、人もまばら。花を供えて、線香をあげ、お経をあげる。この時ほど在家ではあるが僧侶になってよかったと思う。

京都ではJRの社内刷り広告にある光源氏の顔を写したと言われる阿弥陀如来が美しくて、思わず足を『嵯峨野の釈迦堂・五台山清涼寺』に向ける。
ここは『生身の釈迦』をご本尊としてお祀りしている浄土宗のお寺。ちょうど冬の特別ご開帳で、この『生身の釈迦』に出会うことができた。
この『生身の釈迦』は胎内に絹製の『五臓六腑』が納められていたそうな。またインド・中国、そして日本にお越しになった三国伝来のお釈迦様。
更には『耳』『鼻』『口』が胎内の孔、口からは食道があり、内臓の『五臓六腑』までつながっているんです。当時のインドでの医術などのレベルの高さもさることながら、胎内の五臓に色が配されているのを見ると五行との関係も既に仏教に取り入れられていることにも驚いた。
他には、堂内に五臓六腑に納められていた仏舎利を納めた五重塔がある。各階の小窓からお舎利をはいすることができるので、必見です。
ほんと、お釈迦様とのまさかの出会いに感謝!

写真は境内にある『あぶりもち』。おいしかった。きな粉と白味噌の味がした。一度家で作って見ようと思う。

当初目的の『阿弥陀仏』は一般には公開されていないらし、ダメだった。

ご朱印も頂き、満足なお参りでした。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

December 08, 2006

久々

昨日は友人が関東から比叡山に来ていた。
なんでも、大事な親授式があるとのことで奥さんとかわいいお子ちゃまを一緒に。

仕事を終わらせて、途中京都駅でk師と待ち合わせて、一路比叡山坂本駅へ向かった。
三人での飲み会かと思っていたが、思わぬうれしい参加者・お子ちゃま登場!
もちろんべっぴんさんの奥様も。
晩8時集合だけにそう長くは話せなかったが、かわいい子の話で楽しい時間が過ごせた。

『また来いよ〜♪』

| | Comments (5) | TrackBack (0)

December 07, 2006

今日もイチゴ祭り2

今日もイチゴ祭り

今日もイチゴ祭り

はい。今日もイチゴ祭り。

ちゃんとお供えしてから頂きましたよ。ありがとうございます。

バナナ・牛乳と共にミルサーでジュースにするのもおいしいです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 04, 2006

昨日は...

昨日の金峯山寺蔵王堂

昨日の金峯山寺・蔵王堂はちょうど得度日。山人先生はご自坊の護摩でご不在でした。

蔵王堂に到着したのがちょうど得度終了時。月の第一週だと言うことも忘れてました。k師をお連れしたのに蔵王堂が閉まっていたら恥ずかしいところでした。

お詣りと堂内を案内して東南院、貴蔵院・桜本坊と吉野を案内したところでだいぶと暗くなり、さぶくもなってきたのでリタイア。山を下りました。
帰りはk師ご推薦の本格家庭中華のお店に。店員のお姉さん(中国人)の仏様の不思議体験話で盛り上がり、気づけば10時過ぎ。家にかえりました。

それにしても、昨日はさぶかった。晩ご飯までに温泉に行こうと探したところ、吉野からは遠いですが、野半というところに蔵の湯なる温泉がありました。地ビールもあるようですが、温泉と建物の雰囲気がよかった。


お詣り。温泉。おいしいもの。最後に冷たく甘い私達の合言葉『つめあま』なるデザート。と、楽しい日曜日でした。

写真は中華料理店に飾ってあった花結び。職人技に触発されそうです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 02, 2006

今日もイチゴ祭り

今日もイチゴ祭り

ふ〜

雅楽の会の反省会兼忘年会に行ってきました。。
それも手ぶらで。
いつもの頭陀袋に大事なものが入ってあると思いながら。。。。

宴会の始まりに会費の徴収になったとき、財布がないのに気づいた。
はい、立て替えてもらって恥ずかしい思いしました。


写真は今日のお供えにコンビニ寄って買ってきたイチゴのお菓子。今日もイチゴ祭りです。

明日は朝から吉野にお詣りに行ってきます。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

一日.

昨日は一日長かった.
ようやくブログを書く気分になりました.

0時から甲子のご縁日をさせて頂き,そのまま御守り作りやらで寝たのが4時.
7時に月参りの会社社長が迎えに来て下さるとのことで起床は6時半.
そこから会社に向かって,用意等して拝み始めたのが7時半.
一時間ほど拝んで仕事の話.(これはちょっと工学的な方面)

んでもって,10時から薬品会社の営業さんと朝食がてらの会議に同席.
一時間話してそのまま大阪南港にあるインテックスに.
仕事関係の会社がブースを出しているとのことで見学に.
2時まで見本市会場でぶらぶら.

そのまま社長宅にいき,証券会社の営業マンとの株のやりとりを横で聞く.
引き続き社長と病院に.なりゆきのままインフルエンザの注射を受けることに.
注射を受けた後,その医院の台所で果物を頂く.なぜか書道の練習が始まる...

k師と食事に行く約束をしていたので,途中の地下鉄の駅で降ろしてもらい梅田へ.
晩ご飯と,終わっての『つめあま』なる冷たく甘いものを頂く.

最終バスで帰宅.
そのまま朔日のお祀りをさせて頂く.
といった一日でした.

なお,今日は朝から家の仕事で図面の訂正があり.
さっき開放されました.

さてさて,夕方から雅楽の会の忘年会です.
それまでHPの訂正なんぞしておきます.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »