« September 2006 | Main | November 2006 »

October 26, 2006

伝法灌頂会 終わった...

腰が痛い...

無事,金峯山伝法灌頂会が終わりました.
山人先生,ありがとうございました.
一会目に開壇灌頂に入らせて頂き,無事終わり,その後は護摩の代修や礼拝行の助法,事務所の番人等々,お手伝いをさせて頂き,今朝始業前に戻って参りました.

ちと疲れが腰に来て,ただいま歩みはトボトボ...
恥ずかしいので外出できません...

今回もいろいろ勉強させて頂きました.ほんとに.それは後々少しずつ書いていきます.

また,北海道別院の院主さまにはお世話になりました.
なんでも,そろそろ北海道別院のHPも院主さまの指導の元奥様が作成され,立ち上がるそうですので,北海道の方々は乞うご期待です.

| | Comments (7) | TrackBack (1)

October 17, 2006

金峯山 伝法潅頂会

明日から金峯山寺では伝法潅頂会を執り行います。

私は明日から入り、出堂は20日。そのまま助法で25日まで。
25日は別動隊で体験ウォークに引率で行くとのことを“今日”知りましたが、果たして大丈夫かな?
明日昼からはメールも出来ずですが、結縁潅頂に来られる方々、お待ちしておりま〜す。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

October 16, 2006

石山寺と蔵王権現

むか~す,むか~す...

聖武天皇が大仏を金で覆って欲しいとおっしゃったそうな.
そこで勅命を受けた東大寺の良弁僧正は考えた.

『そう,吉野に金峯山という山がある.
そこに行けばきっと金があるはずだ...と』

良弁僧正は蔵王権現に『黄金を授けたまえ』と祈った.

蔵王権現はこの願いに..
『金峯山の56億7千万年の後,弥勒下生の時に使用する金であるから,大仏にはわたせない...』と仰ったそうな.

それでも良弁さんは祈った.
すると,蔵王権現様は
『滋賀の石山に観音さまをお祀りせよ.さすれば,金が得られるであろう』と.

良弁僧正は,滋賀に石山と言うところを訪ね,観音様をお祀りした.
そう,これが西国札所『石山寺』である.
観音様を祀ったところ,奥羽から金が発見されたとの知らせが入り,大仏様は晴れて金で覆われることになった.

そのお陰なのか,東大寺二月堂のお水取り行事で唱えられる日本全国の神々の名が書かれた『神名帳』において,蔵王権現は『金峯大菩薩』と筆頭に呼ばれるのである.

また,石山寺の本堂掛け仏には,本尊・如意輪観音の脇に,執金剛と蔵王権現が掲げられ,厨子にも蔵王権現が祀られている.なお,現在は内陣特別拝観として厨子の右側に修復された蔵王権現と,心木が安置されている.

余談として,お水取りは東大寺と若狭だけの話だけではなく,若狭から東大寺に送られたお水がこの石山寺の下を流れており,毎年本堂の下にある閼伽井において若水を汲み上げ,法要に用いると.
***********************************
 東大寺・大仏→金→金峯山
  ↑        ↓
 お水取り←石山←金剛蔵王権現
***********************************
なる面白いループが出来ました.


| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 11, 2006

ふぅ~

大黒さんのお下がりで作ったきな粉の発送作業をしていたところ,とある方に送ってあげたくなった.

それは,以前にも書いたかと思うが,一昨年の金峯山寺蔵王堂でのご開帳で出会ったお母さん.
自らはガンにかかりながら,力強く.毎月のように蔵王堂にお参り頂き,蔵王堂で参拝者にお話しさせていた私はその姿に自分の母を投影していた.

先ほど,久々に自宅に電話してみたところ,ご主人がお出になり,亡くなられたと聞かされた.

蔵王堂でのお役を終えてからは時々電話で連絡を取っていたが,入退院を繰り返すために連絡はとぎれとぎれであった.
そのお母さんに少しでも回復への力添えをと考え,『人形(ひとがた)加持』を行っていた.人形加持とは,人の形を描いた紙に名前を書いたものをお加持することによって遠隔によってお加持するもの.
その人形の願意の欄には,自分の病気平癒とは別に『皆が幸せでありますように..』と書かれていた.自分の身のことはもちろんであるが,その身でありながら皆が..という心に母を感じていた.
我が母もそうであったが,病身であったがキラキラした方であった.

ふぅ~久々に泣きました.
今から佛さんに今までのお礼と安らかにとの旨を言ってきます.
はぁ~間違いなく,も一回泣くと思います...

 お母さん,やすらかに.

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 10, 2006

日本雅友会・雅楽演奏会 ご招待!

私が入会しております雅楽の会『日本雅友会』の定期演奏会の定期演奏会を行います.
今年は,みかぐら(御神楽)なども見物です.
宮内庁楽師・池辺先生もご出演くださいます.

日時: 11月 4日 (土) 午後6時半開場.
場所: 新大阪メルパルクホール (JR・地下鉄 新大阪駅から徒歩5分)

演目: 第一部 管弦 黄鐘調 音取・海青楽・越天楽
     第2部 神楽 久米歌
          なにわ神楽 瑞垣 他
     第3部 舞楽 抜頭

私は,全部に出演.管弦は琵琶,久米舞は付け楽の龍笛,なにわ神楽はちゃんぽん(小さいシンバルみたいなもの),舞楽は鞨鼓です.


ご覧になりたいという方がいらっしゃれば,ご招待させて頂きますので,メールくださいませ.dr_ganjp@yahoo.co.jp

| | Comments (5) | TrackBack (0)

October 08, 2006

修多羅作製

修多羅作製

先日、修多羅の作り方を書いた冊子を頂いた。
とりあえず後ろだけかかってみた。

まあまあの出来かと。
引き続き、前部分にかかろうかと。出来上がりが楽しみです。

F様、ありがとうございます。ほんとに楽しいです。細かいところは写真から頑張って解析してます。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

October 05, 2006

ちょっとお疲れ.

このところ,新たな仕事をする話になり,その打合せと勉強.
そんでもって,年度末決算に加え,仕事として受けているHPの作成などなど.
座ればイスにずーっと,打合せに行けば帰ってこられない.
帰れば皆の食事の用意.....
他にいろいろあるし.

はぁ~
ちょっとパンクしそうです.
こんな時,佛さんの前で勤行してるのが一番の安定剤です.
とりあえず,週末休みの真澄君とのお参りと雅楽の合奏練習だけを楽しみに,後二日走ります!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 03, 2006

甲子大黒天ご縁日

甲子大黒天ご縁日

甲子大黒天ご縁日。
庚申から、さる・とり・いぬ・ゐ・ね。
このところ出かけていることが多く、昨日は一日の縁日をお勤めしたところ。気づけばいつもの黒大豆を煎るのを忘れてました。
打ち合わせして夕方に戻り、大豆を煎って晩御飯作って。。。。
そのあとしっかり拝ませていただきました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 02, 2006

宝棒完成!

宝棒完成!

先日お越しの方は本来『宝棒』をお持ちなんどす。

残念ながら、その宝棒をお持ちでない。
ということで、作りました。写真の通り。上下に如意宝珠をイメージしてみました。
さてさて。次は彩色に取りかかろうかと。年賀状用の金色の筆を購入してきましたので、それで塗ってほんとの完成です。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

油断大敵

ほんま、あほです。
出かけようと駅で切符を購入。慣れない方法で購入したため、券売機の前で四苦八苦。
ようやく購入して一安心。。。

って、左手に持っていた財布がっ。。。ないっ!

あっちゃ〜。いや、あいたたた。
あまりのショックにしばしぼう然。
すぐに頭を切り替え捜索に。

明らかに手放したのは、あの券売機前。しかしながら、どこにもないっ!

探しまくった末、近くにいた駅員にヘルプを求めた。すぐに駅員は、
『財布ですかっ!』
といってどこかに走って行った。
しか〜し、待てども待てども駅員は戻ってこない。
カバンの中身を広げて再度確認。もちろん、財布の跡形はない。

まずは構内の警察に言ってみたが,梨の礫.
次に,構内すべての忘れ物が集まる場に行った.
事情を説明し,探してくれた.すると,なくしたと思っていた付近でお客さんが拾ってくれていたそうだ.

『ふぅ~一安心』

と思ったが,係の人から
『少々お時間頂きたいのです...手続きがあるので...』

『あ,あ,はいっ...』
新幹線の出発時刻は刻々と迫っているのでした.
直前になって財布は届き,急いでホームまで走り無事出発に間に合い,週末の旅行が始まりました.

ほんと油断大敵です.
今回の旅行記は後日.

| | Comments (5) | TrackBack (1)

« September 2006 | Main | November 2006 »