« 金峯山青年僧の会 法華経不断経修行会 | Main | ふと »

May 03, 2006

大峯山戸開式

大峯山戸開式

大峯山戸開式

大峯山戸開式

大峯山の山開きである『大峯山戸開式』が、今日3日早朝二時から行われた。
本堂前寺務所での鍵渡しの後、本堂前では鍵をもった人馬が練りまわり本堂になだれ込んだ。
真澄くんと龍光さん、登り途中出会った男の子は秘密の行者さんに参拝のため入堂した。

さて、この大峯山寺とは。。

御開祖・役行者神変大菩薩様が大峯山系の山上ヶ岳(俗称・大峯山)において一千日の修行を行った。この折、弁財天や地蔵尊が現れたが、求むる仏尊ではなく、行者さんはぶん投げた。次に現れたのが釈迦如来・千手観世音菩薩・弥勒菩薩が現れたがこれも違う。再度祈りをこらしたところ現れたのが『金剛蔵王大権現』である。
役行者は桜の木に蔵王権現のお姿を刻み、山の上と下に安置した。これが山上本堂と山下の蔵王堂である。この山上山下の蔵王堂を含む一帯を『金峯山』といった。
明治の廃仏毀釈以後、金峯山は分断され、現在山上本堂は『大峯山寺』。山下の蔵王堂は『金峯山寺』となっている。

ほんまは山上も金峯山なんやけどなぁ〜

行き帰りのルートは五番関。道中には雪が所々残っていた。気温も低く、なかなか過酷な戸開けとなりました。
今はそのまま吉野に戻り作務をしております。11時就寝の一時半起き。それから起きたまま下山。なにせ眠いっ!

|

« 金峯山青年僧の会 法華経不断経修行会 | Main | ふと »

「お詣り」カテゴリの記事

Comments

 先生、お供させていただきありがとうございました。

今年も山上さんで行をさせていただける喜びを感じ、
いくつものご縁をいただいてよいお行ができました。

津風呂湖よかったですか?

Posted by: 真澄 | May 07, 2006 at 07:57 AM

こちらこそ.一緒に戸開けに行けてよかったです.
ほんと今年も山上にお詣りさせて頂けてよかった.

津風呂湖よかったですよ.
子供さんが待ってたとはいえ,真澄君には山上参り・上堂・作務といろいろしてもらったのに風呂もなく,ごめんね.
ご飯食べてちゃっちゃと帰りました.
ほんまに眠かったしね.

Posted by: 真成 | May 09, 2006 at 10:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71834/9881377

Listed below are links to weblogs that reference 大峯山戸開式:

« 金峯山青年僧の会 法華経不断経修行会 | Main | ふと »