« 宀一山 室生寺 | Main | ウェルカムのこころ »

May 10, 2006

俊乗坊重源

K師からのお話しから俊乗坊重源さんについて.
只今,奈良国立博物館で『800年御遠忌・大勧進 重源』が開催されております.画像は奈良国のHPから拝借しました.

Chogen01s


なんでも重源は醍醐寺で得度された真言僧とのこと.
また,役行者との関わりが深い室生寺から如意宝珠を掘り出した.
ということは,聖宝理源大師や良弁上人と同じくもしかしたら金峯山との関係があるかと思いちょっと調べてみました.


すると...こんなことが.

重源さんは東大寺再建のために周防国を訪れた.それは資材調達のためにこの周防の国が当てられていたようです.
その周防のなかでも徳地という場所を訪れ,材木を調達したとのこと.
今では『重源の郷』なるリゾート施設がつくられております.

ここで,もしやと思いこの『徳地』というところをYahoo地図でしたべたところ,なんと近くには『金峰川』が流れ,『金峰山』なるお山がありました...
実際は防長という地区にあるらしく,その地区には『吉野』という地名があると.

さてさて,金峰山の成立が先か,重源の足跡が先かはまだ調べる余地がありますが,なんともおもしろい話になるかもね...

ちなみにここは『きんぽうさん』またの名を『みたけさん』というそうです.

追記.
調べてみるもので...
まず,重源さんは19歳で初めて大峯に登拝し,五度入峯していた.熊野・御嶽・葛城にも.
『金峰神社(山口県)はこの地を開いた熊野修験者が氏神として,守護神として神亀年間(724~728)に吉野蔵王権現を勧請したものという.』
重源が1121年- 1206年であるから,蔵王権現の金峰山は既に存在していた.ということでした.

|

« 宀一山 室生寺 | Main | ウェルカムのこころ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

当時の、大峯信仰の深さとその影響力の大きさに驚きます。よくぞ調べてくれました。ありがとうございます。

Posted by: 武蔵野閑人 | May 10, 2006 at 10:04 PM

ありがとうございます.
暇なやつやなぁ~と思わているかも知れませんが,こういう小さい話を少しずつでも繋げて残していくことも大切かと思っております.

Posted by: 真成 | May 11, 2006 at 12:48 PM

重源はん、入宋三度だけならず、大峰にも入っていたとは…。中世大好きの、わても大峰に入りたいんやけど…。吉野の某院の院主さんには、「奥駈け行け!」言わはったけど…。行きたい、けど盆すぎるまでは…。あぁ。

Posted by: k師 | May 11, 2006 at 04:27 PM

こないだの話の盛り上がりから奥駈けの話が出ましたが,テスト期間中やもんね~
そりゃぁしょ~ないね.

Posted by: 真成 | May 11, 2006 at 04:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71834/10003190

Listed below are links to weblogs that reference 俊乗坊重源:

« 宀一山 室生寺 | Main | ウェルカムのこころ »