« 法華経不断経修行会 | Main | 牡丹の季節 »

April 21, 2006

しあわせの先取り...

しあわせの先取り.

このことば,昨日とある先生との食事の席で先生が発せられたものです.
幸優さんに作務衣を届けにいったそのまま食事会となり,このお言葉とであいました.

人間は気が付けばいつも 『不幸の先取り』 をしてしまう.
明日は,10年後は,年を取って体力も衰えてるんやろなぁ...なんてのも不幸の先取り.
いつのまにかその不幸へと...

昔MTBでシングルトラックという細い山道を走っていた.
山中を走っていると,下り坂で向かっては行けない切り株が目に入る.
気が付けばそこへ一直線.
もちろん自転車ごと泥だらけで道に倒れるハメに.

思わず不幸を先取ってしまったのでしょう.

そう,明日はもっと良くなる.明日はもっとしあわせになってる.
これがしあわせの先取り.

『しあわせ』のほうに焦点を合わせ,そこに向かって!

|

« 法華経不断経修行会 | Main | 牡丹の季節 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

幸せの先取りはいいですよね。

Posted by: BENELOP | April 21, 2006 at 05:14 PM

BENELOPさま.
HP拝見しました.
かなりお安い物件ばかり.ちょっと気になりました.
しあわせの先取り.してみましょうね.

Posted by: 真成 | April 21, 2006 at 05:38 PM

頑張りたいです。プラス思考心がけたいです(^u^)v

Posted by: 葵 | April 24, 2006 at 01:13 AM

はじめまして^^
どうしても、悪い事ばかり目につきがちなので、意識を変えるのは難しいでしょうね。
少しづつ、変えたいです。
あの~つかぬ事をお伺いしますが、出家と在家の違いって何なんですか?
気になって・・・スミマセン。。

Posted by: よーだ | April 25, 2006 at 10:28 PM

いらっしゃいませ.
そうですよね.意識を変えるのって結構大変です.
といいながら,少しずつ意識していると変わっているものでもありますし.徐々にですよね.

○出家と在家の違いですね.
ちょっと難しいので,長くなりますけどごめんなさい...
まず,修行者に比丘・比丘尼と優婆塞・優婆夷があります.比丘・比丘尼は出家した仏道修行者.優婆塞・優婆夷は在家の仏道修行者.
在家と出家の違いと聞かれると,本来の出家は執着の象徴である『家』を離れてとなりますが...現在はどうでしょう?
ほとんど出家者はいないといっていいでしょうね.
しかしながら,時代に伴って,その国や地域によって様々に変化していると考えると,現在の出家・在家の違いは『専門職としてるか』といった点になるのかもしれませんね.
在家なのか出家なのかわからない方もいらっしゃいますし,細かく考えるとちょっと難しいですよね.

Posted by: 真成 | April 25, 2006 at 11:03 PM

正直云って難しいです~
専業か、兼業か、がポイントなんですね。
ありがとうございます。
またおじゃましに来ます~♪

Posted by: よーだ | April 28, 2006 at 01:26 PM

たぶんこう書いてしまうこと自体がいろいろ生じてしまうでしょうね.ほんと難しいです.

またお越しくださいませ.

Posted by: 真成 | April 28, 2006 at 02:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71834/9694801

Listed below are links to weblogs that reference しあわせの先取り...:

« 法華経不断経修行会 | Main | 牡丹の季節 »