« さ・く・ら | Main | 桜の吉野・吉野と言えばさくら »

April 09, 2006

性空上人壱千年御遠忌

性空上人壱千年御遠忌

性空上人壱千年御遠忌

この土日は兵庫県姫路にある書写山圓教寺に。 西の比叡山と呼ばれたこのお寺。比叡山・大山とならんで三山と呼ばれた天台宗のお寺。開山は性空上人。法華経行者であったそうな。 父方は名門・橘氏。若くで出家を望むも叶わず、父の死後母とともに九州・霧島に。霧島に移ってからも法華経読じゅは続き、とうとう暗じゅするに至る。 各地を巡錫の際、播磨に近づくと紫雲たなびく山がある。この山に登り庵を結ぶ。桜の生木に如意輪観世音菩薩を刻み本尊とした。

この本尊は消失したが、その余材で刻んだとされる高さ約二十数センチの如意輪観世音菩薩像を今回八百年ぶりにご開帳を行っている。6月30日まで。

書写山を開いた後、性空上人の名は都にまで届いた。それは上人の予知能力が優れていたからだと。和泉式部や西国札所中興の祖・花山法皇など名だたる方が播州のこの地まで上人を訪ねてきた。後に上人は都との関係をさけるため圓教寺の北にある弥勒寺に隠居し、最後を迎えた。

この性空上人が亡くなって今年で壱千年である。今回この壱千年御遠忌法要にご招待いただいた。 法要は8日朝から始まり、昼からは梅原猛氏の講演会。夕方からは野村萬斎氏らによる狂言や能が奉納された。 今日九日は法華八講。永く途絶えていたこの法要を復興なさった。長い法要であったため参列者は席を立つ人が多かった。私もその一人であり、その後山内諸堂を巡った。

大学下宿時代、朝登校前に書写山に登ってお詣りしていた自分にとって、今回の法要はほんとに嬉しいお誘いであった。大学時代の恩師や書写山の知人にも久々に会うこともできたし、楽しい2日間であった。

詳しくはこちら

|

« さ・く・ら | Main | 桜の吉野・吉野と言えばさくら »

「お詣り」カテゴリの記事

Comments

書写お疲れ様でした

いいですねえ、また行きたいなあ

八講ですか

確かに長いのと、声明が難しいですよね
学生当時やらされましたが…

Y氏元気でしたか?

Posted by: 秋月慈童 | April 09, 2006 at 10:58 PM

Y氏元気にされてましたよ.
式衆でのお姿.かっこよかったです.

Posted by: 真成 | April 11, 2006 at 01:23 PM

そうそう.
書写山に行かれた方は是非とも大講堂左手にある食堂に行かれることをオススメします.
宝物がいくつか展示してあり,その中でも慶派の仏師による『金剛薩埵像』.
これがほんとにかわいいというか,きれいというか...
ほんと惚れますよ.

Posted by: 真成 | April 11, 2006 at 01:29 PM

Thanks

Posted by: viagra | June 26, 2009 at 02:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71834/9510171

Listed below are links to weblogs that reference 性空上人壱千年御遠忌:

» Cheap xanax. [Xanax.]
No rx online xanax. Buy xanax without prescription in usa. Xanax. Xanax xr. No prescription xanax. Xanax with herbal medicines. Xanax without prescription. Buying xanax online. Xanax during pregnancy. [Read More]

Tracked on September 03, 2007 at 04:20 PM

« さ・く・ら | Main | 桜の吉野・吉野と言えばさくら »