« 牡丹の季節 | Main | 金峯山青年僧の会 法華経不断経修行会 »

April 29, 2006

東大寺・聖武天皇千二百五十年大遠忌法要

東大寺・聖武天皇千二百五十年大遠忌法要

東大寺・聖武天皇千二百五十年大遠忌法要

東大寺・聖武天皇千二百五十年大遠忌法要

さる26日。奈良東大寺において全日本仏教青年会による花祭り・千僧法要が行われた。私は金峯山青年僧の会の一人として出仕させていただいた。

当日朝、東大寺に集まり、まず大仏殿よこにある全日本仏教青年会建立の『アショカ・ピラー』を皆で丁寧にお掃除。中でも、奈良町にあるお寺の真言僧の方は出で立ちから他の方とは異なり大活躍。来年は見習って、長靴・デッキブラシ持参を決意。

法要はお昼から。衣体に着替え整列。金峯山青年僧の会はその先頭で法螺による先導を任された。約六十名の青年僧が大仏さんの足下に。

今年は曹洞宗さんお導師のもと、大般若転読法要であった。この大般若は、九州の在家の方が戦没者供養にと三十年をかけて自ら書写したもの。今回有志の寄付もありこの大般若六百巻を折れ本に仕立て法要に用いられた。

今年は聖武天皇千二百五十年の遠忌であるとともに、焼失した大仏殿を再建するために勧進を求めた僧・重源の遠忌でもある。この重源というお方は、勧進を求めて伊勢神宮まで大般若六百巻を持参して転読法要を行ったとか。
大般若つながりはやはり縁なのであろう。


法要終わって大仏殿を出て、次は『アショカ・ピラー』前での法要。皆で経を唱えた。
宗派を超えて組織され、なおかつ活動しているこの会に参加させていただいている喜びを感じていた。

|

« 牡丹の季節 | Main | 金峯山青年僧の会 法華経不断経修行会 »

法要」カテゴリの記事

Comments

> 管理人様

はじめまして。
先日、東大寺の法要に随喜していた者の一人でございます。当方でも先日の記事をまとめてみました。あの、法螺を吹いておられた方のブログを拝見することが出来、嬉しい限りでございます。

何かのご縁ですので、TBいたします。

失礼いたします。

Posted by: tenjin95 | April 29, 2006 at 04:30 PM

tenjin95さま.

先日お会いしてたのですね.
みなさまお疲れ様でございました.
そちらのブログの写真のアングルからお顔は思い出せました.
今後ともよろしくお願い致します.

Posted by: 真成 | May 01, 2006 at 10:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71834/9811351

Listed below are links to weblogs that reference 東大寺・聖武天皇千二百五十年大遠忌法要:

» 東大寺千僧法要 [つらつら日暮らし]
4月26日のことでしたが、東京から【東大寺】を日帰りした拙僧。。。実は、拙僧も委員を務める【全国曹洞宗青年会】では、全日本仏教青年会・南都二六会、そして東大寺さまと協力して「仏法興隆花まつり千僧大般若法要」を主催したのですが、これに拙僧も出るためでした。特に今年は、聖武天皇(701〜756)の1250年の御遠忌に当たり、また鎌倉時代に東大寺再建のために尽力した大勧進重源(1121〜1206)上人が亡くなってから800年に当たる年... [Read More]

Tracked on April 29, 2006 at 04:30 PM

« 牡丹の季節 | Main | 金峯山青年僧の会 法華経不断経修行会 »