« 唐招提寺・秋篠寺 | Main | ん~ »

February 14, 2006

山上講

今日は一人でお留守番.
社員はだーれもいません...

そんな中,近所のおっちゃんの訪問.
このおじさん,大峯山上講の一つ『御膳講』の行者さん.うちの父上に用事でしたが,誰もいないので対応.
用件を一通り話した後,話は修験のほうに....

『兄ちゃん,蔵王堂にいってるんやってなぁ~』から始まり,講の昔話からなんやかんやで一時間.途中,我が社の挽きたてコーヒーを飲んで頂きながら.
どことも講員数の減少が悩みのようです.

ここで,講とは...
経済的なものもあるそうだが,ここでは宗教上の目的のものに集まった人々が結成した集団のこと.
伊勢参宮の伊勢講,金比羅詣の金比羅講,庚申待ちを共にする庚申講,毎月十八日は観音講,毎月二十八日は不動講などなど...
大峯山上講は,大峯山上に登拝する講のこと.
特に大峯には『阪堺役講』と呼ばれる講があります.
○大阪 岩・光明・三郷・京橋
○堺:鳥毛・井筒・五流・両郷
山上が岳にある大峯山寺の鍵を管理し,戸開け・戸閉めという儀式では重要な役割を果たしています.

***********************************

前出の『御膳講』という講は,祖母の実家が講元を務めていた講です.
以前に我が家の仏壇を拝んでいたところ,頭の中で声がする....

『向かいの家のタンスの上に箱がある...』

その場に同席していた向かいに住む親戚に
『タンスの上にしばらく触ってない箱ない?』と問うたところ,あるとのこと.
すぐさま親戚は家に戻って開けずに持ってきました.

持ってきた箱をオープンすると,中には講元をしていたときの折五條,次第書数冊,持鈴などなど修験関連のものが...

先祖から授けて頂いたものかと,一揃えを親戚から頂戴しました.
その次の年,金峯山で護摩加行に入らせて頂きました.
最近その向かいの家の仏壇を拝むことに...
さてさて,今から拝んできま~す.

|

« 唐招提寺・秋篠寺 | Main | ん~ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

確かに今、講は後継者不足ですよね
福崎の恩師のところも柴燈を醍醐系の講の方々に頼んでいるのですが、皆さんお歳をとられてやめていく様で…

声明や密教も後継者不足といわれていますよ
そんなことやらなくても食べていけるからとか、面倒だからとか…いろいろあって

悲しいですよね

Posted by: りんぼー | February 14, 2006 at 10:02 PM

講の後継者で若手といっても40代...
これじゃ~続いて行かんよね.
先人の口伝なんてのも途中の人で止まってるらしく,伝えるのが使命ってことも自己認識してもらわないととの話もありました.
断法罪やよなぁ~

聲明の話もリンボーやンから以前に聞いてたけど,やっぱりこれも重要な話よね.出来る人を呼んだらいいと言うわけでもないし,面倒ってのもなぁ.
雅楽の世界では,浄○真宗の制度がおもしろくてね.法要の付け楽が出来る僧侶を○○師と称号を与えてとのこと.以前聞いたのは,『これを持ってると宗内の位置が違うねん』と...
そんな人たちは,出来ていなくても,ある程度出来ればOKな雰囲気でしたので,全然上達せずに今に至っておられますけどね.

伝統文化は水面から口を出してパクパクしてる最後のときかもね.この時に水質改善して水中の溶存酸素濃度を上げなければならないように,フレッシュな酸素となる後継者の出現が望まれます.

Posted by: 真成 | February 15, 2006 at 10:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71834/8654062

Listed below are links to weblogs that reference 山上講:

« 唐招提寺・秋篠寺 | Main | ん~ »