« December 2005 | Main | February 2006 »

January 30, 2006

ひと工夫

2月11日に近鉄・大和西大寺駅下車の秋篠音楽堂での『ならおと〜金峯山寺』に出演することに。

兄弟子の自坊での初護摩、昨日の信貴山と某神社でと法螺を立てさせて頂いたが、今一やった。。。

反省しながら昨晩家に戻ってちびっと練習した。

昨日信貴山・玉蔵院浴油堂の堂守さんからのことばを思い出した。

『ひと工夫』

一瞬、料理人の神田川の『ちょっと工夫でこのうまさ。神田川としろ〜で〜す♪』が浮かんだんですけど。。

いやいや、そんな話やなくて、『ひと工夫』したところ鳴りに変化がっ!

はい、ここで『自分で書くくらいやから大層うまなったんやろ〜』なんて思ったあなた!

『はい、それまちがい!』

元が元ですから。。。
期待しちゃ〜いけませんよ〜♪
ちょっと聞いていただけるようになったかなぁ〜ってくらいですから。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 29, 2006

奈良の旅 信貴山

今日は朝から1日フリーということで、信貴山方面に向かいました。

まずは以前リンボーやんに連れて行ってもらった某神社。
やっぱりいいですね。相変わらずの素晴らしい気のシャワーを頂いてまいりました。

次に信貴山。
千手院さん前での柴灯護摩を横目に見ながら本堂へ。

『だ〜いはんにゃ〜』の声が堂内から聞こえる。
『ば〜ん。ば〜ん』
大般若経をありがた〜く机に叩きつけておりました。
大人しくお勤めをすませ、玉蔵院へ。

浴油堂にお詣り。お勤めの後、刀八毘沙門天を拝ませていただいた。

な〜んともパワフルなお姿。かっちょよかった。

その後、階段を登り、融通堂に。如意宝珠だよね〜♪
写真の線香を購入して帰ってまいりました。

写真は途中の建物。多宝塔の横に龍笛と笙が彫ってありやした。


仏舎利・如意宝珠は楽が好きなのか?060129_15300001.jpg
060129_21120001.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 27, 2006

初不動

明日土曜日は初不動.
そう28日.お不動さんのご縁日.

明日は兄弟子のところで助法してきます.
ということで,今晩から兄弟子宅に移動して朝からお手伝い.

自分のところのお不動様は今朝早朝?深夜?に前倒して拝ませていただきました.
ということで,心おきなく行って参ります.

今晩ちょこっと夜中に拝ませてもらおっっと....

いつもHPから掲示板・このブログをチェックしていただいてる某ご主人さん!
明日お会いしましょう~♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 26, 2006

豆乳の素

まりさんのネタから『豆乳』ということで。
こんなのがあります。

聖天さんには油をかける浴油供弁財天さんにはお酒で浴酒供大黒天さんにはお粥で浴餅法がある。

ということで、掛けたりはしないけどお湯で溶かした豆乳を大黒天さんにお供えしても喜んでくださるかな〜と考えて買ってきたんの。

これで豆乳鍋ってのもいいですよ〜♪

そうだっ!
大黒天さんにお供えした大豆をきなこにしてましたが、もっとミルして手作りしてみよっかなぁ〜

ってことは、もっとお供えせねば。。。

ん〜2月4日が初甲子。この日はお師匠さまの自坊・林南院に直行するため、前だおしで1日に拝もうかと。

今回もおさがりの豆を分けますので、ご希望の方はメールしてね。

060126_01060001.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 25, 2006

20060124k0000m040139000p_size6


ひこまつさんからの情報です.

私のHPの『法名』にも書いてますが,数年前中国で石板が見つかった.
そこには『井真成』と書かれていたそうな.

姓は『井』.名は『真成』

奈良時代の遣唐使の留学生で,その死に際し玄宗皇帝から高い官位を授かった方だそうな.

ところで,僕の頂いた名前は『しんせい』でございます.
たまに『しんじょう』と呼ばれる方がいらっしゃいますが,この場を借りてちょいと訂正してくださいな.
坊主の名前は呉音読みだとの言葉も聞こえてきそうですが,呉音読みでない方も先徳にはいらっしゃいますのでその辺は...

本題に戻って,
『竹内遺跡:土器の皿に「井部」文字確認 奈良・葛城』
の記事が出ていたそうです.

井真成の名前が出たとき,『井はおそらく姓であろう』との推測でしたが,これで『井姓』が存在したことが明らかになったようです.


○見に行くのがじゃまくさい方のために...(転載しました)

奈良県葛城市の竹内遺跡から出土した土器の皿(8世紀前半)に、氏族を表すとみられる「井部」と書かれた墨書が確認され、市歴史博物館が23日発表した。遺跡そばには大阪・難波と奈良の平城京、藤原京を結んだ竹内街道が通り、中国の先進文物が行き来したといい、博物館は「中国との交流にかかわった氏族が住んでいたはずで、奈良時代の遣唐使留学生・井真成(せいしんせい)の出身地の可能性もある」としている。

 土器は89年に出土。博物館が新たに赤外線撮影した結果、皿の裏面に縦2.5センチ、幅1.8センチの大きさで「井」の文字と「ア」の形をした「部」の略字が書かれた墨書が見つかった。「井部」は井戸の掘削や用水管理などの職掌集団とみられる。「~部」という古代の職掌集団は、大化の改新後「~氏」という氏族に再編された例が多く、氏族の名前と推定した。

 遺跡周辺の三ツ塚古墳群(7世紀末~8世紀初め)からは、中国製かその影響を受けたとみられる革製かばんが出土している。

 井真成は04年、中国・西安市で墓誌が発見された。8世紀前半、中国に渡り、長安で唐王朝に仕え、36歳で死んだ。玄宗皇帝は死を悼み、格式の高い官職を贈ったとされる。出自は、▽大阪府藤井寺市を本拠とする「井上氏」▽藤井寺市が本拠の「葛井(ふじい)氏」--など諸説がある。【大森顕浩】

 ▽東野治之・奈良大教授(日本古代史)の話 遣唐使の留学生に選ばれるような人は外交・文化を担う有力な氏族のはずだが、井氏あるいは井部氏は日本書紀、続日本紀などの文献にない。ただ井部の文字が出てきたことで、井真成との関連性はないとも言えない。

毎日新聞 2006年1月23日 21時44分 (最終更新時間 1月23日 21時57分)


| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 23, 2006

きなこ

私の大好物です。

『きなこ』

大黒天さんにお供えした大豆をミルサーで粉砕して、ちびっとの塩、そして砂糖を混ぜて。

あべかわ餅なんてさいこ〜♪

同じく大豆たっぷりもの。豆乳・豆腐・ゆば。おいしいよね〜
特に、『すはま団子』なんかは一箱いけますよ。

060123_22480001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2006

京都から伊賀へ

朝から京都へ墓参り。
昼前に単独行動になり、一路目的の寺院へ。そこは日頃からお詣り自由なお寺。昼から三時まで拝んでました。今日は暖かかったので鼻水が出ることもなく存分に拝めました。
さすがに帰りに『今まで拝んでたの?』と聞かれてしまった。ん〜いろいろ盛り沢山やったので、長かったかも。

で、今は三重県亀山から伊賀上野行きの電車内。

夕方から子供雅楽講習会の講師をしてきま〜す。
帰るの何時になるやら。。。
頑張ってきま〜す。
写真はお墓から見た某神社の大鳥居。
まさか明治の万国博覧会あとに作った神社とは、名前からは想像できんよなぁ。
今で言う吹田のエキスポランドと同じかも?060121_10570001.jpg

| | Comments (4) | TrackBack (0)

大寒 

大寒.

さっぶぅ~いこの時期,皆さん寒行として托鉢や瀧行などをされてることかと.
只今私も拝んでますが,寒行と思っての訳ではなく,自行でです.

しっか~し,行者と名乗るからにはと,明日は墓参りの後,寒行として小さいときに亡き母によく連れて行ってもらった寺院さんに行ってきま~す.
明後日は雪の高野山に突っ込もうかと考えてます...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2006

阪神大震災慰霊行脚

あの朝、この街で多くの方々が亡くなった。
慰霊行脚に来させて頂く度に思い出す。
同時に今年もさぶいんやろかと気になるが、亡くなった方を思えばそんなことは吹っ飛んでしまう。
あの夜、枕元には何故かヘッドライトを置いていた。
ふと目が覚め思ったこと。それは、『あれ?もう朝か?』
今考えると、そうそれは発光現象であった。

『まだまだ寝てたい。』と二度寝をした私。見た夢は昔テレビ局の主催で行った『豪華客船で行くグアム・サイパンの旅』で揺られて寝ている自分。
ゆらゆらゆら〜
『ん〜なアホなわけないっ!』
と起きると、ほんまに揺られている。

そして多くの方々が亡くなった。

阪神大震災だけでなく、他の災害で亡くなった方々にも回向できればと。060117_06590001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2006

冷たい雨

さてさてこの雨は私のせいではないはず。

明日、明けて五時から阪神大震災慰霊行脚に行ってきます。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 15, 2006

蔵王堂光福寺

京都・上久世に蔵王堂がある。
今日はそこで東南院ご住職が護摩を修法されるとのことでしたので、お参りに行かせていただいた。

このお寺、名前は『蔵王堂光福寺』。西山浄土宗である。
京都には七つの森があり、そのうちの一つ『蔵王の森』と言われていたそうな。
境内配置から考えても蔵王堂が本堂であったのは間違いないようで、お寺名に『光福寺』よりも『蔵王堂』が先にあることからも明らかであろう。
どういう経緯で西山浄土宗になったかは知らないが、立派な蔵王堂と横に護摩堂がある。

八坂の庚申さん同様、修験者として有名な『浄蔵貴所』が吉野から金剛蔵王大権現さまを勧請したのがここだそうな。

お厨子前には掛仏があり、そこには『金剛蔵王大権現・金蔵院』と彫ってあった。そういう名前の塔頭寺院が門前に並んでいたのであろうか。

初めてお参りさせていただいたが、いいお寺といい方々でした。

さてさて、今からは鶴橋で雅楽の初合奏会です。がんばるぞぉ〜い。060115_13390001.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

氏神さんの柴灯護摩

今日は近所の氏神さんで厄神祭が行われている。
その傍らで、大峯山上講・御膳講が柴灯護摩を厳修。
今年はお昼からの用事のため、宝剣作法までお参りさせていただきました。

さてさて、今から京都久世の蔵王堂での護摩に行ってきます。060115_09510001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2006

ふく・ふぐ・ぐぅ〜

今度の宴会でフグをたべるはずが、変更に。。。
ほぼフグの口になってたところどした。
ということで、今晩は男三人でフグを食べに。。

おいしかったです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

イタイイタイ病発生

朝から書き込みです....

以前に,中国の『七色の川』について書きましたが,今日Yahooを開いてみると,そのニュースに『中国でイタイイタイ病発生か』だと...
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/china/?1137021777

遅すぎるってんですよ.
でも,中国人には関係ないでしょうね.

広大な土地の一部を壊そうと.

その公害で人体だけでなく,いろんな生物に影響が及ぼうとも....

急速な開放によりその反動なのか,なんの規制もなく自己の利益を求める.

そんな国から政府は自国の内政に口を挟まれ,さらに輸入を拡大し続け,

企業はは少しでも安くと中国にその技術を垂れ流す....

あぁ~情けない  『日本』

首相は偉そうなこと言ってるけど,こんなん規制しないでどないするんやろ.

自分の靖国神社参拝はおいといて,先に用件すまさんかい!

と,朝からプリプリです.

| | Comments (3) | TrackBack (0)

出会ってしまった

先に神社にお参りに行ったと書いた。
数年ぶりに訪れた自分は皆さんにご挨拶。

そこでかわいい巫女さんが『○○です。』と自分の名前を言った。

『ん〜』
聞いたことがあるんやけど。。だれやったっけ?とは、言えんかった。

帰りの電車で気づいた。
その昔かわいいがっていた女の子やった。
あまりに美人になっていて気づかなんだぁ〜
あぁ〜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2006

初子

『はつこ』やなくて『はつね』どす。
今日は一年の初めての『子の日』。

今から大黒天さんを拝みます。

因みに、大阪には、えべっさんのある恵美須町、その反対・西には大国町があります。同じく、この期間に『大国まつり』が行われてます。本殿左横には大国社があり、巨大な大国さんが祭られております。

雅楽のお稽古の帰りに久しぶりに立ち寄り、お参りしてきました。五年前まではここで神楽吹いてたんですよ〜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2006

再生

ぺんてる筆。

書き心地よしということで、使われておられる方は多いでしょう。
つい先日、この筆での文字がかすれだした。
『インクがないんやないか』と思われた方がいるかと思われますが、実は違っておりました。
カートリッジを絞ると筆先根元からではなく、他の穴からインクが。

原因は、恐らく長らく使わないうちに穂の根元でインクが固まった。

となると。。
そう、穂先をカートリッジから取り外し、お湯で何度も洗浄。中に残っているインクを抜くため後ろから口で吹いたり。
再びカートリッジを装着すると。


はい、再生。

こんなになったら、やってみてくださいな。060109_23360001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金玉山双林寺創建千二百年法要

当ブログにも来てくださってるパンチ和尚さんのお寺・天台宗 金玉山双林寺。
伝教大師・最澄が唐から帰国し、最初に護摩を修したといわれているお寺。創建千二百年という。
今年の初薬師の八日にその法要をなさった。

午前中は私は初八大龍王としていつもの八大龍王さんを拝みに。終わって神社を出たのが11時。
やばい。12時には双林寺さんに着く予定だったのに。。
一度自宅に戻って衣体を持ってタクシーで梅田駅。京都からもタクシー。法要の一時間前に無事着。

双林寺さんでは午前中にすでに八坂の庚申さん方が法華三昧を。
昼一時半から当山の柴灯護摩をするとのことで法螺師を任された。
このあと、途中三時に一座をはさみ、晩七時からは院主さんが本堂で薬師護摩。他の方が聖天堂で浴油法。本堂前で柴灯護摩。というありがた〜い法要でした。
私はというと、法螺と読経だけでしたが、参列させていただきました。列席させていただけてありがたいなぁ〜と帰りにしみじみ。
ご馳走になったお鍋もおいしかったです。

今日はほんといい、ありがたい1日でした。

八大龍王さ前と薬師如来さまに感謝!

おやすみなさい…060108_15590001.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (1)

January 07, 2006

近畿不動霊場 国分寺 太融寺

今日は朝から家の本尊さんを拝まして頂いて、昼すぎまでうだってました。
この正月は風邪をひいたこともあり、寝正月でした。出るのが大好きなはずの自分が家に。
これはもったいないと近畿不動霊場巡りを思いつく。
さてさて、三時に家を出て回るとなると。。。近場の霊場。そう、国分寺と大融寺。
自宅を出てまず国分寺へ。徒歩10分。朱印をいただき本堂と不動堂を参拝。本堂には西国薬師霊場札所でもあり薬師如来さまが。不動堂には小さいお厨子ながらもかわいい不動明王さま。
お寺としてはちと活気のないところでございます。真言宗国分寺派のお寺。

拝み終わって天満市場まで徒歩五分。市場で三宝などなどを購入して、次は大融寺。
中崎商店街を通り、東通商店街奥の風俗街を横切ると大融寺到着。
五時の受付終了まで10分。先に朱印を済ませ、千手観世音菩薩を祀る本堂、一願不動明王をお参りすると五時を過ぎた。ちなみに大融寺は新西国観音霊場でもある高野山真言宗別格本山。

このあと阪急梅田駅下のかっぱ横町にある古書街を巡り戻りました。

少々歩いたくらいでカロリー消費は望めないかなぁ〜♪

な〜も〜♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

相方

相方のクマさんスリッパ。
台所には暖房がなく、さっぶいので欠かせないんだなぁ。

あまりにさぶいのでかかとを触ってみると、なんと靴下に穴が。。
ガチガチかかとに負けた靴下くんはそのままゴミ箱行き。

先日のアユルベーダでオイルを塗り込めてくれたお陰でかかとが柔らかくなってきてます。060106_22510001.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 06, 2006

ガネーシャの気持ち...

ガネーシャって知ってます?
日本では『歓喜天』または『聖天』とよばれるインドからやってきた天部のお方.
大日如来の教令輪身で,韋駄天の兄と言う話も...
元々はヒンドゥー教の神でシヴァ神とその妃・烏摩との子で.十一面観音様のお力で仏教に帰依したお方.
この聖天さまの供養法に有名な『浴油(よくゆ)法』というのがあります.
聖天さまに喜んで頂くにはこの浴油法がいいとされてるんです.

前フリが長くなってしまいましたが,『アユルベーダ』を体験してきました.
これは,頭から体全体をオイルマッサージするもので,対人間の浴油法.

まずは診断.
Vata(風),Pitta(火),Kapha(水)なる三種類の属性(ドーシャ)があり,三種とその複合.あるいは三種混合の方に分類される.
それぞれ,火や水,土,風などの特性を持つようで,それを脈診と問診で当ててしまうってんだからスゴイ.

僕は...ピッタの気が強いそうな...

その人のドーシャにあったオイルを調合し,オイルマッサージが始まる.
まず,ヘッドマッサージ.
オイルが頭に垂らされ,頭頂・中心へ,再び末梢へとこの動作が気持ちいい.
気持ちいいなぁ~
いつしか記憶がなくなる...
気が付けば,コクリコクリ...

次に,ベッドに横たわってフェイスマッサージ.
これまた末梢から中心へ.中心から末梢への動作が繰り返されるが,このなかにちょっとずつ変化のある動きがこれまた気持ちいい.
女性には『お顔スベスベ』になること間違いないと思った.
今のところ12時間経過の僕のお顔はスベスベです.
確認したい方はべっぴんさんのみOKです...
おっと書き忘れた.このときには既にパンツ一丁で腰にバスタオルを被せるだけ.
この次は...ボデー

ボディーマッサージは,はっきり言って緊張しました.
バスタオルを被せているとはいえ,裸でオイル塗られてマッサージなんて経験は未だ無く,多分施術してくれたMちゃんには緊張がバレバレだったかな?
されるがままの状態で腕,胸,足,そして背中と全身マッサージをしてもらった.
緊張は始めだけで,あとは半分記憶がある状態.
うたた寝のような感覚.
施術のあとはしばらくそのまま休憩.
終われば,シャワーを浴びて,ピッタティーを頂いて休憩して帰ってきた.

ガネーシャ・聖天さまに浴油するのは油の中に色々なお香などを混ぜだ特別ブレンドオイル,人間も体にいい,その人のドーシャバランスを正常にするものを混ぜた特別ブレンドオイル.

聖天さまが喜んでくださる気持ちが分かったような気がする.

最後に,大学時代大阪市のキャンプ場でボランティアをしていた.
そのころ,よく青い空を見ながら地べたで大の字になって昼寝をしていたことがある.
青い空・流れる雲・鳥の声・そこに流れる風・そして太陽.
大地と一体化して太陽の光をいっぱい浴びていたことをボディーマッサージを受けている間ふとその感覚が蘇ってきた.
日頃の忙しさという言い訳の下,自分を解放することを忘れてしまいがち.
そんな自分を解放出来る力をアユルベーダに感じた.

今回,アユルベーダオイルマッサージを受けたのは,大阪市北区南森町(大阪駅から地下鉄南森町駅・JR東西線大阪天満宮駅)にある
『シャンティランカ』
住所:大阪市北区南森町2-3-29 ハイマート南森町207
電話:06-6314-3345
URL:http://homepage2.nifty.com/shanthilanka/

ヘッドマッサージ・ボディーマッサージ・フットマッサージ・シロダーラが出来ます.
行かれる方は,完全予約制なので,電話で問い合わせてみてくださいね.
そのときは,真成のブログ見ましたって言ってくださいね♪

| | Comments (5) | TrackBack (0)

January 04, 2006

低反発まくら

挨拶まわりの途中、昼ご飯のくら寿司横の大型薬局に立ち寄ったところ、『低反発まくら』が売ってました。
ドクター時代にホームセンターで買った井草枕が分解して、座布団が変わりをしていたので以前から思案していた代物。千円未満だったので迷わず購入。
今晩から出動です。
明日の『アユルベーダ』初体験に向けて、いい睡眠がとれそうどす。060104_23230001.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 01, 2006

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
いやぁ〜今年も始まりましたね。
振り返ると去年は不完全燃焼だったと反省。今年は完全燃焼できるようがんばろうと。いい一年にしたいですね〜♪
といいながら、皆さんにお世話になることばかりかとおもいますが、よろしくお願いいたします。

みなさんにとってもいい一年でありますように。060101_22490001.jpg

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »