« 歯医者 | Main | 佛名会 »

December 14, 2005

手を打てば...

某・大寺のHPを見てるとこんな歌が書かれてありました.

『手を打てば はいと答える 鳥逃げる 鯉は集まる 猿沢の池』

手を打つ音で,お客に呼ばれたかと思う旅館の人,鉄砲で撃たれたかと逃げる鳥,エサをもらえるかと集まる鯉.
同じ『パン!』という音を聞いてもそれぞれの取り方がある.
この世界はすべて自分が作り出したものであり,十人の人間がいれば十の世界があるということ.
一人一人の世界が存在すると言うことなんですね.

『おいおい,なんでこんなんわからんのや』と思って,プリプリきたりすることがあります.
わかってて当たり前のことがあっても,それは自分の世界のこと,それぞれの世界があるということも心にとめてってとこが大切なんですよね.
たまにこの歌を思い出して見ようかと思ってます.


他に,サイトをめぐると

 手を打てば鳥は飛び立つ鯉は寄る
  女中茶を持つ猿沢の池

 手を打てば下女は茶を持ち鳥は逃げ
   鯉は餌と聞く猿沢の池

 手を打てば魚は寄りくる鹿は逃ぐ
   下女は茶を汲む猿沢の池

 手を打てば仲居返事す鳥逃げる
   鯉は集まる猿沢の池

 手を打てば鯉は餌と聴き鳥は逃げ
   女中は茶と聞く猿沢の池

と色々なバージョンがありました.
さすがにお寺としては下女とは書けないのでアレンジなさったのでしょうね.


si_153
写真は奈良市観光情報センターから

|

« 歯医者 | Main | 佛名会 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

うーん言い得て妙ですね~。。かなり納得してしまぃました!色んな人がいて、考えはそれぞれなんですよね~。。。
ぇーなんで?!どしてー??(;´Д⊂)と思う事は結構あって、たま~に、悲しくなったりはがゅくなったりしてしまいますが、自分の考えがすべてではないですもんね。色んな考えがあるから面白く、また勉強にもなるのでしょうね。他に求めすぎたり、おしつけたりしないよぅ気をつけなきゃです(*´エ`*)

Posted by: 真秀 | December 14, 2005 at 03:50 PM

こちらの思いが真っ直ぐ具届かないくて辛い時ありますよね

相手の解るようにと思って教えていても、解っているであろう事から相手に聞かないと中抜けになってたり、人に対しても気を使うと他人行儀だ冷たい、お願いしたらアツカマシイだなんて言われたら・・・正直気の許せる人以外は砕けれない。どちらかというと自分のいった言葉がどんなとり方されても大丈夫なつもりですが、つもりなのでそんな意味じゃない・・・の時、とどうでもいい人ならほっとけるけど、信頼してる人の時は辛いな~て思うときあります。居るメンバーでためらったり、喋れなかったり、ワザと悪戯に含みを持って言てしまたり、同じじゃないから楽しいし解り合えた時うれしいけど、正直解らなくて難しいです。
でも信頼して砕けれる相手とだったら思わず解ってほしいし、聞いてほしくて甘えて言ってしまうこともある。
出来るだけ近い人には相手の世界の近くに行きたいけど過ぎたら押し付けかな・・・嫌がられちゃうかな~。

Posted by: 葵 | December 15, 2005 at 11:14 PM

ストレートに、さらに発展してと、この歌と私の書き込みだけにでもいろいろ名ご意見があるのもまたいいのでしょうね。
と、柔らかなこころで。。。

Posted by: 真成 | December 16, 2005 at 10:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71834/7615135

Listed below are links to weblogs that reference 手を打てば...:

« 歯医者 | Main | 佛名会 »