« November 2005 | Main | January 2006 »

December 29, 2005

正月準備

051229_16560001.jpg

ほぉ~
会社の片付けのあと,新年に向けて仏器のお磨き&セラミクスめっきを...
なかなかいい感じで出来ました.
明日は朝から京都に墓参り,戻って庭の木の剪定.
終わって部屋の仏さんのお掃除,片付け.
まだまだ年始にはやること山積みです.

とりあえず今から京都で坊主ばっかり忘年会にいってきま~す!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

喜べば

『喜べば よろこびが 喜んで 喜びあつめて 喜びにくる』

今日は年末のご挨拶回りの途中立ち寄ったうどん屋さんの看板にこう書いてあった.
走り大黒さんが福を走り集めてやってきてくれるようなこの言葉.

まずは自分が喜ぶこと.
ひとそれぞれに物差しがあり,喜びの対象や喜び方は違えど,喜ぶことに違いはない.

さてさて,来年は喜びの多い年にして,集まってきた喜びを皆で喜べる一年にしたいものです.


051229_00220001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2005

喜んでいいんですよね...

Yahooの検索で,『金峯山寺』をサーチしたところ,出てきた画像にビックリ!
検索結果には,なんと私の力作が使われておりました.
先日も奈良県のパンフに本山HPの修行(西の覗)のページで使っている写真が欲しいとのことで連絡頂きました.

Yahooの場合,コピーライト付いてるのにどこかに承諾受けたとの話もないし???
と気になりながら.
でも,よろこんでいいんですよね...

okugake

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 24, 2005

新たなルート・北野編

新たなるルートを開拓。
家を出て、阪急電鉄で西院へ。西院からはバスで北野白梅町。そこから歩き北野天満宮へ。
ここは言わずとしれた菅原道真公を祀った神社。なんとも寺のような雰囲気の拝殿にお詣りを済ませて、参道を引き返す。
行きから気になっていた、参道脇のお寺に立ち寄ると真言宗御室派別格本山のお寺でした。なんと菅原道真公・天神様の本地は十一面観世音菩薩だそうで、廃仏毀釈にあっても残っているようです。
さらに、左横にはなんと行者堂。神変大菩薩・不動明王・弘法大師がお祀りされとりました。呼ばれたのかなぁ〜

そのあと入口交差点から西へ100メートルにある『粟餅所』に。写真のが一皿510円。久々のヒット第一段!

引き続き東へ。目指すは『晴明神社』。ベタだと非難の声がモニター前から聞こえてきそうですが、とりあえず一見ということで。。感想は。。特にありません。

さらに東へ。次は某お堂。そこは小さい頃からお詣りしてましたが、ここ五年くらいご無沙汰していたところ。久々に向かったのですが、お寺の方が不在で泣く泣く堂外でのお勤めしました。長々とお勤めし終わった時、境内の玉砂利を歩く音。
ちょうど帰って来られて、今度は堂内で改めて再び勤行。すっきりしてお堂を後にしました。

最後は更に東へ。役行者さんもその一族であると言われている賀茂氏の氏神さん『下賀茂神社』。
写真は境内の『御手洗社』。みたらしだんごはこの水源からコポコポと湧き出る水の泡をかたどったものと言われている。

もう一つ、あまりのお姿に飛びついてしまい、写真がないのですが、京都駅伊勢丹地下一階にある和菓子屋『仙太郎』の『青しそ入りぼた餅』。二個入り税込み六百三十円。これは絶品です。これがヒット第二段です。是非ご賞味あれ!051224_13340001.jpg
051223_15490001.jpg

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 22, 2005

あったかい...

CA320026


これオススメします.
あまりの寒さにこないなものを購入しました.

『Zippo HANDY WARMER』

構造は,昔あった白金カイロと同じ.
使い捨ての時代に反して”えころじ~”を唱えてるみたいです.
とはいえ,ホワイトガソリンの燃焼消費という反エコですけど...

あまりの暖かさに『権現堂』でも販売しようかと問屋をあたってしまいました.
うまくいけば,近いうちにラインナップにのるかも.

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 21, 2005

お香

今日はちょうど焼香がなくなりそうだったのでお香屋さんに行ってきました。

『神戸・薫寿堂』

一通り試してみようと、『凌雲』『福徳』『龍雲』『徳風』『招徳香・白檀』と、なんと五種類を購入。
焚くのが楽しみです。

と、今から拝むので、まずは『福徳』から。051221_00240001.jpg

| | Comments (8) | TrackBack (0)

December 19, 2005

雪の高野詣

この週末はお詣り尽くめ。
雪の高野詣はなかなかいいものでした。寒さと静けさでチーンと張り詰めた奥の院。この雪の中、お詣りに来る人も少なく、お詣りに集中できました。
もちろん帰りはいつもの佛具屋へ。頼まれもののお軸。仏様用茶湯器等々。

051217_14000001.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 16, 2005

佛名会

『佛名会(ぶつみょうえ)』
14日から16日までの三日間、それぞれの日に過去・現在・未来をあて、それぞれの千佛の御名を詠み上げ、また礼拝し、懺悔を行う法要です。またの名を『三千佛礼拝』。

蔵王堂では参拝者にも佛名経が貸し出され、一緒に懺悔していただけます。

ちょっと立ち返ってみると、蔵王堂のご本尊は三体の金剛蔵王大権現。その本当の姿・仏としての姿(本地)は、それぞれ中尊・釈迦如来、右尊・千手観世音菩薩、左尊・弥勒菩薩。この三尊釈迦・観音・弥勒は、過去・現在・未来を救済くださる仏様。となると、三世常住・三世救主の蔵王権現に三世の懺悔を行うこの佛名会は重要な法要であるかと。。

三日間お越しになり過去現在未来の三世にわたって懺悔するもよし、どの日一日でもよし。お越しになれなければこころの中でどうぞ。

CA320021

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 14, 2005

手を打てば...

某・大寺のHPを見てるとこんな歌が書かれてありました.

『手を打てば はいと答える 鳥逃げる 鯉は集まる 猿沢の池』

手を打つ音で,お客に呼ばれたかと思う旅館の人,鉄砲で撃たれたかと逃げる鳥,エサをもらえるかと集まる鯉.
同じ『パン!』という音を聞いてもそれぞれの取り方がある.
この世界はすべて自分が作り出したものであり,十人の人間がいれば十の世界があるということ.
一人一人の世界が存在すると言うことなんですね.

『おいおい,なんでこんなんわからんのや』と思って,プリプリきたりすることがあります.
わかってて当たり前のことがあっても,それは自分の世界のこと,それぞれの世界があるということも心にとめてってとこが大切なんですよね.
たまにこの歌を思い出して見ようかと思ってます.


他に,サイトをめぐると

 手を打てば鳥は飛び立つ鯉は寄る
  女中茶を持つ猿沢の池

 手を打てば下女は茶を持ち鳥は逃げ
   鯉は餌と聞く猿沢の池

 手を打てば魚は寄りくる鹿は逃ぐ
   下女は茶を汲む猿沢の池

 手を打てば仲居返事す鳥逃げる
   鯉は集まる猿沢の池

 手を打てば鯉は餌と聴き鳥は逃げ
   女中は茶と聞く猿沢の池

と色々なバージョンがありました.
さすがにお寺としては下女とは書けないのでアレンジなさったのでしょうね.


si_153
写真は奈良市観光情報センターから

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 13, 2005

歯医者

さぶぅ〜今日は一段と冷えますね。今な中、仕事の合間に歯医者さんに。
こないだつめたところが膿んでから予約してたのに行けなかったり、しばらく放置で再発と長患いでしたが、もう年末。今年のうちに終わらせたいと仕事が一段落したのでいってきます。

はぁ〜財布もさぶくなりそ〜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2005

二日目

二日目。
朝日が昇るのを見ながら露天風呂に。と考えていましたが、起きたはいいが曇り空。即座にあきらめて、部屋でウダウダ。
朝食バイキング。そこそこ食べる。
9時に那智に向けて出発。先に那智の滝へ。三十人近い方を連れ?お詣りに。
ガヤガヤ言ってる皆さんを横に法螺を立てて、お勤めをした後振り返ると、同行以外の沢山の方も一緒に手をあわせてくださって下さいました。ありがたや。

問題はその後。
青岸渡寺のお勤め後三重の塔に行こうと予定していたのに半分の方がいない。。
もしやと思い駐車場まで走って下ると、皆さん駐車場近くのお土産屋で楽しくお買い物してるやないですか。。
後半分のメンバーを下で待とうかと思ったのですが、皆さん待たずに三重の塔へ向かったはず。。
と、すぐに三重の塔にいるメンバーから電話がっ。。。。わたしを待ってるとのこと。

そう、あの石段を再び走ってあがりました。
つらかった。運動不足を感じました。あかんな〜体重減らしても運動不足では。
帰りは潮岬を回って大阪へ。

ガイドさんかわいかったので、ちょっとご機嫌良好です。051211_10550001.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (1)

December 10, 2005

一日目

ふ〜宴会・一次会が終了。今から二次会カラオケです。

今日は15年ぶりくらいで橋杭岩に行ってきました。変わらずお土産屋さんをスルーして海岸へ。獲物を狙う目の土産物屋のおばさんが変わらずにいたはりました。
お宿は贅沢にツインの部屋を1人で使用。ん〜もったいなや〜

明日は朝日を見ながら朝風呂。9時から那智です。

さてと、今から二次会に行ってきま〜す。051210_15560001.jpg
051210_16480001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2005

ごほうびになるか...

明日から那智に行きます.
今回は仕事(坊主のほうではなくて)で入会している異業種交流会の旅行.
この一週間ちょっと気合い入れて頑張って働いたご褒美になるかはわかりませんが,とりあえず楽しみです.

予定は,
○一日目 
 10時  出発
 14時  水産試験場見学
 15時半 橋杭岩
 16時  宿にて研修会
 18時  宴会
○二日目
 10時  那智大社青岸渡寺
 12時  昼食
 18時  大阪着

ここで問題なのが,みなさん僕が山伏の格好で那智・青岸渡寺にお詣りすることを期待しておられる.
ん~ここで直綴・梵天袈裟っていう逃げを見せるのもいいですが,青岸渡寺で直綴・梵天ってのも大げさやし...
さてさて,どうしよっか.
普通の格好で行く気満々やったのに...
さぶいしなぁ~
あぁ~こんなんで悩むとは...

もちろん衣体に関係なく『法螺貝・豆錫杖』は出動です!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2005

終い八大龍王

今日は師走の八の日。八大龍王さんの縁日で今年最終です。
さてさて、何をさせていただこうかと考えた結果、お不動さんもいらっしゃることもあって壇護摩を修法することにしました。
出張用にと購入したレジャーテーブル。護摩釜用のパエリア鍋等々。
先程無事終わりました。参列者は奥様お一人でしたが気持ちよく修法させて頂きました。
さてさて、今から通常業務再開です。051208_12320001.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 06, 2005

甲子 大黒天

はい,今日は『甲子』

先日書き込んでいたように終い大黒として今晩拝ませて頂きます.
で,お供え物は『丹波の黒豆」.
ちょっと奮発して購入しました.
修法の後,これをお下がりとしてお分けしようかと思います.
数粒くらいですが,ご希望の方はメール頂ければお送りします.

dr_gan@hotmail.com

daikoku-kanzeonji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2005

雪の蔵王堂

BufferingImage
冬型の気圧配置.
木枯らし一号.と聞くと.
西日本はようやく一気に冬に突入した感がありますよね.
昨日の晩は季節の変わり目を示す雷がごろごろ.
地響きするほどでしたよ.

金峯山寺蔵王堂のライブカメラからの映像です.
すごい雪です...
蔵王堂の皆さん大丈夫かなぁ~
次回の上山までに時雨れ履きを購入しておかねば....

豪雪の吉野もいいものですよ.
去年の大晦日は雪でしたね.
今年はどうなることやら...

そういやぁ~まっすん元気にしてるんやろか?
おぉ~い.近況報告待ってるよ.

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 03, 2005

きのえね 大黒さん

さてさて,庚申さんの『かのえのさる』があればその4日後は『甲子(きのえね)』

ということで,十干十二支(またを六十干支)の60日の一番始めの日.縁起がいいと言うことで大黒さんを拝むには一番いい日とされてます.
庚申の4日後.来週の12月6日(火曜日)がそうです.

12月だし,甲子となると『終い大黒』としていつも以上に気合いを入れて拝むぞ~!

『皆さんに来年も福徳が授かりますように...』と.

daikoku


| | Comments (0) | TrackBack (0)

庚申尊

オン・デイバ・ヤキシャ・バンダ・バンダ・カカカカ・ソワカ

庚申尊(こうしんそん).またの名を青面金剛.
暦で庚申(かのえのさる)の日に身を謹み夜を徹する信仰・習俗である.この庚申の日に人や動物の中に住まう『三尸(さんし)』と呼ばれる虫が動き出し,天上にその人の善悪を報告するためこの日は寝ないで夜を徹する.するとこの三尸が死んでしまうそうな.
よく辻に庚申様の石仏があったりします.そういえば,リンボーやん宅近くにもありましたよね.東京・待乳山聖天さまの入り口にも.昔は庚申講が盛んに行われていたようです.今は根強い信者様のみといったところでしょうか.
昨晩はこの庚申様(八坂庚申堂)にお詣りさせて頂きました.夜を徹するまではいきませんでしたがいいお詣りをさせて頂きました.次回は60日後です.
051202_22030001.jpg

| | Comments (6) | TrackBack (0)

December 02, 2005

深夜のらーめん

あぁ〜忙しい。
まだ仕事してます。
我が社は自宅から徒歩三歩。ホップ・ステップ・ジャンプで会社に着くので終電を考えながらというのはありませ〜ん。その代わり、エンドレスってのがあります。

明日、正しくは今日ですが、出掛けるために仕事を片付けねばと頑張っております。
はぁ〜1日のお参りもあり今日は内容の濃い一日です。

その締めくくりとばかりにらーめん『GooTa』をこんな時間に食べました。お腹まで濃い一日です。
あぁ〜もちっと頑張るぞ〜い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »