« October 2005 | Main | December 2005 »

November 29, 2005

大黒天らーめん

今晩は『大黒天らーめん』に行ってきました。
間違いなく名前に引かれたのですが、食べてびっくりあっさり豚骨でおいしかったです。
サイドメニューは、大餃子、小餃子、蛸餃子。ご飯ものは、明太子ごはん、いか塩辛ごはん、焼豚ごはん。
店舗は、北新地本店、福島店(ABC朝日放送南)、深江橋店にあります。

オススメのお店です。

もちろん入口入ったところに大黒天はおられます。051129_20000001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょっとほろっと...

今年の6月30日で結願した『金峯山寺・修験大結集』.
世界遺産登録から一年にわたって登録記念奉賛行事として金峯山寺では秘仏・金剛蔵王大権現さまのご開帳と日本全国の修験寺院様に平和の祈り・採灯(柴灯)大護摩供を厳修頂いた.
その結願法要のDVDが完成し,先日いただいた.

結願法要の一日は堂内の法要では雅楽(付楽)の演奏.そして,護摩供の間は山伏行列や採灯護摩供に参加することもなく,裏方として頑張らせて頂いた.

DVDの映像には姿は全く現れず,法要中の雅楽の音色だけ.
とちょっと残念がっておったのですが,エンドロール欄にありました.
わたしの名がっ!

このうれしさはちょっと言い表せないです.
よかった一年がんばって.

非売品ですので,どこかでご覧になってくださいな.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 28, 2005

愛染大祭

日曜日は金峯山寺・愛染大祭でした。

この愛染明王は大峯七十五靡の一つ、愛染宿に廃仏毀釈まで存在していた安禅寺にまつられていた仏様です。
昼一時からの法要でした。しかしながら、直前まで快晴であったにもかかわらず急な雨に一度片付けたテントを再び出動させるなど、結構大変でした。
もちろんこの雨は雨男四天王が勢揃いということなのでしょう。わたしは式に出ることは出来ず蔵王堂の堂内でお話係に徹しておりました。
今回は真澄くんと兄のところの弟子・晃靖くんのお手伝いを頂きました。何かと助かりました。ありがと。また一緒に下座行させて頂こうね。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

November 27, 2005

おもてなし

人をもてなす。

その為には場を掃除して、暖かくして、食べ物などを用意。
折角来て頂いた方に気持ちよく過ごして帰っていただく。それがおもてなしかと。

我が家は親戚ならまだしも、なかなか入っていただけるほど片づいているとは言えない状況。お客様が来られるとなると朝からせっせと片付けモード。
日頃から片付けておけばいいんですが。
おっと、我が仏壇はちゃんときれいにしてますよ。

先の『おもてなし』というのは人だけでなく神仏にも言えること。やはり神仏も人間同様きれいなところに来たいですからね〜

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 24, 2005

お社み〜つけた

詳しくはかけませんが,とある場所で”お社(やしろ)”を見つけました.
得意先からの帰り,ふと某神社の境内にお社があると何かの本で読んだなぁ〜と思い自転車で立ち寄りました.
境内にはかわいい巫女さんがいましたが聞いてもわからないだろう.ま,場所には目星を付けていたのでそこに行きましたがお社がない.どないしょーと思い自転車の鍵をカチャカチャしてると向こうから歩いてくるのは金峯山青年僧の会会長夫人○○師.実は,ご自宅のほん50mの位置での出来事.

ご挨拶の後,再び調査開始.
すると,にわかにそれらしき祠がぽろぽろ.
廃仏毀釈で固められたのだろうとわかるその雑多さ.
弁財天,荼吉尼天(お稲荷).....そして,最後にお目当てのお方.
『はらいたまえっ,,,,きよめたまえっ,,,,』ばかり聞いてるでしょうから,たまにはお経をと放課後の中学生カップルが境内でいちゃつく横で唱えて帰ってきました.
帰りにはもちろん我が家に母の代からいらっしゃるその神にとお供え物を購入.

その帰り道.
空は変な曇り方.
急な通り雨に遭いました.

やっぱ,雨男なのか~yo.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 23, 2005

はりぽ

男所帯は何かと大変で、さっきもドンパチやってたのを抑えに参戦してきました。

それはいいとして、そんな中、ハリーポッターを見てます。確かに面白い。夢があるなぁ〜すぐに次が見たくなったよ〜ん。DVDでも購入しようっかなぁ〜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2005

摩利支天堂

051120_16160001.jpg

20日までということで,『最澄と天台宗の国宝展』に行ってきました.
天台大師・伝教大師・慈覚大師のお像,無動寺の五大明王,リアル大黒,仏舎利塔.陳列の前ではおぉ~のため息の連続.目の下のくまをものともせず,朝から行ってよかったです.
こちらにたまに登場されるパンチ和尚のお寺・雙林寺さんの薬師如来さんもいらっしゃいました.
滋賀の善水寺(西国薬師霊場の一つ)の薬師如来も展示されておりました.2000年だったでしょうか.昼間で難波で結婚式の雅楽を吹いた後に,秘仏公開ということでそのまま善水寺までお薬師さんにあいに飛んでいったことを思い出しました.50年に一度のご開帳と言うことだったのに....ちょっとうれしく,なんとも複雑な心境でした.

久々の紅葉時期の京都散策と言うこともあり,南禅寺塔頭・聴松院・摩利支天堂にお詣りしてきました.ここは南禅寺駐車場の門を左に行き,敷地にそって右に曲がるとあります.本尊様は見えませんが,写真の猪さんがお迎えくださいます.なにせお隣のお食事どころが忙しいみたいであまり拝まれている気配がありませんでした.ちょっと残念かな?
一度どうぞ.

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 19, 2005

日本雅友会雅楽演奏会

無事演奏会を終えました。
来てくださった方々ありがとうございました。照恵さま、葵さま、お手伝いありがとうございました。

今年は管方のメンツをみるとあまりにも篳篥と龍笛の差があるため、一年間琵琶を練習してきましたが急遽管方に移動した次第です。その甲斐あってか?無事終わりました。
特に、うちの楽長先生と宮内庁楽師先生とのい調子なる曲は見に来ていただいた方には堪能いただけたかと思います。
また来年の演奏会に向けての一年の始まりです。
もっと精進せねば。みな頑張ろうぞ〜

因みに、来年の演奏会は林南院大祭の次の日。11月4日だそうな。ひょ〜忙しぃ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 15, 2005

走る大黒天

030_a
このところ大黒天さんにお出会いしてから興味があり,仕事の合間に見つけました.

この大黒天は奈良国立博物館に所蔵されているお方.
むっちゃ頑張って走ってはります.
疾走中!

それは,願主のために色々なところから福を走り回って集めているからなので~す.
こんなリアルな大黒天さんをみると益々大好きになっちゃいましたよ♪

よくあるお姿としては,ふっくらしてこぼれんばかりの笑みを見せたお顔.打ち出の小槌を持ち,俵の上に乗っておられる.この小槌には如意宝珠が入っており,これを振ると如意(意の如く)に色々なものを授けてくださるんですよ.また,ご飯粒を『舎利』ともいいますよね.乗っている米俵にも如意宝珠が刻まれてあります.

他のお姿としては,某宗教団体がグリコのポーズみたいな走る大黒天像を信者にお分けしていたなぁ~なんてのも思い出しながら,スリムなサンタクロースのような歩いている大黒天さまもよく古いお寺のお台所などで見かけます.金峯山寺の食堂にも...『最澄と天台宗の国宝展』にもほっそりしたリアル大黒天がいらっしゃったとの情報も...
御祈祷.comの聖海さんの総鎮守はちょっとこわめの忿怒形の大黒天さま.

伝教大師最澄が比叡山に最初にお祀りした『三面大黒』さんは,その名の通り三面.大黒天,毘沙門天,弁財天の三つのお顔をお持ちであります.

皆さんのオススメの大黒天さんは?

| | Comments (11) | TrackBack (0)

管方復活

今週末の演奏会は当初は琵琶の予定でしたが、急遽管方への復活が決まりました。
うれしぃ〜♪

ブンブン吹こうっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2005

うれしいお知らせ

先ほどうれしいお知らせがありました。このところ治療のため入院されていた方。
昨晩どうされてるのかなぁ〜と考えていた矢先だったのです。
心って通じるものですよね。
明日は東南院大祭。ご家族でお参りに来られるそうです。

お腹ゴロゴロのため兄と照恵さんに先に向かってもらい、葵さんに迎えに来てもらうため自宅待機の私。会社の電話回線にかかるとこなんぞ縁どすなぁ〜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2005

お腹ゴロゴロ、頭フラフラ

風邪引きました。
一日中、お腹ゴロゴロ、お腹フラフラ。更には関節が痛い。。
昨日から調子が悪いなと感じてたのですが、一晩寝ればなんてことを考えてましたが、甘いことに気づかされました。
あぁ〜お腹のゴロゴロがとまんね〜

先日お師匠様との出張帰りに立ち寄った『ゆの里』で買って頂いた『水枕』。早速出動しております。ありがとうございます。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

November 09, 2005

日本山岳会 創立記念式典

週末,お師匠様とともに高野山で行われた日本山岳会記念式典にあわせて行われた講演会に参加した.
会場は木々が色づき秋の行楽でにぎわう高野山内の高野山大学.会場は日本山岳会員で満員.
今回は日本山岳会創立何周年かの記念式典とあって,いろいろな行事も行っているようで,特に気になったのは,日本全国にある日本山岳会地方支部のリレー形式による分水嶺踏破.当日掲示されていたのは宝塚から氷ノ山付近までの結果報告でした.その分水嶺付近の地名を見ると所々に信仰に関わる名前を冠した史跡がところどころに見られることにも興味を持ちました.
お師匠様の講演の前には高野山大学教授による『河口慧海についての講演』でした.日本人初でヒマラヤ越えを行い,チベットに到着した方である.もちろん山岳学会ですので,興味の対象はその踏破ルート.写真やなかなかの軽快なトークを交えながらの聞きやすい講演でした.
写真はおしっしょうさまの講演の模様.日本人の古来の山・自然との関わり方について,現代の西洋型登山との違いをはじめ修験についてもお話しされた.皆さんの興味もひいたようで,反応も上々.そのあとの本の売れ行きも上々でした.
もちろん帰りには高野山下の温泉でお風呂に入って,米粉のお好み焼きをいただきました.ごちそうさまでした.

051105_15230001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2005

たらきゅ〜

我が家にもたらきゅ〜がやってきた。
ヒョウさんからの贈り物としてやってきた。さすがに梵天袈裟は気が引けるので、とりあえず頭襟だけ。
なかなか凛々しい顔かと気に入ってます。仏様の壇で半分占められている我が部屋に今日から新たなメンバーが。ちと抜け毛が気になるけど。
いやされるね〜051108_15120001.jpg

| | Comments (6) | TrackBack (0)

November 07, 2005

最近の葬儀事情?

近所に一発屋と呼ばれながら島田紳助の番組によく出ている円広志が経営する貸しスタジオがある.円広志って,「とんでとんでとんで..まわ~る♪」の『無双花』を歌った歌手である.

その貸しスタジオの並びに最近二件の新築物件が分譲された.
なにが葬儀事情なのかと思って読まれているでしょう.
それがです.この二件のうち一件が買い手がすぐにつきました.
それは....『葬儀屋』

なんとこの葬儀屋・○○は新築のうちを一件丸ごと買い取り,そこを葬儀会場にしたのです...
連日この家の前には『○○家』と書かれた立て看板が掲げてあり,喪服の方々が出入りを繰り返しているのです.
うまく考えたものです.最近は自宅で葬儀を行うと入っても手狭だし,葬儀会場を借りると結構な額になる.一軒家を購入して,これを葬儀会場として運営すれば,葬儀屋経営の常設葬儀場ができるのです.

困ったことに,この家の隣の家は未だに買い手がついていないんですよねぇ~
そりゃ~毎日毎日新しい遺体が運ばれてくるが隣ってのは普通の感覚では嫌でしょうね.

勉強させてもらいました...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天台宗開宗慶讃・採灯大護摩供

このたび、天台宗開宗一千二百年を記念して慶讃法要が行われた。

金峯山は明治の廃仏毀釈以前,長きにわたり真言系当山派,天台系本山派と関わりが深かったが,明治の廃仏毀釈からの復帰に際し江戸時代天海僧正が金峯山の初代管領になったことにより,一度天台宗に属した歴史がある.その関係から現在我が宗・金峯山修験本宗今は天台宗との関わりが深い.
多くの宗派を生み出した霊地・比叡山での大護摩供とあって楽しみにしていた.
今回は作壇もあり,前日から比叡山に向かった.いつもの通り雨男の濡れ衣?をかけられながら,小雨の中作壇.夕方には完了し,お宿は叡山会館.山上とあってお食事は全て精進料理でした.
翌朝は強い雨の中,根本中堂の朝座勤行に.なんともさっくりした三礼・如来唄を含めた朝座勤行にびっくり.金峯山寺蔵王堂では法螺は鳴るは,太鼓はズンドコいうはと,違いにびっくりする.
午前中の和宗・四天王寺さんの法要はあいにく雨でした。

しっか〜し、行列開始直前には雨はあがりました.
採灯大護摩供は,五條順教管長猊下大導師のもと無事厳修されました.護摩中はいろいろと目を配らせていたこともあり,護摩の火に集中出来ず少し心残りでしたが,裏方としての出仕もこれはこれでよかったかと思いながら大事な一日が終わりました.

051028_14560002.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2005

大黒天の贈り物?

夕方、仕事終わりに花屋に向かった。月始めのお祭用の花を買いに。
帰りにいつもの餅屋の前を通り過ぎかけた時、ふと『ん、お餅をうちの仏様方にお供えしよっと』と思った。それから一時間、さぶいお外で店主と歓談。
そのなかで、大黒天さんの話をした。いや〜穀類がお好きなようなんよ〜という言葉に、『ほな、きなこ多めに入れておくわ〜♪』と、おっちゃん。
ありがたや〜ありがたや〜♪

元々今日は妹弟子と飲みに行く予定でしたが急にダメになったので、照恵さんと我が兄と三人で焼鳥屋さんに行った。
帰りにぶらぶらと日本一長い商店街を歩いていると、なんと。。。

『千円札がっ!』
『おぉ〜もしやこれはお供え物?』

そう、道に落ちてたんどす。ありがたやありがたや。
とりあえず大黒天さんへのお供え物にと大黒天さんの周りを千円で囲ってみました。御利益がありますようにと。
それ落とし物だよ〜って声も聞こえてきそうですが…
落とされた方にも諸仏のご加護がありますようにと祈っておきま〜す。

平等利益
おん・まかきゃらや・そわか051102_01570001.jpg

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »