« March 2005 | Main | May 2005 »

April 26, 2005

武蔵御嶽神社・蔵王大権現ご開帳

武蔵御嶽神社・蔵王大権現ご開帳

渋谷から中央線と青梅線を乗り継いで御嶽駅下車。そこからバスに乗り、ケーブルの滝本駅へ。ケーブル山上駅からは徒歩2・30分。御師が営む宿坊群をぬけ、山門をくぐると階段が。ひたすら登るとその山上に。
武蔵野に勧請された金剛蔵王大権現さま。今は廃仏毀釈により主祭神は蔵王大権現さまではなくなっていますが、各御師の宿坊には蔵王大権現さまの像が残っているそうです。
この度のご開帳はやはり蔵王大権現さまなんだということの現れなのでしょう。

脇の間に案内されお祓いを受け、本殿へ。開扉の所作の後、参拝者全員が近くまで行くことを許され、蔵王大権現さまのお姿を拝しました。その姿は銅製。簡素な石鎚や三徳山などと似通った形でした。
御師の一人・駒鳥山荘のご主人・馬場さんのご厚意によりいろいろとお話を聞くことができました。蔵王大権現と金というキーワードが武蔵御嶽にも当てはまるそうです。

5月末までのご開帳。平日は毎朝7時と11時。遅れないようにどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2005

待乳山・聖天

ca240065


浅草・浅草寺をお参りした後、隅田川方面に向かい、道路沿いを歩くと、あります『待乳山聖天』。日本三大聖天の一つだったような。
庚申さんの板碑を見ながら階段を上ると、正面に立派なお堂が出現。
残念ながら、沢山の信者さんが静かにお参りされてましたので、法螺は立てませんでした。(静かにお参拝をの板は見逃さないようにしましょう!)
待乳山の杜の不思議な雰囲気を感じてください。

| | Comments (1) | TrackBack (2)

April 24, 2005

ながたび?

ながたび?

長旅でして、衣体ケース・ザック・法螺貝と荷物満載の旅。今日は道服にザックというなんとも斬新な格好です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

目黄不動

ca240063

昨日一日目は江戸五色不動の一つ『目黄不動・最勝寺』に。
目黄不動は今ではいくつかあるそうですが、そのうちの一つ、総武線・平井駅から川に向かって徒歩10分。大きいお寺が4つも固まってますので、どれか迷います。五色の不動を配したのは、徳川家康から三代に渡っての知恵袋・天海僧正であることから、もちろん宗派は天台宗。
入って右側には不動堂、奥には本堂が。ありがたいことに不動堂に入れていただきお勤めさせていただきました。対面したお不動さんは、確かに『目が黄色』どした。
立派な岩座・童子を二人従えて素晴らしいお姿。なんでも、毎年決まって百日間毎日護摩を、計百ヶ座修法するそうな。ほんといいお不動さんでしたよ。
不動堂前にはいろいろな種類の蓮の鉢がありました。蓮の季節・夏前くらいにはきれいに咲いているかと。オススメのお寺です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2005

彦根銘菓 埋れ木

彦根銘菓 埋も木今日のおやつは,彦根銘菓『埋れ木』.彦根にある『いと重菓舗』のもので.

白あんを生地で包み,和三盆と抹茶を合わせたものを上にかぶせてます.噛んだ瞬間に抹茶の香りと和三盆がすぐに溶け,次に上品な餡が.

どなたに頂いたのか?おいしいものをありがとうございました.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2005

ぼたん

ぼたん

今年も咲きました我が家のボタン。一年の集大成みたいなものです。

そういえば、五月の連休はいつも長谷寺に行ってたなぁ〜
今年は行けるのかな?
ずっと吉野にいるような気が。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2005

豚一ラーメン

豚一ラーメン

前にも書いたか定かではないですが。
家の近く、中崎町と天神橋筋六丁目の間におすすめラーメン店『豚一』。
写真は、チャーシューの細切れにマヨネーズをかけたチャーシュー丼・小とイチオシ・豚一ラーメンのセット。
その名も、『ミニマー丼セット』。
梅田にお越しの際はお連れいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2005

こんふぃちゅーる

confi
掲示板に書き込んだのの使い回しで...

今日は朝ご飯を食べながら,NHKの料理番組を見てました.
材料は,フルーツ(このときは苺)100g,砂糖50g,
レモン汁 大さじ1杯.
これをガラスのボールに入れて,上から軽くラップをして電子レンジ
で2分加熱.
その後,ラップをはずしかき混ぜ,今度は煮込みのために
ラップをせずに電子レンジで2分加熱.

追記:加熱時間は100gあたり2分(500W).600Wになるとおのずと長くなります.
また,量が増すと,加熱時間は伸びます.

これでこんふぃちゅーる,いわゆるジャムが簡単に.
アクはボウルの縁について,あえて取らなくていいし,
熱いうちに小さい小瓶に詰め替える.
冷えたら瓶はきっちり密閉されるという要領.
時間はかからないし,すごく簡単でしたよ.

今晩あたり作ってみます.そんときはすぐに画像をアップしま~す.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2005

名物かまど

050414_14570001

先日、真秀ちゃんが持って来てくれたお土産どす。
四国・香川といえばこれ。黄味餡がしっとりとおいしく、日本茶にぴったり。
しおりを見ると、なんでも行基さんが讃岐国に来られた際に塩の製法を伝えたところ、これが後の世までも栄える基になったと。これにちなんで『かまど』ができたそうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2005

さくら

ライブカメラを見るとすぐにでも飛んで行きたくなるくらいの人・ひと・ヒト。
日本人の心にはこの『さくら』は一際高い位置の存在に感じる。やはり冬から移ってさくらの咲く春はハレだからなのか。
他の花や木もそうだが、一年にこの期間だけ。
さくらの力を、蔵王権現様の力をいっぱいいただいて、その力がまた他の人に分けてあげれますように。

皆さんも近くの桜から蔵王権現様だけでなく自然や様々な神仏のお力をいただいてくださいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2005

七高山阿闇梨

巡礼ページにもありますが,ここでもう一度...

平安期,帝がお住まいになっていたところ『幾』の近く,すなわち『近畿』に霊験あらたかなお山を七つ選択し,国家鎮護を祈祷する『阿闇梨』を置いた.

その七高山を以下に示す.
比良山,比叡山,伊吹山,愛宕山,神峯山,葛城山,金峯山

平安期には既に山岳修行の場として機能していた山々.
御開祖・役行者さまの足跡もある霊山も.
このご開帳が終われば,巡ろうかと...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »