« December 2004 | Main | February 2005 »

January 30, 2005

権現さん,ご帰還

050130_14280001 蔵王堂に客仏として安置しております旧安禅寺蔵王堂の金剛蔵王権現像が,大阪市立美術館,世田谷美術館での展覧会『祈りの道』を終え,1月29日に戻ってこられました.

 蔵王堂前の大型クレーンによって引き上げられた蔵王権現さま.蔵王堂に入る際には体勢を変えられたりと,業者さんのクレーン技術に驚いておりました.また,蔵王堂内でも体勢を二転三転とする場面も目の前にして,さらに感動しておりました.

その晩のこと,晩ご飯の後,少しお話をしていた時,突如『ゴォ~』と地響き.続いて,いつもより大きめの閃光が...
その後,『どぉ~ん』

そうです,蔵王堂に雷が落ちたのです.その後は警報が金峯山寺内に鳴り響きました.落雷こそあったものの,火災にはなりませんでした.

ただ,皆の頭によぎったのは,『権現さま,お帰りなさいませ...』の言葉でした.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2005

『積善の家に余慶有り』

久々にいい言葉を耳にしました。某有名企業の会長の言葉だそうです。

私が蔵王堂でお話させていただいてるのは、金剛蔵王大権現様は過去・現在・
未来の三世救済の仏である。なかでも過去世の救済とは、おかした罪業を
懺悔することによって滅罪してくださるのだと。。。

懺悔することは大切である。それとともに、まず罪業をおかさず、積善(徳を積むこと)
はもっと大切である。今、命をいただき、禄をはみ、生かせていただいているのは、
神仏のお力やご先祖さまの積善による徳をいただいているのだと。

そう、自分もいずれ子孫にとっての先祖となりうる日がやってくるはず。
悪行三昧で過ごすことは自身はよくても、やはり子や孫には積善による甘露の雨は
降り注がないかと。。。
自分は結婚もしていないし、子供もいないから、これには当てはまらないと捉える方
がいるかもしれない。がしかし、これは大きな間違いであろう。『家』なのである。
『積善の人』ではなく、『積善の家』である.

ばちがあたるなどと恐怖感を与えて神仏に帰依せよというのではなく、
積善という行いが子々孫々への大きなプレゼントだと思って頂くのもおもしろいかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かにずし

050124_21210001.jpg

いやぁ~おいしかった.
昨日の晩ご飯はかにずしでした.
ほぐして少し酢がきいた『かに』がところ狭しと敷き詰められておりました.
贅沢なおみやげをいただき,昨日の晩ご飯は贅沢気分でした.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2005

水沢うどん

050121_12210002.jpg

昨日,日本テレビ系列の『どっちの料理ショー』なる番組で,群馬の『水沢うどん』がでてました.
おいしそうでしたねぇ~
なんでも伊香保温泉の近く,水沢観音下にならんでるそうです.

このうどん,いつも群馬の行者さんが送ってくださるんです.
家で湯がいてもなかなかコシがあっておいしいうどん.
我が家では,ネギとごまを入れためんつゆで釜揚げにして頂きます.

今日のお昼は思い出したように,水沢うどんを湯がきました.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 19, 2005

050119_13020001.jpg
かわいいですよね.
このかわいい色の花を見ると早く春が訪れて欲しいと感じます.

神仏と花・木とのイメージとはどういう関係があるかなと.
仏教と言えば”蓮華”.汚泥の中からでもきれいな花を咲かせる.
浄心を現してるですよね.
天神さんの”梅”となると神様の木.
むむ?こうなると,桜は?
桜もご神木.神であり仏であるという存在の蔵王権現さまに相応してるかと.
仏教の生まれたインドでの”蓮華”,
山岳が国土の大半を占める日本では神の木とされる”桜”や”梅”,
中国ではやはり”牡丹”なんかなぁ.
それぞれを象徴する花や木があるなぁと...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2005

厄神祭 柴灯大護摩供

gohei今日は氏神さんの厄神祭でした.
役講ではないですが,大峯山上講の一つである○○講の山伏さん達による柴灯大護摩供が厳修されておりました.
父方の祖母の実家がその講の講元をしていたそうで,ぜ~んぜん関係ないところで出会ったり等々,
やはり大きなご縁を感じることが多いのです.

先日も,その中のお一人が蔵王堂に参拝くださいまして,久々の再会を果たしました.
その折に,厄神祭の護摩を見に行くと約束してしまいました.
といっても,家から歩いて2,3分の距離.行って参りました.

法螺先頭で入壇.宝弓,宝剣をされてました.なかなかの迫力.よかったです.
作法は当山派の護摩でした.なんでも竹林院さんで伝授されているとのことでした.
ご本尊は役行者さん,両脇には前鬼,後鬼さんの控えたお厨子があり,更にその外には宮殿が設えてあり,
なかなかのものでした.


以前,亡き母の100日のとき,耳元で目に見えぬ誰かがささやくのです.
『タンスの上の大きい箱.』と...
すぐにその場にいた叔母に,タンスの上に箱がある?と聞くと,叔母は飛んで帰りました.
戻ってきた手には大きく,汚い箱が...
講元をしていた大叔父が亡くなって,3,40年放置してあったらしく,だいぶとほこりがたまっていたようです.
中には,折五條の袈裟,持鈴,そして護摩の次第書が...
その護摩の次第書をあけてビックリ.伝授された日がちょうど50年前のことだったんです.

そんなことを思いながら,お導師さんの作法を眺めてました.
雨の予報はどこえやら.晴れた空の下でのいいお護摩でした.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 09, 2005

凍った蔵王堂

昨晩の雪がかすかに蔵王堂に積もってます。
地面も凍って。。。050109_07470001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2005

八坂の庚申堂

今日は八坂の庚申堂にお詣りしてきました.
050107_15230001.jpg

八坂の庚申さんは清水寺から見える五重塔からすぐ.五重塔を下っていくと朱色の門がみえます.
くくり猿が有名で,近くの玄関にはこのくくり猿が吊されております.
本尊の庚申さんとは青面金剛のこと.
お寺のHPから,庚申さんは末法の乱れた世の人々を救おうとお釈迦様と阿弥陀様とお薬師様が相談され,
その結果,青面金剛となって現れたそうな.
青面金剛は人を食う夜叉の姿で現れ,悪人を食らい,善人を食わないと.

開基は,修験者として有名な浄蔵
聖徳太子が今の太秦に住まわせた渡来人・秦河勝が秦氏の本尊としてお祀りしていたものを浄蔵が八坂の地に移したそうな.なんと由緒ある尊だことでしょう.
秦河勝と言えば,雅楽を日本に伝えたお方.何か縁があるかも...

帰りには,近くのお香の松栄堂に立ち寄り,にほい袋を物色.
なんともかわいい京野菜の形をしたにほい袋を発見しました.
そのあとは,古美術店や古書店をまわりまわり帰ってきました.
そうそう,芝金声堂で魚山声明全集を購入しました.声明を勉強せねば...
今年の目標は,声明を龍笛で吹けるようにすることです.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

久留米ラーメン 豚一

050127_20490002家の近所に,おいしいラーメン屋さんを発見!
お店の名前は,”久留米ラーメン 豚一”

雑誌の関西一週間などのラーメン特集によく出てくるそうです.
先日は,関西ローカルの読売テレビ”ほんわかテレビ”の取材が来たんです.
おすすめメニューは,豚一らーめん. 柔らかチャーシューと濃いのにしつこくないスープが絶妙.
また,焼ラーメンなるスープパスタのようなラーメンも限定30食であります.
ご飯ものは,チャーシューが乗ったチャーシュー丼
ご飯の上に細かく切ったチャーシュー,そしてマヨネーズがかかったマー丼
いずれもおいしいですぅ.
久々に当たりのお店を見つけて満足です.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2005

御用達  ~カミソリ~

先日、とあるお坊さんから剃髪にはジレット三枚刃がオススメと聞きました。
剃髪の予定はありませんが、ヒゲそりにと購入。なんやかんやとセットになってなかなかのお得商品でした。
剃り味はって?
引っかかり感がなく、スッとなめらかに剃れるのです。
確かにオススメの一品です。041231_13150001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »