Main | January 2005 »

December 30, 2004

雪の立里荒神

年の瀬に高野山奥の院と立里荒神へお詣りしてきました。
立里荒神は、弘法大師空海が高野山に真言密教の根本道場をひらく際、高野山の東南の位置に三宝荒神を勧請したことにはじまります。
宝塚の清荒神・清澄寺、奈良の笠山荒神(笠荒神)とともに日本三大荒神と呼ばれ、かまど・台所を守護する神とされ、信仰があつめている。
我が家では年末に新しい神札を頂き、コンロ上のと張り替えます。京都近辺の愛宕山の火用要慎の札と同じように。。
昨日からの雪は高野山にも降り積もり、立里荒神では20数センチの積雪。
そんな中、今年一年のお礼をのべてきました。041230_12180001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 29, 2004

雪の吉野

BufferingImage雪の吉野です.
本日夕方5時の蔵王堂前.
ん~さぶそうだぁ...
餅つきだった昨日でなくてよかった...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2004

さっそく試着

今日はサンプルで上がってきた作務衣を宣伝がわりに試着して蔵王堂に向かってます。
肌触りがバツグンなんだなぁ〜これが。
生地見本が手元に無いので、今のところ私の着ている作務衣を直に触ってくださいな。041225_11470001.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (1)

yamabushi in Shibuya

20041120k0000e040050000p_size5山伏・渋谷の街に現る...
みんな頑張ってたのね.
私はそのころお師匠様の自坊でお護摩の最中でした.


祈りの道展:
開幕記念 吉野の山伏が渋谷などでほら貝
ハチ公前広場でほら貝を吹く山伏ら=東京都渋谷区で20日午前10時17分、小林努写す

MSN-Mainichi INTERACTIVE 話題

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2004

錫杖発注しました

041224_19370001他からの依頼もあり発注を遅らせていましたが,本日,錫杖を発注しました.

結局のところ仕様は,真鍮・本焼き,黒檀柄.サイズは中.
なかなかの鳴り音でございます.
価格は,1万7千円となりました.

少しだけ在庫がありますので,欲しい方はメールくださいな!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

作務衣の権現堂...

作務衣屋さんを始めました.

やはりお店の名前は,”作務衣の権現堂...”

いつも作務衣をオークションで安く手に入れてましたが,ぜ~んぜんいいものがない...
いいもんを手に入れようとすると,なんせ高い...

毎日洗濯する修行僧に提供するには,5.6千円の作務衣は安いが何枚も必要になる.
あぁ~いいものがないかと考えていたとき,思い出したんです.

”そうや,おっちゃんがいた!”

毎年餅つきに行く社長さんが生地と縫製を扱うアパレル会社の社長さんやったんです.
ということで,在家修行者の私としては,作務衣屋さんを始めることになりました.

天○宗や真○宗の修行僧から聞くと,約1万五千円くらいとのこと.
それも近しい法衣屋さんからの購入と言うことで,なかなか山外のものは購入できない.
ということで,わたしは1万円くらいで提供できるようにしました.

坊主の作る機能性豊かな作務衣.  一着いかが?

この冬はチノパンの生地で作ってみました.
なかなか肌触りのよい,耐久性・耐熱性にも優れたものを作製.
冬には,中に沢山のものを着込みますので,少々大きめにしました.
通常2Lを来ている私が,Lサイズですのでその当たりお考えください.
サイズは,S.M.L

色は,濃紺・濃緑・濃茶です.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

西国観音 槙尾山施福寺

もう初冬だという先週末,大阪は和泉市にある槙尾山施福寺にお詣りしてきました.

施福寺は,西国観音霊場第4番札所であり,弘法大師空海が僧・勤操のもとで得度授戒した由緒正しき名刹であります.
開基は,欽明天皇の時代,天皇の病気治癒の勅願により行満上人によって開かれたんです.実は本堂の中尊は観音菩薩さまと思いきや...弥勒菩薩だったんです.
むかしは真言宗の寺として栄えたみたいですが,江戸時代初期には天台宗に改宗.本尊も当初弥勒菩薩であったのが,後に行基の弟子である法海が観世音菩薩を刻んで本尊としたみたいです. 本尊は秘仏で,年に1回(5月18日)開扉されています.

しか~し,寂しかった...
本堂までの道中には昔の塔頭跡がたくさんありました.それだけでなく,お堂にもあまり活気がなかったような...
師走の18日ということで,本堂で思う存分観音経をあげさせていただきました.

木々の葉はちれども,山にこだまする法螺の音が気持ちいい一日でした.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | January 2005 »